同時通訳者の訓練法を取り入れたプログラムで実践的トレーニング、『究極の英語学習法 K/Hシステム 基本編』、『究極の英語学習法 K/Hシステム 中級編』12月12日同時発売

あの、ハンパなくハードな「K/Hシステム」が、装い新たに復活!

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:田中 伸明、以下アルク)より、新刊『究極の英語学習法 K/Hシステム 基本編』、『究極の英語学習法 K/Hシステム 中級編』のご案内を申し上げます。

自分が本来持っていた仕事力が、現地では発揮できない --- そんな海外駐在員の悩みを解決するために、英語学習法「K/H システム」は、1990年代にワシントンDCで誕生しました。お金も時間も投資しているのに、英語ができるようにならない、苦しくてもいいから付け焼刃ではない本物の英語力を身につけたい、という、まじめでひたむきな学習者に高く評価いただき、あっという間にK/Hの名前が広まりました。以来、20年以上にわたり、日米両国での公開講座や企業内研修、さらに大学での授業などでも使われ、本物のコミュニケーション力が必要な、多くの学習者に支持されています。

そしてこの令和元年、K/Hシステムの最もコアとなる2冊が、それぞれ『究極の英語学習法 K/Hシステム 基本編』
『同中級編』というタイトルで、新装発売となります。音声はダウンロード形式になり、さまざまなデジタル機器で再生可能になりました。また、学習の進捗を記録できる「プログレスシート」は、PDFとエクセル形式でダウンロード。お好みで使い分けられるようにしています。

『究極の英語学習法 K/Hシステム 基本編』
「K/Hシステム」を使って、アメリカ人の幹部社員が行った8分程度のスピーチを素材に学びます。聞いた英語の直後に復唱する「シャドーイング」、一定の長さまで聞いてから再現する「リテンション」、意味のかたまりごとに聞き取っていく「スラッシュリスニング」などのさまざまなテクニックを駆使し、音と意味の一体化を図ります。高校レベルの単語力や文法力はしっかりある、TOEICテストでいえば600点程度は取れるのに、「知っている英語が聞き取れない」とお悩みの方の英語力を劇的に伸ばします。

『究極の英語学習法 K/Hシステム 中級編』
「K/Hシステム」を使って、アメリカ人の幹部社員が話す4分の音声を素材に学びます。「基本編」でページが割けなかった「音と意味の一体化」の学習に、より細かいステップを設けています。また、3段階の詳細な語句解説と、さらに、スピーキング力の徹底強化のためにアウトプット練習、パターン構文と、構文を定着させるための言い換え練習も提供しています。TOEICテスト650点程度は取れるが、正確なニュアンスまで理解できているかが不安、とお悩みの方の英語力を劇的に転換させます。

この2冊で、厳しいビジネスの現場で、相手からリスペクトされながら、説得力のあるやりとりができるようになるための英語コミュニケーション力を身につけましょう。

※「基本編」は、2001 年初版『究極の英語学習法 K/Hシステム 入門編』の改訂版、「中級編」は、2002 年初版『究極の英語学習法 K/Hシステム 入門編ワークブック』の改訂版です。

<商品情報>
究極の英語学習法 K/Hシステム 基本編
【URL】https://ec.alc.co.jp/book/7019077/
【サイズ】A5判、296ページ、音声約123分
【ISBNコード】978-4-7574-3384-7

究極の英語学習法 K/Hシステム 中級編
【URL】https://ec.alc.co.jp/book/7019078/
【サイズ】A5判、296ページ、音声約135分
【ISBNコード】978-4-7574-3385-4

〔共通情報〕
【価格】2,750円(税込)
【付属商品】ダウンロード付録 音声・プログレスシート(PDF、Excel)
【著者】国井信一/橋本敬子
【著者プロフィール】
国井信一:会議通訳者として衛星放送をはじめ、国際会議、ビジネス交渉、政府間協議などさまざまな分野で活躍。現在は、上智大学外国語学部英語学科講師を務めるとともに、K/Hシステムの共同開発者として日米両国での研修と、教材の開発に携わる。上智大学英文科修士課程修了。

橋本敬子:ワシントンDC在住。日系企業のアメリカ駐在員、会議通訳/翻訳者としての仕事を経て、現在はK/H システムの共同開発者として、研修・教材開発に携わる。大阪外国語大学卒業後、英国ケント大学哲学科を卒業。英米滞在経験は通算25年以上。

<本件に関する報道関係者向けお問合せ先>
アルク 広報担当 河合、安田
e-mail:ko-ho@alc.co.jp
TEL: 03-3556-2711
https://www.alc.co.jp/company/

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、半世紀にわたって、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。創刊から45年を超える『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/



◆記事ネタキーワード(10個まで) ※メディア向けのキーワードです。
例:アルク、英語学習、グローバル、クリスマス、スマートフォン、アプリ など
アルク、英語、ビジネス英語、英語学習法、同時通訳、K/Hシステム、中上級、コミュニケーション、シャドーイング
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルク >
  3. 同時通訳者の訓練法を取り入れたプログラムで実践的トレーニング、『究極の英語学習法 K/Hシステム 基本編』、『究極の英語学習法 K/Hシステム 中級編』12月12日同時発売