何必館コレクション 北大路魯山人展 ー和の美を問うー

2020年2月5日(水)~17日(月) 日本橋三越本店 本館7階 催物会場

 

               つばき鉢 1938年 何必館・京都現代美術館蔵

京都上賀茂に生まれ、書家、篆刻家として出発した北大路魯山人(1883-1959)は、陶芸をはじめ書・絵画・漆芸・篆刻・金工など、個性溢れる作品を数多く生み出しました。
また、美食の追求からその実践の場として「美食倶楽部」や「星岡茶寮」を創設し、当時第一級の政治家や財界人、文化人らが集うサロンとして、その名は全国に広まりました。鎌倉の「星岡窯」で、魯山人自身が使用するために生み出された器の美しさは、日本だけではなく海外でも高く評価されています。

本展では、厳選された作品約70点を、「陶」「書」「茶」「花」「食」の5つのテーマに分け展示いたします。
魯山人の作品は、「使う」ことで一層の輝きを放ちます。生涯をかけて日本の美と食を追求した魯山人の「和の美を問う」という、これまでにない充実した展覧会となります。
 
  •   当意即妙の連続

陶は魯山人の美学の中核。瀬戸・備前など、古窯の作品はもとより、幅広い技法の陶磁器を製作しました。

                       雲錦鉢 1938年  
 
  •   書は下手形の上手がよい
まず篆刻家としてはじまった魯山人の創作。本展では、最晩年の『聴雪(ちょうせつ)』等、見ごたえのある書の

作品を展示します。 

                       閑林 1954年
 
  • 茶  美的趣味総合大学
魯山人は鎌倉に「星岡茶寮」を造ったと同時に茶室「夢境庵」を建てるほど茶に親しみ、茶に関する道具を創作しました。本展では、織部の名作・傑作として名高い『黒部織沓』などがご覧いただけます。

                      黒部織沓 1952年
 
  • 花  花で絵を描くのが生花
魯山人自身は、とりたてて花を学んだという経歴はありませんが、彼の絵画や陶磁の絵付けには、実に花の絵が多く登場します。

                     備前旅枕花入 1958年 
 
  • 食  器は料理の着物
前付け皿、平鉢、酒の徳利、箸置きまで、 多様に食を演出する大小の“食”の脇役たちをご紹介いたします。

                     木の葉平向 1953年


【展覧会開催概要】
何必館コレクション 北大路魯山人展 -和の美を問うー

会期:2020年2月5日(水)~17日(月)
   午前10時~午後6時30分【午後7時閉場】 ※最終日は午後5時30分まで【午後6時閉場】
場所:日本橋三越本店 本館7階 催物会場 
入場料:一般1,000円/大学・高校生800円(中学生以下無料・税込)
主催:北大路魯山人展実行委員会
協力:何必館・京都現代美術館
https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/event_calendar/rosanjin.html
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス >
  3. 何必館コレクション 北大路魯山人展 ー和の美を問うー