医療施設に初出店、美濃加茂市の「メディカルシティ構想」の拠点を共に目指す「TSUTAYA BOOKSTORE 中部国際医療センター」1月4日(火)OPEN

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 蔦屋書店カンパニー(以下、「TSUTAYA」)とTSUTAYAの加盟企業である株式会社伊藤商会(本社:岐阜県多治見市/取締役社長:伊藤謙一)は、社会医療法人厚生会が開院する「中部国際医療センター」内に、「TSUTAYA BOOKSTORE 中部国際医療センター」を1月4日(火)にOPENいたしました。
 


「中部国際医療センター」は、社会医療法人厚生会が美濃加茂市と連携して進める「メディカルシティ構想」の拠点として開院する岐阜・中濃エリア最大規模の医療複合施設です。医療施設内に初めての出店となる「TSUTAYA BOOKSTORE 中部国際医療センター」は、「Inspire Happiness」をコンセプトに、施設を利用される外来患者や入院患者、見舞い者、医療従事者をはじめ、施設利用外の地域住民の皆さまにとっても、誰もが気軽に便利に利用でき、癒しや安らぎ、憩いを感じられる場となることを目指します。

『BOOK & CAFE』スタイルの店内では、「元気で楽しい生活」「笑いや癒しのある充実した生活」につながる書籍や雑誌、コミック、児童書等に加えて、「病気への寄り添い方」を提示してくれる看護書も豊富に取り揃えており、コーヒーを片手にご購入前の書籍もゆったりとお読みいただきながら選ぶことができます。また、医療専門書については専門取次を介した注文受付にて、便利にご利用いただけます。

さらに、文具においては、筆記具をはじめ、読書用品・塗り絵・ボードゲームなど入院生活を快適にするアイテムから、日々を楽しくするデザイン性の高いアイテムまで幅広く取り揃え、医療施設を利用される方々や地域住民の方々の生活に彩りを与える憩いの空間をご提案いたします。

■TSUTAYA BOOKSTORE 中部国際医療センターの特徴
1)人気作から専門書まで、豊富な品揃えの生活提案型書店

最新情報に手軽に触れられる雑誌や人気作をはじめ、知的好奇心を満たす文庫や文芸、笑いや癒しにつながるコミック、子どもの明るい未来を創る児童書、病気との寄り添い方を提示する看護書など幅広い品ぞろえで施設を利用される外来患者や入院患者、見舞い者、医療従事者をはじめ、施設利用以外の地域住民の皆さまをお迎えします。


2)毎日を楽しくする文具
日々の生活を楽しくし、便利に使える文具を豊富に取り揃えています。さらに、ボードゲームや塗り絵など、入院生活を快適にする商品も多数展開しています。

3)ゆったりと過ごしていただける『BOOK & CAFE』スタイル
BOOK & CAFEスタイルの店内では、併設するタリーズコーヒー座席にて購入前の書籍をゆったりと読みながらお選びいただけます。医療施設を利用される方々の待ち時間や空き時間はもちろん、地域住民の方々にとっても、癒しや安らぎを感じながらリラックスしてお過ごしいただけます。

4)自由に店内を行き来できるファミリーマートとの一体型店舗
隣接するファミリーマートエリアとTSUTAYA BOOKSTOREエリアには間仕切りがなく、お客様がより自由に行き来でき、お買い物を楽しめる一体型店舗です。


■TSUTAYA BOOKSTORE 中部国際医療センター 店舗概要
所在地:岐阜県美濃加茂市健康のまち一丁目2番地
電話番号:0574-48-8551
営業時間:7:00~22:00
店舗面積:TSUTAYA BOOKSTORE・Tully’s coffee・FamilyMart 区画合計195坪
(内TSUTAYA BOOKSTORE BOOK70坪/文具10坪 計80坪)
取扱商品:書籍・文具・POSA
カフェ席数:62席
店舗URL: https://tsutaya.tsite.jp/store/detail/3926/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 >
  3. 医療施設に初出店、美濃加茂市の「メディカルシティ構想」の拠点を共に目指す「TSUTAYA BOOKSTORE 中部国際医療センター」1月4日(火)OPEN