プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社PR TIMES
会社概要

2022年企業発表のトレンドはSDGs!コロナのないTOP20 PR TIMESキーワードランキング2022を発表!

- 約27万件のプレスリリース、206万超のキーワードを分析。昨年比で180倍使用されたキーワードは? -

株式会社PR TIMES

2022年、企業はどんな発表をして、何を伝えようとしたのか、PR TIMESプレスリリースのキーワード登録から振り返っていきます。
2022年は、昨年より企業発表に多く使われるようになった「SDGs」「DX」がそれぞれ1位2位と続きました。そして、政府の規制緩和に伴い「イベント」のキーワードが多く使用され、昨年まで多くの発表に関連していた「コロナ」は、「おうち時間」など関連キーワードとともにその順位を大きく落としました。最近耳にする機会が増えた「Web3」が昨年から180倍超のキーワード登録で急上昇しました。
2022年を通して情報の発信と収集にPR TIMESをご活用いただいたすべての皆様へ改めて感謝申し上げます。

株式会社PR TIMES(本社:東京都港区、代表取締役:山口 拓己、東証プライム:3922)は2022年12月12日(月)、運営するプレスリリース配信サービス「PR TIMES」において2022年1月1日~10月31日に企業から発表いただいたプレスリリース総計26万9041件(10カ月間)を対象に、年間データ分析と総括、業界別分析と各種ランキングなどを発表いたします。
 

「PR TIMES」は利用企業数7万2000社超国内上場企業の利用率が51%を超えるプレスリリース配信サービスです(2022年8月末時点の企業数と利用率)。「PR TIMES」では企業の発表情報(プレスリリース)をメディア向けに配信してニュースの情報源にしていただくとともに、「PR TIMES」サイトおよびパートナーメディアに掲載し生活者にも最新の一次情報をタイムリーに閲覧・シェアいただいています。サイトアクセス数は月間6200万PV(ページビュー)を超えています。

対象期間:2022年1月1日~2022年10月31日
集計対象:PR TIMESプレスリリース26万9041件
発表項目:2022年総合&月別キーワードランキング、業界別分析、注目キーワード、等
発表日:2022年12月12日
発表者:株式会社PR TIMES
PR TIMES:https://prtimes.jp/
 

  • 【キーワードランキング】昨年躍進のSDGsがランキング1位に。コロナ関連キーワードは20位圏外。
「PR TIMES」ではプレスリリース発表の際に、発表企業がプレスリリース内容に関係するキーワードを最大10個登録することができます。2022年1~10月に発表された総計26万9041件のプレスリリースのキーワード登録総数は延べ206万6657個に上りました。社会のニーズに応えようとする企業発表からはその時の社会の情勢・状況や、将来的な話題の兆しが見えてきます。
総合ランキングでは2022年の企業活動の潮流が、そして月別ランキング推移からは企業動向の変遷と流行の兆しをキーワードを通して分析しています。

■PR TIMESキーワードランキング2022(総合)
PR TIMESキーワードランキング2022(総合)では、キーワードが登録されたプレスリリース件数で2022年1月~10月の総合ランキングを集計しました。

PR TIMESキーワードランキング2022では1万1999件のプレスリリースで使用された「SDGs」が総合1位となりました。生活者の商品選択においても求められる考え方として定着しつつあり、関連するキーワードも順位を上げ、「サステナブル」が17位(昨年は28位)、脱炭素が73位(昨年177位)となっています。また、業界別で全27カテゴリ内でも16カテゴリで10位以内に入っており、業界や事業内容を問わず企業全体で注目されたキーワードであったことがうかがえます。[インテリア・雑貨][アパレル・ファッション][食品・飲料][外食・中食][ホテル・レジャー]といった生活者に直接向き合った業界カテゴリ内でも上位にあり、生活者の消費行動に「SDGs」の観点が影響を与えていると言えます。


そして、20位圏内から「コロナ」に関連するキーワードがなくなったことも特徴的でした。2021年には3位の「コロナ」を筆頭に、8位「おうち時間」、11位「テレワーク」とコロナ禍に対応した企業活動が登録キーワードに表れていましたが、2022年は「コロナ」が41位、「おうち時間」43位、「テレワーク」36位となりました。緊急事態宣言が2021年9月30日に終了して以降、2022年は一度も発令されないまま今を迎えています。また、これまでに喫緊の課題としてコロナ禍に対応する衛生用品やオンラインサービスといった商品・サービスが多く誕生してきましたが、その動きは収まりつつあることが見えます。

「DX」も昨年の総合1位に続き、2022年も2位につけており、関連する商品やサービスに関して発表されています。引き続き企業でも自らの「DX」推進が求められており、カテゴリ別にみると[企業向けシステム・通信・機器]で5262件と全体の46%超を当該カテゴリでの使用が占めています。助成金の申請サポートをはじめとする中小企業などへの導入支援を提供する主旨のプレスリリースが発表されるようになってきています。

■PR TIMESキーワードランキング(総合・月別)
PR TIMESキーワードランキング(総合・月別)では、キーワードが登録されたプレスリリース件数で月間ランキングを集計しました。

2022年、1月は「DX」が1位となったものの、2月~6月は「SDGs」が1位の月が続きました。また、「新商品」「キャンペーン」「イベント」など2019年までの平時で常に上位にあったキーワードが戻ってきています。特に「イベント」が7月8月と10月に1位となりました。

2022年総合キーワードランキングでも言及したように「コロナ」のキーワード登録件数は減り、3月以降は20位圏外となっています(10月は109位)。関連するキーワードも2月に15位の「おうち時間」以外は20位圏外となりました。コロナ関連が喫緊の課題だった頃に比べて収まりつつあることが見えます。
ちなみに、1月に「コロナ」と最も多く併用されたキーワードは、昨年末頃から話題にあがった「オミクロン」でしたが、10月には全国旅行支援の影響もあってか3番目に「旅行」が入っています(併用件数の多い順から「健康」「DX」「旅行」)。

そして、「春」「夏」「秋」に加え、「バレンタイン」「ゴールデンウィーク」「母の日」「夏休み」「クリスマス」といった季節性のキーワードが累計12回も20位以内にランクイン(昨年8回)しており、シーズン関連の発表を企業が行うようになっています。特に「ゴールデンウィーク」が4月に13位と、20位以内に入ったのはコロナ禍以前の2019年以来3年ぶりとなります(2019年4月は3位、2020年4月は77位、2021年4月は29位)。

なお、4月1日にプレスリリース利用基準を改定し、新たな研究結果や分析レポートを主旨としない、市場レポートの販売等を目的とした情報発信については同日以降ご利用いただけないものとしました。この基準改定の影響により、「調査レポート」「市場調査」といったキーワードが4月以降は20位圏外となっています。
 
  • 2022年上昇キーワードと2023年注目キーワード
◆2022年の上昇キーワード
■イベント

「イベント」のキーワードは、コロナ禍以前2019年までは総合ランキングでも1位をキープし続けるほど企業発表に使用されてきたキーワードでした。しかし、リアルではイベント開催が難しい期間が続き、その順位を落としていました。オンラインイベントが定着化し、規制緩和によってリアルイベント開催が徐々に増えつつあったところに加えて、3月17日に政府よりイベント参加者の上限撤廃(感染防止安全計画の策定が必要)が発表されたことにより、企業によるイベント発表も増え続けています。規制が緩和された中迎えた今夏は伝統的な祭りや各種イベントが3年ぶりに開催されたという報道もあったように、7月8月はランキング1位となりました。

■NFT、メタバース
「NFT」「メタバース」は、2021年のキーワードランキング発表時に注目キーワードとして挙げていましたが、実際に2022年にその登録件数を伸ばしています。2021年1月~10月には836件だった「NFT」は、2022年1月~10月には2929件と約3.5倍に伸び総合31位に、2021年には114件だった「メタバース」は2022年には2620件と約23倍で総合38位になりました。大企業による新規参入や事業連携なども目立ちました。また、スタートアップによる資金調達の発表も活発で、「NFT」と「資金調達」を同時に含むプレスリリースは52件、「メタバース」と「資金調達」を同時に含むプレスリリースは56件でした。


◆2023年に注目されるキーワード
■自販機

昨年49件だった「自販機」は、今年300件と6倍超に増えました。生活において身近な「自販機」ですが、コロナ禍で非接触を意識する生活者に対し、従来の飲料以外にスイーツや食品、生活品といった“変わりダネ”を取り扱う「自販機」が全国に登場しました。実際にうな重やトリュフといった“変わりダネ”食品から、ふるさと納税までも自販機で取り扱うといった主旨のプレスリリースが発表されています。
その商品のユニークさからメディアやSNSでも話題となるものも多く、非接触というニーズが落ち着きつつある中でも、新たな「自販機」が登場し、関連する新情報が増えています。

■Web3

「Web3」はブロックチェーン技術を活用した分散型インターネットを指します。昨年10カ月で7件に留まっていたキーワード登録は、今年180倍超に当たる1287件まで急増し108位まで順位を伸ばしました。
新たに「Web3」を活用した次世代のWebサービスの誕生が期待される中で、大企業の新規事業参入や提携に関するプレスリリースが多数発表されています。また、複数のVCから数十~百億円超規模の「Web3」に特化したファンドの組成がプレスリリース発表されています。2022年内で見ても、1月には28件だったキーワード登録件数は、10月には226件と8倍超に伸び、10か月累計で1287件のキーワード登録がされており、今後さらに増えていくことが予想されます。
 
  • 《業界カテゴリ別動向》カテゴリ別にも見えるのはSDGsの盛り上がりと脱コロナ
アパレル・ファッション|カテゴリ別でも「SDGs」「サステナブル」が上位に並ぶ

 

2022年総合ランキングで1位となった「SDGs」ですが、業界カテゴリ別においても多くで上位に入っています。[アパレル・ファッション]カテゴリでも、カテゴリ別総合で4位「SDGs」5位「サステナブル」と特に使用されています。廃材を利用した新商品や「サステナブル」な素材だけを用いた衣服など、身に着けるものに「SDGs」「サステナブル」意識を求める生活者に応えるように、企業発表でキーワードが使用されています。

外食・中食|「テイクアウト」「デリバリー」は落ち着くも引き続き上位

昨年は[外食・中食]カテゴリにおいて、1月~10月まで全ての月で「テイクアウト」が1位となっていました。レストランなどが店舗で提供できない期間も続き、「テイクアウト」業態を開始する飲食店が増えた結果と言えます。2022年は緊急事態宣言が発令されず、店舗営業ができる社会状況が続き、「テイクアウト」「デリバリー」のキーワードともに順位が落ち着いてきています。代わりに上位をキープしたのは、「期間限定」や「キャンペーン」といったキーワードでした。一方で、「テイクアウト」も業態としての利便性の高さもあり、引き続き使用されることが多く、カテゴリ別総合でも4位となっています。

エンタテイメント|「映画」「ライブ」や「舞台」、リアル体験に関するキーワードが増加の傾向

[エンタテイメント]カテゴリでは、「映画」や「ライブ」「舞台」といったオフラインの活動を伴うエンタテイメントに関する発表が増えてきました。2021年も上位にあった「YouTube」が引き続き6位にあるも、その上に「映画」「ライブ」がランクインしています。2021年はコロナ禍にあって多くの音楽関連イベントやフェスの中止や延期が発表されたのに対し、2022年は感染対策を施した上で実施するケースも多く、夏シーズンは特に「ライブ」が上位に来ています。コロナ禍が収まりつつあった2022年は[エンタテイメント]においても平時に近い企業活動に伴う発表がなされてきたと言えます。
 
  • 【報道関係の皆様へ】他の業界の傾向が知りたい場合は?
PR TIMESでは、各企業が以下の27カテゴリから選択してプレスリリースを発表しています。本発表で公開した3つの業界動向以外について、ニュース報道等を目的として、同様に傾向を確認されたい場合は、お気軽に下記よりご連絡ください。 

【報道関係の皆様へ】PR TIMESランキング2022-業界データ依頼フォーム
https://tayori.com/f/themerequest-ptranking2022

・業界一覧
パソコン/ネットサービス・アプリ/デジタル製品・家電/企業向けシステム・通信・機器/流通/エンタテイメント/出版・アート・カルチャー/ゲーム・おもちゃ/スポーツ・アウトドア/自動車・バイク/インテリア・雑貨/アパレル・ファッション/食品・飲料/外食・中食/美容・健康/医療・医薬・福祉/暮らし/ホテル・レジャー/住宅・建築・建設/教育・資格・人材/金融/広告・マーケティング/ビジネス・コンサルティング/交通・運輸・輸送/素材・化学・エネルギー/自然・環境/その他

【データ集計担当2022年の分析を振り返って】
株式会社PR TIMES 経営管理本部 PR・IRチーム PRリード 杉本 秋

今年も一年間のプレスリリースを振り返る時期になりました。26万9041件のプレスリリースはその一つ一つが企業が本当に伝えたいと思い、広報担当者が魂を込めたプレスリリースです。そこには本当に伝えたい、社会をどうしていきたいかが詰まっています。だから、そのプレスリリースを振り返り、キーワードを分析することで、世の中の今と未来が見えてくると考えています。2022年、皆さんはどんな情報に触れて、どんな思いを抱きましたか?企業発表を振り返りながら、一年を思い起こしてみませんか。
そして、今年「SDGs」が一位となったことは、社会のトレンドを示している一方で、これまで上位にいた「イベント」や「新商品」に限らず様々な契機でプレスリリースを発表いただけるようになったことと嬉しく思います。これからも皆さまの大切な情報を届け、伝える場としてPR TIMESを活用いただけたら幸いです。
 
  • 株式会社PR TIMESについて

PR TIMES(読み:ピーアールタイムズ)は、「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」をミッションに掲げ、企業とメディア、そして生活者をニュースでつなぐインターネットサービス「PR TIMES」を2007年4月より運営しています。報道機関向けの発表資料(プレスリリース)をメディア記者向けに配信するとともに、「PR TIMES」およびパートナーメディアに掲載し、生活者にも閲覧・シェアされています。利用企業数は7万2000社を突破、国内上場企業51%超に利用いただいています。情報収集のため会員登録いただくメディア記者2万4000人超、サイトアクセス数は月間6200万PVを突破、配信プレスリリース件数は累計100万件を超えています。全国紙WEBサイト等含むパートナーメディア220媒体以上にコンテンツを掲載しています。
クライアントとメディアのパートナーとして広報PR支援を行うPRパートナー事業や、ストーリー配信サービス「PR TIMES STORY」の運営、動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVE」の提供、タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」カスタマーサポートツール「Tayori」の運営も行っています。

【株式会社PR TIMES会社概要】

ミッション:行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ
会社名  :株式会社PR TIMES  (東証プライム 証券コード:3922)
所在地  :東京都港区赤坂1-11-44 赤坂インターシティ8F
設立   :2005年12月
代表取締役:山口 拓己
事業内容 :- プレスリリース配信サービス「PR TIMES」(https://prtimes.jp/)の運営
- ストーリー配信サービス「PR TIMES STORY」(https://prtimes.jp/story/)の運営
- 広報・PRの効果測定サービス「Webクリッピング」(https://webclipping.jp/)の運営
- クライアントとメディアのパートナーとして広報・PR支援の実施
- 動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVE」(https://prtimes.jp/tv)の運営
- アート特化型オンラインPRプラットフォーム「MARPH」(https://marph.com/)の運営
- カスタマーサポートツール「Tayori」(https://tayori.com/)の運営
- タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」(https://www.jooto.com/)の運営
- 広報PRのナレッジを届けるメディア「PR TIMES MAGAZINE」(https://prtimes.jp/magazine/)の運営
- Webニュースメディア運営、等
URL    :https://prtimes.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://prtimes.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

株式会社PR TIMESのプレスキットを見る

会社概要

株式会社PR TIMES

7,299フォロワー

RSS
URL
https://www.prtimes.co.jp/
業種
サービス業
本社所在地
東京都港区赤坂1-11-44 赤坂インターシティ 8F
電話番号
03-5770-7888
代表者名
山口拓己
上場
東証プライム
資本金
4億2066万円
設立
2005年12月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード