アカネキカク with 登美丘高校ダンス部OGらが「バブリーダンス」、「HOT LIMIT」に続き平成最後を締めくくる「あのダンス」を踊る! Web動画『ソネットダンス』公開

豪華賞品がもらえる!平成最後のダンスチャレンジ実施!

 

 

動画:https://youtu.be/AMLP2qH5sJQ
キャンペーン:https://www.so-net.ne.jp/access/special/so-netdance


ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、「バブリーダンス」や「HOT LIMIT」ダンスの生みの親である振付師akaneさん率いるアカネキカク with 登美丘高校ダンス部OGメンバーらとコラボレーションしたWeb動画『ソネットダンス』を、3月26日(火)よりYouTubeにて公開します。

『ソネットダンス』では、2017年に「バブリーダンス」、2018年に「HOT LIMIT」のダンス動画などで反響を呼んだ登美丘高校ダンス部OGらによる“平成初期に大流行した懐かしのダンスCM”を、振付師として活躍するakaneさんが平成最後にリバイバル、メンバーが渾身のパフォーマンスを魅せます。

また、ユーザーがハッシュタグ「#ソネットダンス」を付けてSNSにダンス動画を投稿するキャンペーン

「#ソネットダンス 平成最後のダンスチャレンジ」を実施します。投稿された動画は、ホームページと本キャンペーン特設SNSアカウント(Twitter、Instagram)上で紹介し、その中から「平成最後のダンス賞」(賞金5万円)や「アカネキカク賞」(アカネキカク並びにダンサー達とのコラボレーション動画を作成)などの豪華賞品をプレゼントします。

平成最後にファン待望の懐かしいダンスをリバイバルさせた本動画をお楽しみいただきながら、ソネットダンスを踊って豪華賞品がもらえるキャンペーンへのご参加をお待ちしております。
 

 

 

 







 
  • 撮影当日レポート

リハーサルから熱気のこもったスタジオ内で、細かいところまでポーズを確認しながら撮影を進めていきます。
元々のダンスは自分たちが生まれる前に発表された作品ということもあり、今まで踊ってきたものとは違うニュアンスや振り付けを何度も繰り返します。
集中しながら、全員で指先まで揃えた迫力あるダンスを披露しました。

 

当時のCMとそっくりな黒い衣装を着用。
統一感を出すために、衣装の細かいズレもないようにお互い声をかける姿も。
「曲とあわせて踊るとより映えますね!」とダンサーさんも力が入っていました。


 

「表情明るく!」「顔の角度揃えよう」などの声を受けながら、全員で一つずつ合わせて仕上げていきます。
決めポーズと音楽がビシッ!と揃った際には、akaneさんからも思わず「うまい!」と明るい声が出ました。



 
  • akaneさんインタビュー

―ソネットダンスの振り付けをしてみていかがでしたか?
当時のCMのインパクトを出しつつ、90年代風にアレンジするということはすごく楽しかったです。自分も小さなころ真似して踊っていたこともあったので、懐かしいなと思って作りました。

― 「今年はこんなダンスが流行る!」というものはありますか?
今はTikTokなどダンスをやっていない人でも誰でも楽しめる媒体が増えているので、みんなが踊れるキャッチーなダンスは今後も流行ると思います。

―ソネットダンスを上手く踊るポイントはありますか?
身体全体を動かしてキレよく表現することを意識できると、面白いダンスになると思います!

―最後に、皆さんへ一言お願いします。
懐かしみながら、シャカリキに踊って、みなさんに挑戦していただきたいです!
ソネットダンス、踊ってみてね!

 
  • Web動画 概要
タイトル : 「ソネットダンス」So-net×アカネキカク
動画公開日 : 2019年3月26日(火) 
出演 : 登美丘高校ダンス部OG含むアカネキカクメンバー 計13名
動画 : https://youtu.be/AMLP2qH5sJQ
 
  • 動画投稿キャンペーン

キャンペーンタイトル : #ソネットダンス 平成最後のダンスチャレンジ
動画募集期間 : 2019年3月26日(火)~5月6日(月)23:59 
応募方法 : InstagramかTwitterのいずれかでキャンペーンの公式アカウントをフォローして、ハッシュタグ「#ソネットダンス」をつけて楽しい#ソネットダンスの動画を投稿してください。
Instagramで投稿する場合は、キャンペーン公式アカウント「@sonet_dance」をタグ付けしてください。

賞品 :
・平成最後のダンス賞:賞金5万円(10名様)
・ソネット賞:ソネットWebCMへの出演権(5~10名様)
・アカネキカク賞:アカネキカク並びにダンサー達とのコラボレーション動画を作成(1名様)

詳しくはキャンペーンHPをご覧ください。
https://www.so-net.ne.jp/access/special/so-netdance

Instagramキャンペーン公式アカウント:https://www.instagram.com/sonet_dance/
Twitterキャンペーン公式アカウント:https://twitter.com/sonet_dance
 
  • Web動画 出演者プロフィール
●アカネキカク
「目新しく好ましいエンタテイメントを考え実現させる事」を目的とするアカネキカクの主宰akaneにより
2015年に立ち上げられたダンスカンパニー。
日本だけに留まらず、海外にも進出し、CMや舞台演出なども手がける。
唯一無二を目指し次世代エンタテインメントを生み出す事に積極的に取り組む。
 
  • Web動画 スタッフプロフィール
●akane(振り付け)
アカネキカク主宰。
大阪府立登美丘高校ダンス部コーチとして、 数々の大会で優勝に導く。
荻野目洋子の代表曲「ダンシング・ヒーロー」で振付した「バブリーダンス」を2017年9月に配信し、7000万回の再生を越えた。2018年年末には第59回日本レコード大賞特別賞受賞、第68回紅白歌合戦への出演も果たし、2018年ハリウッド映画「グレイテスト・ショーマン」のPR大使としてPV振り付けを担う、日本を代表する振付師。

●ジョー・リノイエ(動画使用楽曲「SYNCHRONIZED LOVE」作曲家)
横浜出身、米国バークリー音楽大学でヴォーカルとピアノを専攻。
自身のバンドD-Projectで1988年にデビュー、三枚のアルバムをリリース。ヴォーカルの他、作詞作曲編曲、キーボードやサックス、サウンドプロデュースを手がける。多数のアーティストへの楽曲提供やプロデュースワーク、また、500本以上のCM音楽、アニメやゲームの主題歌および劇伴作曲などでも知られる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<インターネット接続サービス「So-net(ソネット)」のご紹介>
インターネット接続サービス「So-net(ソネット)」は、20年以上に渡りお客さまの生活をより便利で快適にするネットワークサービスを提供しています。

■取扱いインターネットサービス
So-netは、お客さまのニーズに合わせた様々なサービスを提供しています。また、使用している携帯キャリアによって、携帯の料金が割引になることもあります。住んでいる都道府県、住居タイプ(戸建て、マンション)、携帯キャリアに応じて、利用回線を選択することができます。(参考URL:http://www.so-net.ne.jp/access/

■マーケティングスローガン「ソニーのネット ソネット」
So-netがお客さまに提供するインターネットによって、あらゆるものがつながり、新しい「価値」を提供したいという思いを込めて、2017年11月より、「ソニーのネット ソネット」というマーケティングスローガンのもと、コミュニケーションを展開しております。 “まだネットワークにつながっていないものにインターネットを届けることで生まれる驚きや喜び”や“インターネットでつながったその先で、どのような新しい価値がうまれるのか”を表現した動画シリーズの展開に加え、意外と知られていないインターネット事情に関する調査データの公開などを行っております。

「ソニーのネット ソネット」特設サイト: https://www.so-net.ne.jp/access/special/sony_so-net/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 >
  3. アカネキカク with 登美丘高校ダンス部OGらが「バブリーダンス」、「HOT LIMIT」に続き平成最後を締めくくる「あのダンス」を踊る! Web動画『ソネットダンス』公開