J:COMオリジナルチャンネル「J:テレ」 東京2020オリンピックに続き、「東京2020パラリンピック競技大会」を放送

<車いすラグビー、柔道、卓球、射撃、アーチェリー、カヌー(スプリント)の6競技(予定)>

JCOM株式会社(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石川 雄三)は、J:COMのオリジナルチャンネル「J:COMテレビ」(「J:テレ」)で、2021年8月24日(火)から9月5日(日)に開催される「東京2020パラリンピック競技大会」を放送することが決定しました。ケーブルテレビがオリジナルチャンネルでパラリンピックの競技中継を行うことは、国内初の取り組みとなります。
「J:テレ」で放送する競技は、「車いすラグビー」「柔道」「卓球」「射撃」「アーチェリー」「カヌー(スプリント)」の6競技(予定)です。生中継と録画放送で合計70時間(予定)にわたり8月25日(水)から9月5日(日)まで放送します。「みんな、テレビの前の応援団だ!」をキーメッセージとして、みなさまと共にアスリートを応援したいと思います。

 「第32回オリンピック競技大会(2020/東京)」の放送に続き、メインMCに中山秀征さん、コメンテーターに大林素子さん、村上佳菜子さんを迎え、競技の基本ルールや見どころ、注目選手などを分かりやすく解説します。また、テレビを通じてみなさまの応援の声を届けるため、Twitter等のSNSでメッセージを募り、全国から集まった熱い想いを番組から発信します。


「J:テレ」は、J:COMの有料サービスへの加入・未加入を問わず、J:COMネットワークに接続済みの世帯であれば無料で視聴できるオリジナルチャンネルで、提供サービスエリア内の約1,430万世帯がご視聴いただけます。J:COMは、安全・安心なパラリンピック競技大会の放送に向けて、新型コロナウイルス感染予防対策に細心の注意を払って取り組みます。パラリンピックアスリートの熱戦の模様を「J:テレ」でお楽しみください。

■放送概要
番組名 『東京2020パラリンピック』
放送期間 2021年8月25日(水) ~ 9月5日(日)
放送時間 合計70時間 (予定)
※生中継と録画放送をあわせた最大の放送時間です
放送競技/種目 ・車いすラグビー
・柔道
・卓球
・射撃
・アーチェリー
・カヌー(スプリント)

※放送する競技・種目は予定となります。
 今後、変更となる可能性があります。
番組出演者 メインMC    中山秀征
コメンテーター  大林素子、村上佳菜子
番組テーマ曲 TSUKEMEN
・オープニング曲
「All For One」 (作曲 TAIRIK 、編曲 阿久津健太郎)
・エンディング曲
「小さな奇跡」 (作曲 TAIRIK 、編曲 阿久津健太郎)
放送チャンネル 「J:COMテレビ」(「J:テレ」)

全国のJ:COMエリアで視聴可能な無料チャンネルで、地域のイベント、
ニュースなどを放送。全国各地のご当地情報や、音楽ライブ、スポーツ
などの大型コンテンツはもちろん、ラジオとのコラボレーションなど、
さまざまな取り組みを通じてケーブルテレビならではの魅力を発信して
います。

《チャンネル番号》
札幌・仙台・関東エリア:10ch
関西・福岡・北九州エリア:12ch
下関・大分エリア:111ch
熊本エリア:11ch
《視聴可能世帯数》     
約1,430万世帯 (2020年12月末時点)
《視聴方法》         
http://c.myjcom.jp/jtele/userflow.html#area
《視聴可能エリアの確認》  
http://www.jcom.co.jp/area_search/?service_full=true
※サービスエリア内でも一部ご利用いただけない地域がございます
特設サイト J:テレで放送する競技、スケジュールなどがご覧いただけます。
https://www2.myjcom.jp/special/tokyo/paralympics/jtele/
「jテレ パラリンピック特集」で検索
 

■参考情報
<TSUKEMEN>
Wヴァイオリン&ピアノによる3人組インスト・ユニット
日本全国のみならず欧米・アジアなど世界で500本を超
える公演を開催。40万人以上の観客を動員。最新アルバ
ム『JITAN CLASSIC』など、リリースしたCDはクラシ​
ック・チャート1位を次々と獲得
・TAIRIK/ヴァイオリン・ヴィオラ
・SUGURU/ピアノ
・KENTA/ヴァイオリン
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. J:COM >
  3. J:COMオリジナルチャンネル「J:テレ」 東京2020オリンピックに続き、「東京2020パラリンピック競技大会」を放送