【ホテルオークラ福岡】総料理長 谷内 雅夫の連載エッセイを書籍化、販売へ。

​ホテルオークラ福岡(福岡市博多区、代表取締役社長 髙栁 健二)のレストラン情報誌「HAKATA spice」に連載の総料理長 谷内のエッセイが一冊の本となりました。本のタイトル「つかれた日には鍋にキャベツとホロホロ鳥を放り込み」は、昨年の秋に掲載したエッセイの本文からのもの。発売は2019年9月1日、ペストリーブティック、オンラインショップにて販売します。

2013年の「HAKATA spice」創刊時、九州の食材の魅力やホテルオークラ福岡の味を発信する目的で、総料理長 谷内 雅夫のコーナーとしてスタートした「MASAO’s spice talk」。2019年3月にホテルオークラ福岡が開業20周年を迎え、同年3~5月号で30篇を超えたことを機に、書籍化し、販売することになりました。

この度書籍化に伴い、谷内自筆のイラストや料理レシピなどを加筆しています。
谷内が体験から感じたこと、考えたこと、プライベートでの出来事まで、食に関するお話が満載の本「つかれた日には鍋にキャベツとホロホロ鳥を放り込み」をぜひお楽しみください。
 

 




【書籍概要】
タイトル:つかれた日には鍋にキャベツとホロホロ鳥を放り込み      (A5判/96ページ)
内  容:HAKATA spice 2013年8・9月号~2019年3~5月号に
     掲載の31篇を加筆・編集したもの。
販売価格:1冊 1,000円(消費税別)
販売場所:・ペストリーブティック(ホテルオークラ福岡 1階)
     ・ホテルオークラ福岡公式オンラインショップ
      https://www.okurashop-fukuoka.jp/(9/1より)
販売開始:2019年9月1日(日)
発  行:西日本新聞社 出版部​
お問い合わせ:TEL.092-262-1176(ホテルオークラ福岡 レストラン予約課 10:00-20:00)
 

総料理長 谷内 雅夫総料理長 谷内 雅夫

【ホテルオークラ福岡総料理長 谷内 雅夫 プロフィール】

1953年生まれ。
1973年 大成観光㈱(現 ホテルオークラ)入社。
1980年に渡欧し、ホテルオークラアムステルダムの洋食調理を4年間務めた。1982年には、オランダ国内の調理師コンクールにて優勝。帰国後、宴会・レストラン調理を多方面にわたり担当。
ホテルオークラ東京フランス料理「ラ・ベル・エポック」シェフ、宴会調理シェフを歴任し、オークラの伝統を継承する一人として、また、オランダやフランス パリでの経験から、基本を大切にしたクラッシックなフランス料理を得意としている。
2011年11月ホテルオークラ福岡 総料理長に就任。

2013年6月 ホテルオークラ福岡 取締役総料理長。現職。

 

 

20周年記念ロゴ20周年記念ロゴ

【ホテルオークラ福岡について】

1999年3月1日に、歴史と新しさが息づく国際都市・福岡に開業、今年おかげさまで20周年を迎えました。
博多駅、天神、福岡空港にスムーズにアクセスできる地下鉄「中洲川端駅」に直結したロケーションで、観光やビジネスの拠点に最適です。

 

〒812-0027
福岡県福岡市博多区下川端町3-2 博多リバレイン
TEL:092(262)1111(代)
■福岡空港より地下鉄約10分
■JR博多駅より地下鉄約5分

 

「中洲川端」駅直結 (川端口の改札を出て6番出口)
公式ウェブサイトURL https://www.fuk.hotelokura.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オークラ ホテルズ & リゾーツ >
  3. 【ホテルオークラ福岡】総料理長 谷内 雅夫の連載エッセイを書籍化、販売へ。