次世代の車載照明向けにCAN FD Lightプロトコルを搭載したマルチ・ピクセルLEDドライバを発表

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、CAN FD Lightプロトコルを使用して灯具を動的に制御し、利便性に優れた高集積のソリューションを提供する車載用LEDドライバ「L99LDLH32」を発表しました。同製品は、わずかな表面積から高輝度・高コントラストで均一に発光する有機EL照明に最適で、複雑な光のパターンや照明効果を生成でき、安全性やデザイン性の向上に貢献します。

L99LDLH32は、1mA~15mAの範囲で独立してプログラム可能な32個の安定化電源を備えており、エクステリア / インテリア照明をピクセルごとに駆動することができます。全ピクセルの一括調光も、8bitの分解能で可能です。また、車載バッテリ電圧で最大35Vの出力を生成することができ、広いエミッタ順方向電圧に対応します。

L99LDLH32には、CAN FD Lightプロトコル・ハンドラおよびトランシーバが搭載されており、自動車の通信インフラや制御ドメインECU(電子制御ユニット)との接続が簡略化されています。実績ある業界標準規格に基づくCAN FD Lightは、照明やセンサなどのシンプルな機器を制御するために考案されたコマンダ / レスポンダ間の同期通信が可能で、同期用水晶発振子のような高価な外付け部品が不要です。一方、1Mbit/sのデータ帯域幅を備えており、アニメーション化された複雑な照明パターンの生成や、スムーズな変調 / 調光が可能です。

また、メモリ・セルを内蔵しているため、電流レベルやPWM調光といったパラメータをプログラミングして、スタンドアロンで動作させることができます。これにより、通信バスやコントローラの故障に対応するフェールセーフ・モードを実装可能です。L99LDLH32は、高水準の機能安全性を実現する機能として、異常検出ピン、電圧モニタ、温度モニタ、プログラム可能なタイムアウト・ウォッチドッグ、短絡検知、オープン・ロード検知などを備えています。そのため、テールライト、ブレーキライト、ウインカーなど、安全性が重視される車載照明に最適です。さらに、周波数ディザリングによりEMIを最小限に抑えます。

L99LDLH32は、STのBCD9sLプロセスを使用してモノリシックに集積化され、AEC-Q100規格に準拠しています。同製品は現在STのeStoreから入手可能で、ウェッタブル・フランクを採用し、放熱用の露出サーマル・パッドを備えたQFN48パッケージ(7 x 7mm)で提供されます。価格およびサンプル提供については、STのセールス・オフィスまたは販売代理店までお問い合わせください。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください。
( https://www.st.com/content/st_com/ja/campaigns/l99ldlh32-32-channel-led-driver.html?icmp=tt28749_gl_pron_sep2022 )

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、約48,000名の従業員を擁し、包括的なサプライ・チェーンと最先端の製造設備を有する世界的な総合半導体メーカーです。約20万社を超えるお客様や数千社のパートナー企業と協力しながら、お客様のビジネス創出や持続可能な社会をサポートする半導体ソリューションの開発ならびにエコシステムの構築に取り組んでいます。STのテクノロジーは、スマート・モビリティ、電力エネルギー管理の効率化、IoT・コネクティビティの普及を可能にします。STは、2027年までのカーボン・ニュートラルの実現を目標にしています。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
オートモーティブ & ディスクリート製品グループ
TEL : 03-5783-8260  FAX : 03-5783-8216
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. STマイクロエレクトロニクス >
  3. 次世代の車載照明向けにCAN FD Lightプロトコルを搭載したマルチ・ピクセルLEDドライバを発表