「楽天ラグリ」、サービス名称を「楽天ファーム」に変更

- 静岡県での新たな農場の稼働と新オンラインストアのオープンにより、オーガニック農業とオーガニック野菜の普及を促進 -

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)と楽天グループの楽天農業株式会社(本社:愛媛県大洲市、代表取締役:遠藤 忍、以下「楽天農業」)は、両社で提供する農業サービス「楽天ラグリ」のサービス名称を、「楽天ファーム」に本日変更しました。

         <新しいロゴ>                  <静岡県の新農場>

 2017年に開始した本サービスは、「日本の農業の課題を解決し、農業を通じて日本をエンパワーメントする」をミッションとし、定期宅配サービス「100%オーガニック定期便」の運営や、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、レストランなどへの100%国産オーガニック野菜(注1)を使用したサラダや冷凍野菜の提供を行ってきました。このたび、さらなるサービスの拡大と、自然環境や生態系への負荷を低減したサステナブルな農業であるオーガニック農業および安全安心なオーガニック野菜の普及拡大を目指し、名称を「楽天ファーム」としました。

 楽天農業は耕作放棄地を活用し、新たに静岡県御殿場市と伊豆の国市で保有する約52haの農場の稼働を順次開始しており、有機JAS認証も取得中です。すでに稼働している愛媛県と広島県の自社農場に加え、静岡県の農場も稼働することで、楽天農業の野菜の生産量を引き上げます。将来的にはお客様への配送を現在の愛媛県からだけでなく、静岡県からも可能とすることで、東日本エリアへの配送時間の短縮も目指しています。

 また、本日、楽天が運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」において「楽天ファーム オーガニック&ナチュラルマーケット」をオープンしました。ユーザーは、これまで主にオンラインでの定期宅配サービス(「100%オーガニック定期便」)を通じて販売されていた100%国産オーガニックの生鮮野菜のセットやカットサラダ、冷凍野菜を、好きな時にオンラインストアで購入できるようになりました。生鮮野菜は、愛媛県産のおまかせ野菜セットおよび日本全国から選りすぐりの旬の野菜から選べる野菜セットが用意されており、使い勝手のよいカットサラダや冷凍野菜と合わせて、ご自宅で手軽にオーガニック野菜を取り入れることができます。

 農薬・化学肥料不使用を原則とするオーガニック農業は、従来の農業と比べて水質保全、土壌肥沃度、生物多様性の面で優れているという海外での研究事例があり(注2)、サステナブルな農業として注目を集めています。その一方で、日本国内において有機JAS認証を取得しているオーガニック農場の面積は、全耕地面積のわずか0.2%に留まり(注3)、国内での野菜の総生産量に対する有機JAS取得の割合も0.35%となっているのが現状です(注4)。楽天農業はこのような現状に対し、有機JAS認証を取得した農場を拡大し、自社におけるオーガニック野菜の生産から販売までの一貫した体制を確立することで、オーガニック野菜の普及を促進しています。

 楽天と楽天農業は今後も、「楽天ファーム」を通じて、日本国内におけるオーガニック農業およびオーガニック野菜市場の拡大に貢献してまいります。

(注1) 日本農林規格等に関する法律(JAS法)に基づく有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者によって生産された野菜。種まき・植え付け前2年以上及び栽培中に、原則として農薬・化学肥料不使用(有機JASのガイドラインで認められた肥料・土壌改良資材・農薬を除く)、遺伝子組み換え技術不使用で生産されています。
(注2) 令和2年2月 農林水産省 「有機農業をめぐる事情」より
https://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/yuuki/attach/pdf/index-146.pdf
(注3) 令和2年6月 農林水産省 「国内における有機JASほ場の面積」より
https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/attach/pdf/yuuki_old_jigyosya_jisseki_hojyo-65.pdf
(注4) 令和元年7月 農林水産省 「有機農業をめぐる我が国の現状について」より
https://www.maff.go.jp/primaff/koho/seminar/2019/attach/pdf/190726_01.pdf

■サービス概要
名称: 楽天ファーム
運営: 楽天株式会社、楽天農業株式会社
公式ページ: https://agriculture.rakuten.co.jp/
内容: 日本の農業の課題を解決し、農業を通じて日本をエンパワーメントしていく農業サービスです。農業の就労支援や耕作放棄地の有効活用を通じた地方経済の活性化と、日本におけるオーガニック農業及びオーガニック野菜の普及拡大を目指しています。主な取り組みとして、有機JAS認証を得た生鮮野菜、カットサラダ、冷凍野菜の定期宅配サービス「100%オーガニック定期便(https://agriculture.rakuten.net/regular/)」や、「楽天市場」での「楽天ファーム オーガニック&ナチュラルマーケット(https://www.rakuten.co.jp/rakuten-farm/)」の運営などを行っています。

■「楽天ファーム オーガニック&ナチュラルマーケット」概要
店舗名称: 楽天ファーム オーガニック&ナチュラルマーケット
開店日: 2020年7月15日(水)
URL: https://www.rakuten.co.jp/rakuten-farm/
販売商品: 愛媛県産および日本全国から選りすぐった旬の100%国産オーガニックの生鮮野菜セット、カットサラダ、冷凍野菜

以 上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天株式会社 >
  3. 「楽天ラグリ」、サービス名称を「楽天ファーム」に変更