「レコチョク上半期ランキング2020」「レコチョク上半期サブスクランキング2020」「dヒッツ上半期ランキング2020」発表!

Official髭男dismがダウンロード、サブスク、dヒッツ3サービス制覇!

株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:加藤裕一)は、本日2020年7月14日(火)、レコチョクが展開する音楽配信サービス、ダウンロード部門「レコチョク上半期ランキング2020」、ストリーミング部門「レコチョク上半期サブスクランキング2020」「dヒッツ® powered by レコチョク(以下、dヒッツ)上半期ランキング2020」、計3つの上半期のランキングを発表いたします(集計期間:2020年1月1日~2020年6月30日)。

2020年上半期ランキングでは、Official髭男dismが初めてダウンロード、ストリーミング(サブスク、dヒッツ)の3部門を制覇するという快挙を成し遂げました。

レコチョクでは、2020年上半期、世界中で話題を集めた任天堂のNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ゲーム「あつまれ どうぶつの森」(以下、あつ森)内で、ダウンロード部門、レコチョクサブスク、dヒッツという3サービスを制覇したOfficial髭男dismをお祝いするために、特別ルームをつくり、1位受賞のジャケット写真を並べてお祝いする画像も公開しました。レコチョクでは、2012年からニンテンドー3DS向け、2018年からNintendo Switch向けで音楽配信サービス「レコチョク」を展開し、音楽を購入・視聴する機会を提供しています。

  • また、レコチョクのオウンドメディア「レコログ」では、上半期ランキングの受賞を記念して、Official髭男dismのインタビューを掲載しています。こちらもあわせてご覧ください。
  • Official髭男dism「レコログ」インタビュー https://recochoku.jp/ch/recolog/higedan_2/
【レコチョク上半期ランキング2020】
https://recochoku.jp/special/100878/


【レコチョク上半期サブスクランキング2020】
レコチョクが提供している定額制音楽配信サービス「RecMusic」、株式会社NTTドコモが提供する「dミュージック月額 powered by レコチョク」、株式会社NTTぷららが提供する「ひかりTVミュージック」における再生回数を反映したランキングで、2019年上半期からランキングの発表を開始しました。
▼上半期レコチョクアーティストランキング2020
https://recmusic.jp/playlist/?id=6017
▼上半期レコチョク再生ランキング2020
https://recmusic.jp/playlist/?id=6016

【dヒッツ上半期ランキング2020】
dヒッツは、今すぐ聴きたい音楽、今の自分に合う音楽にカンタンに出会い、楽しむことができるプレイリストで音楽を楽しむサービスです。
https://selection.music.dmkt-sp.jp/ft/sys00353

---------------------------------------------------------------------------------
2020年上半期の音楽シーンを席巻するアーティストとトレンドがランクイン
---------------------------------------------------------------------------------

2020年上半期ランキングでは、Official髭男dismが初のダウンロード、ストリーミング(レコチョクサブスク、dヒッツ)の3部門でアーティストランキング1位を制覇するという快挙を成し遂げました。


レコチョクが展開する音楽配信サービスにおいて、Official髭男dismは、2018年4月期のドラマ『コンフィデンスマンJP』主題歌だった「ノーダウト」、2019年5月公開の映画版『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』主題歌「Pretender」、2019 ABC 夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソング「宿命」、「イエスタデイ」(劇場アニメ『HELLO WORLD」』主題歌)など多くの楽曲が上位にランクインしています。

ヒット曲満載のメジャーファースト・アルバム『Traveler』が2019年10月9日(水)にリリースされ、年末のNHK総合『第70回紅白歌合戦』初出場をはじめ、大型テレビ番組への出演でさらに注目が集まり、2020年、1月のTBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』主題歌として書き下ろされた「I LOVE...」が1月15日(水)に先行配信開始されると、ダウンロード、ストリーミングなどさまざまなサービスで楽曲が視聴されました。常に複数楽曲がランキング上位にランクイン、各サービスでの「アーティストランキング」1位、「I LOVE...」は、レコチョクランキング(シングル)1位、myヒッツランキング1位、「Pretender」は「再生回数ランキング」1位を獲得しました。
 

 

ダウンロード部門「レコチョク上半期ランキング2020」では、King Gnu『CEREMONY』が「アルバムランキング」「ハイレゾアルバムランキング」1位を受賞。1月15日(水)にリリースされた本作は、昨年2月に配信リリースされて以来ロングヒットを記録中の「白日」(日本テレビ系土曜ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』主題歌)をはじめ、「Teenager Forever」(ソニー ワイヤレスヘッドホン/ウォークマン CMソング)や「飛行艇」(ANA「ひとには翼がある」篇 TVCMソング)、「傘」(ブルボン「アルフォート」CMソング)といった話題曲を含む全12曲を収録しています。
なお、「白日」は、「レコチョク上半期ランキング2020」(ダウンロード)の「レコチョクランキング(シングル)」「ハイレゾシングルランキング」でも4位、「レコチョク上半期サブスクランキング2020」の「再生回数ランキング」でも4位とロングヒットとなっています。


ダウンロード部門「レコチョク上半期ランキング2020」、ストリーミング部門「レコチョク上半期サブスクランキング2020」において、「新人アーティストランキング」は、藤井 風が1位を獲得しました。
藤井 風は岡山出身のミュージシャン。昨年11月、オリジナル音源リリース前にもかかわらず、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でのワンマンライブのチケットが即完。2020年1月24日(金)、初のオリジナル音源となるデジタルEP「何なんw EP」をリリース、2月21日(金)には、セカンドデジタルEP「もうええわ EP」をリリース。5月20日(水)には1st Album『HELP EVER HURT NEVER』をリリース。作詞作曲は全曲「藤井 風」。
Music VideoがYouTubeへ公開されると、耳の早いリスナーだけでなく、様々なジャンルのクリエイター陣も彼の才能に気づき始め、話題となり、多くのリスナーの注目を集めました。特に、アルバム収録曲でもある「優しさ」はSNSでも話題になり、シングル楽曲としてもロングヒットを続けています。
シングル、ハイレゾ楽曲を集計対象としたダウンロード、再生回数によるレコチョクサブスク、両部門で1位を獲得、2020年上半期の新人アーティストランキングを制しました。

▼受賞コメント
  • Thank you for listening to my songs on レコチョク a lot 言うてますけどmore。        この2020上半期という大変な時代に、わしの曲が色んな人に寄り添えたなら、こんなにありがたいことはありません!God bless us!                                   藤井 風

ダウンロード部門「レコチョク上半期ランキング2020」、ストリーミング部門「レコチョク上半期サブスクランキング2020」で、「洋楽ランキング」はビリー・アイリッシュ「bad guy」が1位を獲得しました。
2019年3月にリリースされたデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』のリード・シングルとなる「bad guy」。ダウンロード、ストリーミングでのロングヒットを続けていましたが、2020年1月開催の「第62回グラミー賞」で、史上最年少18歳で、年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲、最優秀新人賞の主要4部門に加えて合計5部門を受賞したことで、さらに、注目を集めました。主要4部門の獲得は39年ぶりの史上2人目、最年少、初の女性という偉業を成し遂げたビリー・アイリッシュ。
2020年1月期の新日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の主題歌にも起用され、国内での注目も高まる中、ダウンロード、レコチョクサブスクにて洋楽ランキング1位を獲得しました。


ダウンロード部門「レコチョク上半期ランキング2020」、「ハイレゾシングルランキング」は、LiSA「紅蓮華」が1位を獲得。
LiSA15枚目のシングル「紅蓮華」はアニメ『鬼滅の刃』OPテーマ曲。週刊少年ジャンプ連載の大人気漫画原作のアニメとタッグを組んだ本作は2019年7月3日(水)のCDリリースに先駆け、4月22日(月)に先行配信リリース。LiSA作詞のこの楽曲は、「レコチョク年間ランキング2019」において、「ハイレゾシングルランキング」1位を獲得、ロングヒットとなりました。社会現象となったTVアニメ『鬼滅の刃』では2クール通してOPテーマに使用され、『紅白歌合戦』歌唱時には背景にアニメ映像が使用されるなど、アニメとの相乗効果もあり、配信リリースから1年以上にわたりロングヒットを続けています。
また、「紅蓮華」は、「レコチョクランキング(シングル)」2位、「レコチョク上半期サブスクランキング2020」の「再生回数ランキング」3位、「dヒッツ上半期ランキング2020」の「myヒッツランキング」でも2位にランクインしています。
アニメ『鬼滅の刃』の社会現象的人気は続いており、「紅蓮華」のヒットはまだまだ続きそうです。

▼受賞コメント
  • 曲に込めた願いのように、何度も何度も咲き誇る紅蓮華。                      ハイレゾで楽曲に込めた細かい息遣いや空気までたくさんの方に届いてとても嬉しいです。       皆様の心でも、何度も咲き誇れますように。                            長くたくさんの方に愛していただいてありがとうございます。                    LiSA

=======================
【レコチョク上半期ランキング2020】
[集計期間]  2020年1月1日~2020年6月30日
======================= 
                        
▼レコチョク ランキング (シングル)
順位 楽曲名 アーティスト名
1位 「I LOVE...」Official髭男dism
2位 「紅蓮華」LiSA
3位 「Pretender」Official髭男dism
4位 「白日」King Gnu
5位 「あなたがいることで」Uru


▼アルバム ランキング
順位 アルバム名 アーティスト名
1位 『CEREMONY』 King Gnu
2位 『Traveler』Official髭男dism
3位 『Reborn Vol.1』嵐
4位 『A COMPLETE ~ALL SINGLES~』浜崎あゆみ
5位 『Birthday / 君と重ねたモノローグ』 Mr.Children


▼アーティストランキング
順位 アーティスト名
1位 Official髭男dism
2位 米津玄師
3位 King Gnu
4位 LiSA
5位 嵐
 

     
▼新人アーティストランキング
順位 アーティスト名
1位 藤井 風


▼洋楽ランキング
順位 楽曲名 アーティスト名
1位 「bad guy」ビリー・アイリッシュ
2位 「Closer (Tokyo Remix)」The Chainsmokers feat. 新田真剣佑
3位 「High Hopes」パニック!アット・ザ・ディスコ
4位 「麒麟がくる メインテーマ」ジョン・グラム、広上淳一指揮  NHK交響楽団、林英哲
5位 「medicine」Bring Me The Horizon


▼ハイレゾシングルランキング
順位 楽曲名 アーティスト名
1位 「紅蓮華」LiSA
2位 「I LOVE...」Official髭男dism
3位 「Pretender」Official髭男dism
4位 「白日」King Gnu
5位 「香水」瑛人


▼ハイレゾアルバムランキング
順位 アルバム名 アーティスト名
1位 『CEREMONY』 King Gnu
2位 『ZARD Forever Best ~25th Anniversary~』ZARD
3位 『Traveler』Official髭男dism
4位 『REVIEW Ⅱ ~BEST OF GLAY~(4CD)』GLAY
5位 『Make you happy』NiziU


■「レコチョク上半期ランキング2020」
https://recochoku.jp/special/100878/

 

=======================
【レコチョク上半期サブスクランキング2020】
[集計期間] 2020年1月1日~2020年6月30日
=======================

▼アーティストランキング
順位 アーティスト名
1位 Official髭男dism
2位 嵐
3位 King Gnu
4位 サザンオールスターズ
5位 あいみょん
アーティスト毎に再生された楽曲総再生回数に基づいた「アーティストランキング」1位はOfficial髭男dism。「サブスク」で2020年上半期に最も聴かれたアーティストとして初の1位を獲得しました。
RecMusicでは、アーティストランキング20位までのアーティストのプレイリストをお楽しみいただけます。

■「レコチョク上半期サブスクランキング2020:アーティストランキング」
https://recmusic.jp/playlist/?id=6017

▼再生回数ランキング
順位 楽曲名 アーティスト名
1位 「Pretender」Official髭男dism
2位 「I LOVE...」Official髭男dism
3位 「紅蓮華」LiSA
4位 「白日」King Gnu
5位 「宿命」Official髭男dism

「再生回数ランキング」1位に輝いたのは、Official髭男dism「I LOVE...」。ランキングTOP10では、「Pretender」(1位)、「I LOVE...」(2位)とツートップを飾り、「宿命」(5位)、「イエスタデイ」(7位)、「ノーダウト」(9位)と5曲がランクインしました。
RecMusicでは、再生回数ランキング20位までの楽曲のプレイリストをお楽しみいただけます。
■「レコチョク上半期サブスクランキング2020:再生回数ランキング」
https://recmusic.jp/playlist/?id=6016

▼新人アーティストランキング
順位 アーティスト名
1位 藤井 風


▼洋楽ランキング
順位 楽曲名 アーティスト名
1位 「bad guy」ビリー・アイリッシュ
2位 「Shape of You」Ed Sheeran
3位 「Closer (Tokyo Remix)」The Chainsmokers feat. 新田真剣佑
4位 「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」テイラー・スウィフト
5位 「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」ジャスティン・ビーバー

 

=======================
【dヒッツ上半期ランキング2020】
[集計期間] 2020年1月1日~2020年6月30日
=======================

▼アーティストランキング
順位 アーティスト名
1位 Official髭男dism
2位 嵐
3位 King Gnu
4位 あいみょん
5位 back number
アーティスト毎に選曲された楽曲プレイリストの総再生回数に基づいた「アーティストランキング」1位はOfficial髭男dismが獲得しました。「dヒッツ」で2020年上半期に最も聴かれたアーティストとして初の1位を獲得しました。


▼myヒッツランキング
順位 楽曲名 アーティスト名
1位 「I LOVE...」Official髭男dism
2位 「紅蓮華」LiSA
3位 「あなたがいることで」Uru
4位 「Pretender」Official髭男dism
5位 「白日」King Gnu
6位 「香水」瑛人
7位 「夜に駆ける」YOASOBI
8位 「未完成」家入レオ
9位 「宿命」Official髭男dism
10位 「裸の心」あいみょん

「myヒッツランキング」1位に輝いたのは、Official髭男dism「I LOVE...」。「myヒッツ」とは、「dヒッツ」の人気機能で、自分の好きな楽曲を毎月10曲ずつ登録できる機能です。いつでも聴いていたい、自分のお気に入りの楽曲を選べることから、「myヒッツ」登録数のランキングは、音楽ファンが今一番聴きたい、人気楽曲のランキングといえます。*dヒッツ(500円)で使用可能です。
dヒッツサイトでは「myヒッツランキング」30位までをプレイリストで公開しています。ぜひ、こちらもご覧ください。
■「dヒッツ上半期ランキング2020」
https://selection.music.dmkt-sp.jp/ft/sys00353

『ご参考』
【レコチョク上半期ランキング2020】について
・集計対象:PC・スマートフォン向け音楽ダウンロードストア「レコチョク」、ニンテンドー3DS™版及びNintendo Switch版「レコチョク」「dミュージック powered by レコチョク」「Music Store powered by レコチョク」「ひかりTVミュージック」にて配信している各該当種別を集計。
・「レコチョクランキング」とは「ダウンロード(シングル)」「ダウンロード(ハイレゾシングル)」を合算した総合ランキングです。
・「アルバムランキング」とは、収録楽曲をまとめて購入できる「ダウンロード(アルバム)」のランキングです。
・「アーティストランキング」とは、「ダウンロード(シングル)」「ダウンロード(ハイレゾシングル)」の総合ランキングです。
・新人アーティストとは、2019年11月1日~2020年6月30日の間に“レコチョクサイト配信デビュー”もしくは“CDデビュー”したアーティストを新人と定義いたします。
■「レコチョク上半期ランキング2020」サイト (https://recochoku.jp/special/100878/

【レコチョク上半期サブスクランキング2020】
2019年上半期よりランキングを発表している「レコチョクサブスクランキング」は、レコチョクが提供している定額制音楽配信サービス「RecMusic」、株式会社NTTドコモが提供する「dミュージック月額 powered by レコチョク」、株式会社NTTぷららが提供する「ひかりTVミュージック」における再生回数を反映したランキングです。
・「アーティストランキング」とは、アーティスト毎に再生された総再生回数に基づいたランキングです。
・新人アーティストとは、2019年11月1日~2020年6月30日の間に“レコチョクサイト配信デビュー”もしくは“CDデビュー”したアーティストを新人と定義しています。
RecMusicでは、「レコチョク上半期サブスクランキング2020」の各ランキング20位までをプレイリストで展開しています。
■「レコチョク上半期サブスクランキング2020:アーティストランキング」
https://recmusic.jp/playlist/?id=6017
■「レコチョク上半期サブスクランキング2020:再生回数ランキング」
https://recmusic.jp/playlist/?id=6016

【dヒッツ上半期サブスクランキング2020】
dヒッツサイトでは「myヒッツランキング」30位まで公開しています。
■「dヒッツ上半期ランキング2020」
https://selection.music.dmkt-sp.jp/ft/sys00353 


<本リリースに記載している会社名、製品名は、各社および各団体の商標または登録商標です>
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レコチョク >
  3. 「レコチョク上半期ランキング2020」「レコチョク上半期サブスクランキング2020」「dヒッツ上半期ランキング2020」発表!