5/21(土)・22(日) 遊びながら楽しく学ぶ防災体験型イベント 「いつものもしも CARAVAN 池袋」を開催

「防災×健康×アウトドア」


 



無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 堂前 宣夫、以下「良品計画」)は、誰でも参加しやすく遊びながら楽しく防災について学べる体験イベント「いつものもしもCARAVAN 池袋」(後援:豊島区)を、2022年5月21日(土)・22日(日)の2日間にわたり、豊島区としまみどりの防災公園(IKE・SUNPARK)にて開催します。

  良品計画では、予測ができない災害に対して「いつ起こっても大丈夫」というためには、日常から備えを行うことが大切と考えています。「いつものもしもCARAVAN」は、「地域とつながる・楽しく学べる」をコンセプトに、子供から大人まで楽しく防災を学ぶことができるイベントです。地域の人も、企業も、行政も、垣根なくつながることで地域全体の防災力が向上することを目指し、地域一体型のイベントを各地域で実施しています。

 豊島区と良品計画は2017年に「FFパートナーシップ協定※」を締結し、「南池袋公園」や「グリーン大通り」などにおける賑わい創出プロジェクトへの参加を通して、公共空間を暮らしの中に生かす提案を行ってきました。本年は、防災に関する協力を進め、取組み及び活動範囲を広げていくことを目指して、地域の防災意識向上につながるイベント「いつものもしもCARAVAN池袋」を開催します。

  「防災×健康×アウトドア」をテーマに豊島区の防災公園「としまみどりの防災公園(IKE・SUNPARK)」の持つ機能や、キャンプにも防災にも使えるアウトドアスキルを学んだり、毛布を使った担架タイムトライアルなど体を動かしながら防災の知識や技を学んだりすることができます。また、災害時に設置する大型テントや、災害時にも活用できる日用品の紹介に加え、防災備蓄を使用したレシピを学ぶこともできます。

※「FFパートナーシップ協定」は、豊島区と民間のノウハウやリソースの相互連携により様々な事業を公民連携・協働で進めることを目的としたものです。

・いつものもしもCARAVAN 特集サイト
https://www.muji.net/camp/contents/itsumonomoshimo_caravan/ikebukuro/2022/

一部イベント詳細(画像は全て別地域で開催した際に撮影したものです。)
避難所体験


避難所がどのような環境で、どのようなものが必要になるのかを災害が起きる前に知っておくことは大切なことです。しかし、現状それらを知ることが出来るのは、実際に災害が起き、その状況に直面した時となります。そこで今回、ダンボールベッドやパーテーションを実際に使っていただく体験スペースや、豊島区で備蓄されている防災用品の一部をご覧いただけるスペースを設けました。避難生活について今一度考えていただくことができるブースです。

●丸太切り

 

 

大きなノコギリを使用して、二人で協力して丸太を切る体験ができます。都会では、なかなか体験することができない「木に触れる」、「火を起こす」という体験が実際にできます。切った丸太を活用して、焚火の薪にしたり、コマを作ります。木の様々な活用方法を体験・学習できます。




●イザ・カエルキャラバン(NPO法人プラスアーツ)


「イザ!カエルキャラバン!」は、もしも災害が起こっても、いつものくらしにカエルために、「水消火器的当てゲーム」や「毛布を使った担架タイムトライアル」などのゲームを通して、体を動かし、遊びながらしっかり防災の知識や技を楽しく身につけられるコーナーです。大規模災害が発生し、消防士の方が不足した際、地域で助け合いながら消火活動や救助活動ができるようにすることを目指します。


ローリングストック紙芝居
災害が起きた後に7日間自宅で過ごすことを想定した時に、どの食料がどのくらい必要なのかを、紙芝居を通して楽しく学んでいただけます。

●スタンプラリー
「いつものもしもCARAVAN 池袋」会場内に設置されているスタンプブース5箇所を回ってスタンプを集めると先着1000名様にいつものもしもオリジナルハンカチをプレゼントします。
また、5月21日(土)は、グリーン大通りをメイン会場として開催されるイベント「池袋リビングループ」と連携した拡大スタンプラリーを開催。「無印良品 池袋西武」「無印良品 ルミネ池袋」「MUJIcom 東池袋」の3店舗と、グリーン大通りに設置している無印良品のブースでスタンプを集めると、先着900名様に池袋の街で運行している「IKEBUS(イケバス)」の特別乗車券をプレゼントします。
・池袋リビングループ公式サイト:https://ikebukuropark.com/livingloop/


「いつものもしも CARAVAN 池袋」
・開催日時:2022年5月21日(土)・22日(日) 午前10時~午後4時(雨天決行・荒天中止)
・開催場所:としまみどりの防災公園(IKE・SUNPARK)
        東京都豊島区東池袋4丁目42番
・主催:株式会社 良品計画
・後援:豊島区
・監修:NPO法人プラスアーツ ※一部コンテンツ
・協力:日比谷アメニス、サンシャインシティ、株式会社バリューブックス、合同会社冒険研究所、
NPO法人 ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク+慶応大学 坂茂研究会、戸田デザイン研究室、日本セイフティー株式会社、東京法令出版、東京NEO-FARMERS!、BOOK TRUCK、PARITALY、わさび食堂、東京森と市庭、株式会社WA・ON、warmerwarmer、TSUCURITE、アグリタリオ(島崎農園)、豊島消防署、巣鴨警察署、 ※敬称略 順不同

■良品計画の豊島区における取り組み
良品計画は、2017年に豊島区とFFパートナーシップ協定を締結し、「小さな公園活用プロジェクト」などを通じて公共空間を暮らしの中に生かす取組みの拡充を行ってきました。また、同年にスタートしたグリーン大通りをメイン会場にしたイベント「池袋リビングループ」では企画運営に参加し、関連企業や団体と連携してきました。
2022年1月には東池袋の地で働く方々、近隣住民の方々にとって便利で、身近な店舗を目指して、本社1階に、毎日の生活必需品を取り揃えた地域密着型小型店の「MUJIcom東池袋」をオープンしました。

いつものもしも」とは
無印良品では、「いつものもしも」と題し、使い慣れた日用品で災害時に備える提案をしています。「災害が起きてもこれで大丈夫」と自信をもって言える備えを、知識もモノも含めて日常的に身につけることを目指しています。
・「いつものもしも」特集サイト:https://www.muji.com/jp/ja/feature/other/559811
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社良品計画 >
  3. 5/21(土)・22(日) 遊びながら楽しく学ぶ防災体験型イベント 「いつものもしも CARAVAN 池袋」を開催