Baycom光TVサービスでの「新4K8K衛星放送」の開始について

阪急阪神ホールディングスグループの株式会社ベイ・コミュニケーションズ(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:樽谷篤明)は、「新4K8K衛星放送」の開始に合わせ、「Baycom光TVサービス」契約者様向けに、2018年12月1日よりBS右旋及び左旋4K放送(BS4K放送)の提供を開始します。
BS4K放送は、現行ハイビジョンの4倍の画素数を持った高画質の放送で、従来に比べ、よりリアルで臨場感あふれる映像をお楽しみいただけます。例えばスポーツ番組であれば、今までは分かりにくかった選手の表情を楽しむこともできると言われています。

このBS4K放送は、4Kチューナー内蔵テレビをお持ちの方は、4Kチューナーを使用することなくBS4K放送の視聴が可能となります。
また4K対応テレビ(4Kチューナー無し)をお持ちの方は、12月よりベイ・コミュニケーションズから提供を予定しております4Kチューナー内蔵STB(月額料金必要)を設置いただくか、市販の4Kチューナーを設置いただくことで、BS4K放送の視聴が可能となります。
4Kチューナー内蔵STBの具体的な料金などの詳細は確定次第、ガイド誌、ホームページなどでご案内させて頂きます。

ベイ・コミュニケーションズは、今後もより一層、豊かで美しい映像サービスをお届けできるよう努めてまいります。


 


【株式会社ベイ・コミュニケーションズの会社概要】
1.本社
 大阪市福島区海老江1丁目1番31号
2.資本金
 4,000,000千円
3.設立
 1991年4月1日
4.主な事業内容
 登録一般(有線テレビジョン)放送事業、電気通信事業
5.サービスエリア
 大阪市西部、尼崎市、伊丹市、西宮市
6.対象世帯数
 884,700世帯 ※内接続世帯数799,600世帯(90%)
7.加入世帯数
 テレビサービス 158,051世帯
 インターネットサービス 183,046世帯
 (対象世帯数および加入世帯数は2018年8月末現在)


株式会社ベイ・コミュニケーションズ http://bit.ly/LNmcVN

リリース http://bit.ly/2PDjtoM

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 阪急阪神ホールディングス株式会社 >
  3. Baycom光TVサービスでの「新4K8K衛星放送」の開始について