今一番売れているメタバース本の著者・岡嶋裕史さんのオンライン講演会「メタバースとは何か」2022年5月21日開催決定!

第一人者の中央大学国際情報学部教授・岡嶋裕史さんを招き、「メタバース」の初歩を徹底解説します!

 

 

話題沸騰ワード「メタバース」の初歩を解説します!
インターネット上の仮想空間・メタバース。
ウェブ、メール、SNSのサービスを洗練させることで覇権を握ったのがGAFAMであるならば、ウエブ、メール、SNSに続くサービス、「メタバース」を巡る覇権争いが熾烈になるのは当然のこと。
IT企業のみならずすべての営利企業は、メタバースが持つビジネスチャンスをモノにしようとしています。
講師に第一人者の中央大学国際情報学部教授・岡嶋裕史さんを招き、メタバースとは何かをわかりやすく解説していただきます。

◆開催日 2022年5月21日(土)14:00~
◆参加費 3,850円(税込)
◆開催形式
Zoomウェビナーを使用します。前日までにご登録のメールアドレスにURLをお送りいたします。
◆お申し込みはこちらから
https://kokode-digital.jp/products/detail/1575

 

 

岡嶋裕史著「メタバースとは何か」(光文社新書)とのお得なセット販売はこちらです。
https://bit.ly/3Mx6Ico
※¥902の書籍に¥3,850のライブ配信チケットがついたセットです。送料無料!

【著者プロフィール】
岡嶋裕史(おかじまゆうし)

1972年東京都生まれ。中央大学大学院総合政策研究科博士後期課程修了。博士(総合政策)。富士総合研究所勤務、関東学院大学経済学部准教授・情報科学センター所長を経て、現在、中央大学国際情報学部教授。『ジオン軍の失敗』『ジオン軍の遺産』(以上、角川コミック・エース)、『ポスト・モバイル』(新潮新書)、『ハッカーの手口』(PHP新書)、『思考からの逃走』(日本経済新聞出版)、『ブロックチェーン』『5G』(以上、講談社ブルーバックス)、『数式を使わないデータマイニング入門』『アップル、グーグル、マイクロソフト』『個人情報ダダ漏れです! 』『プログラミング教育はいらない』『大学教授、発達障害の子を育てる』(以上、光文社新書)など著書多数。

【書誌情報】
タイトル:メタバースとは何か〜ネット上の「もう一つの世界」〜
著者:岡嶋裕史
発行:光文社
定価:902円(税込)
判型:新書版ソフト
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社光文社 >
  3. 今一番売れているメタバース本の著者・岡嶋裕史さんのオンライン講演会「メタバースとは何か」2022年5月21日開催決定!