ヒューマンアカデミージュニアSTE”AMスクール2022年2月より新たなサービス開始

~“自分の言葉で伝えられる”英語力をつける【教室×オンライン】のハイブリット型ランゲージスクール~

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、教育事業を運営するヒューマンアカデミー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:川上 輝之、以下、当社)は、当社が展開する子ども向けの教育事業、ヒューマンアカデミージュニアSTE“AMスクールにて「英語教室」を2022年2月よりサービス提供を行います。
【本件のポイント】
●ヒューマンアカデミージュニアSTE”AMスクール 英語教室が新たなプラットフォームを展開。
 オンラインでの海外講師との会話学習と、教室での日本人講師のフォロー指導を両立しつつ、
 コロナ禍でも家庭で柔軟にレッスンが続けられる仕組みを実現。
●英語を学ぶ目的、学んだ先をイメージしながら学習を続けることができる充実したコンテンツを提供
●年齢・目的・レベルに合わせたオーダーメイド受講が可能

 

【本件の概要】
 新型コロナウイルス感染拡大により、私たちの生活は一変し、世界各地で新しい取り組みがはじまっています。
世界の公用語ともいえる英語が、切り離せない重要なツールであることは明らかですが、英語をオンライン上で使用する機会が多くなり、より一層コミュニケーション能力が求められるようになりました。
小学校で英語教育がスタートし、早くから子どもたちは英語に触れ、そして、学び方も多種多様になりました。
自動翻訳等のIT技術も向上してきましたが、どんなに便利な世の中になっても、コミュニケーションの基本は
「自分の言葉で伝えること」です。ヒューマンアカデミージュニアSTE”AMスクール 英語教室は、
「オンラインで外国人講師とつながりしっかり会話すること」×「教室で見守る日本人講師のサポート」という
安心の学習環境で、お子さまの英語で伝える力を伸ばします。
どのような英語レベルのお子さまでも、自分に合ったレベルで安心して力が伸ばせる、新しい学習スタイルの講座です。

■ヒューマンアカデミージュニアSTE”AMスクール 英語教室の特長

1:手軽さと安心感のハイブリットスタイル!
<教室×オンライン>
オンラインレッスンやインプット学習は自宅でも受講可能
※通学が難しい方は、オンラインコースのご用意もあります。

 2:英語を学ぶ目的、将来自分が英語を使うシーンをイメージしながら学べる
※HALS Future’s Clubにて、スピーチコンテストや外国人との異文化交流など各種イベントを開催予定

3:インプット学習(動画・アプリ・テキストやワークシート)+スピーキング実践(外国人講師とのマンツーマン会話)の組み合わせで、しっかりした基礎力と会話運用力の両方を育む

4:目的・レベルに合わせたオーダーメイド受講が可能
・基本の3レベル+豊富なオプションレッスンで、自分にぴったり合った内容で学べる。
・チケット制で受けたい分だけ受講できるレッスン体系
・オンライン受講制だから、好きな時間に、自宅でも教室でも受けられる

▼画像はプライマリーコースの内容例になります


<コースラインナップ>
●プライマリーコース
推奨年齢:年中~小学校低学年     
ゲーム感覚で学べる「ゲームイングリッシュ」アプリとワークブックを使い、楽しく単語やアルファベットをインプット。外国人の先生とのオンラインレッスンでは、アクティビティやクイズで楽しく英会話デビューが出来ます。

●エレメンタリーコース
推奨年齢:小学校中学年~小学校高学年
基礎的な語彙や表現を楽しく学びながら、英語の音や会話のリズムに親しみ、
会話力やコミュニケーション力の土台をしっかりつくります。

●プレップコース
推奨年齢:小学校高学年〜中学生
中学3年間で学習する内容までを網羅し、授業の先取りや効果的な復習を叶えながら、
「話す力」「聞く力」を徹底的に鍛えます。

●オプション講座
英検講座、フォニックス学習、上級者向け日常会話など、目的に合わせた各種オプション講座をご用意しています。(一部開講準備中)
※コース詳細・受講料についてはお問い合わせください

■ヒューマンアカデミージュニアSTE”AMスクール英語教室 https://kids.athuman.com/language/
 小・中学生向けのマンツーマン・オンラインの英語教室です。文部科学省の学習指導要領に対応したオリジナルカリキュラムを使用し、「聞く」「話す」「読む」「書く」の英語の4技能をバランスよく養います。動画やアプリでのインプット学習とオンラインのマンツーマン英語学習に加えて、日本人講師のフォローがあるため、お子さまが安心して英語・英会話学習に取り組めます。2022年1月現在、全国に約400教室を展開しています。[若林1] 

 ■ヒューマンアカデミージュニアSTE”AMスクールとは https://kids.athuman.com/
 2009年に開講して以来、全国1,600教室・生徒数26,000人以上の生徒数を誇る国内シェアNo.1(2022年1月末[若林2] 時点・当社調べ)の「ロボット教室」を始め、幅広い科学の分野を横断的に体験することで子どもの探究心と将来の学習の基盤を育む「科学教室(サイエンスゲーツ)」、楽しく学べることを追求したオリジナル教材を使った「こどもプログラミング教室」、これからのAI時代を生き抜くために必要な数学力の習得を目標にした「さんすう数学教室(humath(ヒューマス))」など、「学びに驚きと感動を」をテーマにSTEAM教育を推進しています。

■【ヒューマンアカデミージュニアが提供するSTEAM教育】
 STEAM教育とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を統合的に学習する「STEM教育」に、さらにArts(教養/創造性)を統合し、各教科での学習を実社会での課題解決に生かしていくための教科横断的な教育手法。STEMの知識があるだけではなく、それを使って何かを生み出したり、問題解決につなげたりして、社会の役に立つことまでを教育目標とした考え方です。STEAM教育の根底には「自分で学び、自分で理解していく子ども」を育てるねらいがあります。
 ヒューマンアカデミージュニアのロゴは、独自に開発したスクールロゴです。ヒューマンアカデミージュニアでは、あらゆる分野でのグローバル化が進む中で、早期英語教育の重要性を提唱しています。そこでSTEAM教育の「E」にあたるEngineering(工学)に、もうひとつの「E」としてEnglish(英語)を追加し、その重要性をロゴにおいても表現しています。

■ヒューマングループについて    https://www.athuman.com/
 ヒューマングループは、教育事業を中核に、人材、介護、保育、美容、スポーツ、ITと多岐にわたる事業を展開しています。1985年の創業以来「為世為人(いせいいじん)」を経営理念に掲げ、教育を中心とする各事業を通じて、労働力不足、高齢化社会、待機児童問題など、時代とともに変化するさまざまな社会課題の解決に取り組み、独自のビジネスモデルを展開してきました。人と社会に向き合い続けてきたヒューマングループは、いま世界全体で達成すべき目標として掲げられたSDGs(持続可能な開発目標)にも積極的に取り組んでいきます。SDGsへの貢献を通じて、「為世為人」の実現を加速させ、より良い社会づくりに貢献していきます。
 


----------------会社概要----------------
ヒューマンアカデミー株式会社
●代表者:代表取締役 川上 輝之
●所在地:東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエア1階
●資本金 :1,000 万円
●URL :https://manabu.athuman.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヒューマン >
  3. ヒューマンアカデミージュニアSTE”AMスクール2022年2月より新たなサービス開始