世界の分散型温度センシング(DTS)市場ーファイバータイプ別(シングルモードファイバー、マルチモードファイバー)、動作原理別(OTDR、OFDR)、アプリケーション別、地域別ー予測2030年

SDKI Inc.は、「世界の分散型温度センシング(DTS)市場ー予測2022―2030年」新レポートを 2021年10月11日に発刊しました。この調査には、分散型温度センシング市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-111727
分散型温度センシング市場は、2022年に7,670億米ドルの市場価値から、2030年までに13,060億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に7.9%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/distributed-temperature-sensing-dts-market/111727

分散型温度センシング(DTS)市場は、すべての重要な測定ポイントを含むケーブルの長さの延長を継続的に監視するために使用されるリアルタイムの温度測定手順として定義できます。これらのシステムは、主に石油・ガス業界向けに開発されたもので、貯留層エンジニアが監視技術を改善するのを容易にします。また、これらのシステムは、圧力と温度の継続的な測定を提供します。これにより、火災と漏れを特定して、死傷者を防ぐことができます。したがって、予期しない危険から労働者と製造工場に安全を提供しており、これは分散型温度センシングの需要を増やす可能性があります。さらに、石油・ガス部門の成長または拡大の増加、労働者の安全に関する政府の政策の支援、およびスマートグリッド技術への投資の急増は、予測期間中に市場の成長を推進するいくつかの要因です。

欧州委員会(EC)が発表した2017年のスマートグリッドプロジェクトの見通しによると、この地域では約950のスマートグリッドプロジェクトが継続しており、総投資額は約54.6億米ドルです。これらの中で、324近くが多国籍企業であり、626か国が36か国の800のサイトに広がっています。これは、世界中の分散型温度センシング市場の成長の成長を強化することが期待されます。しかし、複雑な障害の検出とトラブルシューティングのプロセス、およびDTSシステムによって収集されたデータ使用率の欠如は、2022ー2030年の予測期間に分散型温度センシング市場の成長を抑制する可能性があります。

分散型温度センシング(DTS)市場セグメント

分散型温度センシング市場は、ファイバータイプ別(シングルモードファイバー、マルチモードファイバー)、動作原理別(光時間領域反射率計(OTDR)、光周波数領域リフレクトメトリー(OFDR))、アプリケーション別(石油・ガス生産、電力ケーブル監視、パイプライン監視、火災検出、環境モニタリング、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

分散型温度センシング(DTS)市場の地域概要

分散型温度センシング市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋地域は、市場シェアの点で世界の重要な地域です。これは、送電ケーブルのネットワークの拡大、とこの地域に多数の市場ベンダーが存在することに起因しています。また、アジア太平洋地域も2022ー2030年の予測期間中に最大の成長率を示すと予想されます。スマートグリッドプロジェクトの増加、と中国やインドなどの発展途上国における工業化と都市化の増加率などの要因は、アジア太平洋地域の分散型温度センシング(DTS)市場の成長に有利な成長機会を生み出します。

分散型温度センシング(DTS)市場の主要なキープレーヤー

分散型温度センシング市場の主要なキープレーヤーには、STMicroelectronics N.V.、NXP Semiconductors N.V.、Infineon Technologies AG、Qualcomm Technologies Inc.、Atmel Corporation、Texas Instruments Inc.、Robert Bosch GmbH、Johnson Controls International plc、Sony Corporation、Honeywell International Inc.などがあります。この調査には、分散型温度センシング市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-111727

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 世界の分散型温度センシング(DTS)市場ーファイバータイプ別(シングルモードファイバー、マルチモードファイバー)、動作原理別(OTDR、OFDR)、アプリケーション別、地域別ー予測2030年