アルク、セイハ英語学院の幼児コースおよび小学生コースのメイン教材開発協力

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:田中 伸明、以下アルク)は、セイハネットワーク株式会社(福岡市博多区 代表取締役:坂口 正美、以下セイハネットワーク)が運営するセイハ英語学院の幼児コースおよび小学生コースのメイン教材 “Be Ambitious” 制作において、開発協力を行いましたことをお知らせします。


30年間にわたって児童向け英語教材の開発を手掛けるアルクは、このたび、セイハネットワークが運営する英語教室「セイハ英語学院」の幼児コースおよび小学生コースのメイン教材 “Be Ambitious” において、開発協力を行いました。


本教材“Be Ambitious”は、2020年4月1日より使用開始となります。「セイハ英語学院」の目指す、よりハイレベルなコミュニケーション能力が身につく教材開発に、子ども向け英語教材開発のほか、小学校英語指導者資格(J-SHINE資格)を持つ講師の育成にもかかわるアルクの経験と実績から得られたノウハウを提供しております。
 

  • メイン教材 "Be Ambitious" について

特長:
・到達目標は「英検(R)」3級レベル
・充実した音声教材でリスニング力アップ
・豊富なリーディング素材で語彙力アップ
・自ら考え英語で発表、会話力アップ

【アルクが開発協力を行ったテキスト類と音声教材】
● Be Ambitious English Textbook "Forest" プリスクール(幼児コース:3~6歳で使用)
● Be Ambitious English Workbook "Forest" プリスクール(幼児コース:3~6歳で使用)
● Be Ambitious English Textbook "Forest" エレメンタリー A(小学生コース:小学1~3年生で使用)
● Be Ambitious English Workbook "Forest" エレメンタリー A(小学生コース:小学1~3年生で使用)
● Be Ambitious English Textbook "Forest" エレメンタリーB(小学生コース:小学4~6年生で使用)
● Be Ambitious English Workbook "Forest" エレメンタリーB(小学生コース:小学4~6年生で使用)


[セイハネットワークとは]
昭和60年3月創業、福岡市博多区に本社を置き、英語教室運営を中心に展開。主に大手ショッピングセンター内に全国で約750もの教室を持ち、約72,000人の生徒が通う人気教室「セイハ英語学院」を運営。「セイハ英語学院」は、外国人講師だけでなく、日本人講師も起用することで、新入生や小さなお子様たちにも安心感を与えるような、日本人講師だけ、外国人講師だけの欠点をカバーできるセイハネットワーク独自のティームティーチングを採用。「0歳から学べる子ども英会話教室」としても注目を集めています。
https://www.seiha.com/

[アルクとは]
アルクは1969年4月の創業以来、半世紀にわたって、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。創刊から45年を超える『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。
https://www.alc.co.jp/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルク >
  3. アルク、セイハ英語学院の幼児コースおよび小学生コースのメイン教材開発協力