Amazon、新世代「Fire HD 10」と「Fire HD 10 Plus」を発表 エンターテイメント性や、大切な人とつながること、作業の効率化を目的とした、新しい機能を追加

~Fire HD 10は、オクタコアプロセッサや、3GBのRAM、フルHDのディスプレイ、最大12時間持続のバッテリーを搭載し、microSDカード対応による最大1TBのストレージに加えてデザインをアップデートし、32GB搭載製品は15,980円(税込)で提供~

~Fire HD 10 Plusは、Fire HD 10の主な機能に加えて4GB RAMの搭載やワイヤレス充電にも対応した、パワフルな10インチのタブレット本体はソフトな触り心地のデザインを採用し、32GB搭載製品を18,980円(税込)で提供~

~新世代のFire HD 10とFire HD 10 PlusのエッセンシャルセットはMicrosoft 365 Personal (Office、Outlook、OneNote、Powerpointを含む)の1年版と取り外し可能なキーボード付きカバーがセットになって、価格は24,980円(税込)から提供~

~新たに2画面表示機能を実現インターネットで調べものをしながら動画を視聴する、ビデオ通話をしながら友人にメッセージする、資料を作成しながらKindle本を読むなど、一度に2つのアプリの操作が可能に~

Amazonは4月27日(火)、エンターテイメント性や、大切な人とのつながること、そして忙しい日々をおくる人たちの作業の効率化などを目的に設計された新世代10.1インチのフルHDタブレット、「Fire HD 10」と「Fire HD 10 Plus」を発表しました。

Amazon.com デバイス担当ヴァイス・プレジデントのケビン・キース(Kevin Keith)は、次のように述べています。「私たちのタブレットは進化し続けています。新世代のFire HD 10は、より明るく、より薄く、より軽く、さらに素早い処理を可能にするオクタコアプロセッサと50%増のメモリ、長稼働バッテリーなどを搭載し、15,980円からご提供します。また、皆様の作業の効率化をお手伝いできるよう、新しいアプリや機能、アクセサリーの追加に加え、Fire HD 10またはFire HD 10 Plus本体とMade for Amazonキーボード付きカバー、Microsoft 365 Personal 1年版をセットにした“エッセンシャルセット”のご提供も開始しました。」

Fire HD 10 / Fire HD 10 Plus 新機能の特長:
・高速かつ応答性の高い性能: Fire HD 10は、2.0 GHzのオクタコアプロセッサと3GB RAMの搭載により前世代機に比べてメモリが50%増量し、アプリの起動など、機能の処理を素早く行うことができます。また、HD10 Plusでは、2.0 GHzのオクタコアプロセッサと4GBのRAMを搭載し、エンターテイメントや、マルチタスクをより快適にご使用いただけます。
・美しいディスプレイ: 前世代機のFire HD 10 より10%明るくなった、10.1インチの1080p(1920 x 1200)フルHDディスプレイ。2メガピクセル以上の解像度で鮮明な画像や動画を実現しています。
・洗練されたデザイン: 前世代機のFire HD 10より7%薄く、8%軽くなり、強化アルミノシリケートガラスのスクリーンで持ち運びやすく、耐久性も強化しています。
・長持ちするバッテリー: 長稼働バッテリーの搭載により、ウェブで調べものをしたり、ダウンロードした動画をみたり、音楽を聴いたりする環境でも最大12時間持続することが可能です。
・大容量のストレージ: 32GBと64GBの2種から選ぶことができ、microSDカード(別売)の利用により最大1TBのストレージ容量に拡張することもできます。
・大切な人とつながる: 2メガピクセルのフロントカメラと、今回アップグレードした5メガピクセルのリアカメラを利用してビデオ通話が可能です。友人や家族などのプライベート目的や同僚などビジネス目的で、ZoomやSkype、Microsoft Teams(近日提供開始予定)を利用してビデオ通話することができます。
・作業を効率化できるアプリへのアクセス: OfficeやOneNote、Microsoft Teams、Evernote、Dropboxなどのアプリを使って、同僚とのメールやチャットの確認、ファイルの簡単な閲覧やダウンロード、買い物リストのアップデート、カレンダーのリマインドの設定が可能です。
・2画面表示機能: Facebook MessengerやPrime Videoのような2画面表示に対応している2つのアプリを同時に表示するなど、複数のタスクを並行して実行できるFire OSを搭載。映画を見ながらSNSを確認したり、メッセージを打ちながらZoom上でビデオ通話をしたり、Kindle本を読みながらOneNoteでメモを取ったりすることが可能になります。
・Dolby Atmos対応オーディオ: 動画やゲーム、ウェブコンテンツを高音質でお楽しみいただけます。内蔵スピーカーや外付けのスピーカー、もしくはBluetoothやヘッドフォンジャックで接続したヘッドフォンなどがお使いいただけます。
・Amazon Alexaのハンズフリーモード*1: いつでも話しかけるだけで日々の生活を豊かにする、Alexaを利用することが可能です。ビデオや音楽を再生したり*2、アプリを起動したり、ニュースやスポーツの結果などの情報を得たり、タブレット上に表示できる「デバイスダッシュボード」を利用してスマートホームデバイス*3を管理したりすることができます。また、タブレット上のShowモードを設定してAlexaの呼びかけ機能*4を使えば、Alexaに話しかけるだけでAlexa搭載デバイスやAlexaアプリを所有している友達とビデオ通話でつながるなど、スクリーン付きのEcho Show シリーズ同様のAlexa体験が可能になります。
・多様なコンテンツ: 映画、ドラマ、音楽、書籍、アプリ、ゲームなど、いつでもどこからでも数百万点ものコンテンツにアクセスが可能です*5。5月25日(火)までにFire HD 10を購入し、さらに6月30日(水)までにアカウント登録をしていただいたお客様に、200万冊以上の本・マンガ・雑誌・洋書を読み放題でお楽しみいただけるKindle Unlimitedが2か月分無料になるクーポンを提供します。詳細はこちら( https://www.amazon.co.jp/b?node=10286544051 )。
・好評のペアレンタルコントロール: 「Amazon Kids」アプリを利用することで、保護者はお子様のデバイス利用時間を簡単に管理し、毎日の目標や年齢フィルタ、平日と週末ごとに利用上限を設定できます。これらの設定は、デバイス上またはAmazon ペアレントダッシュボード( https://www.amazon.co.jp/b/ref=cg_FTUJP_md3_w?node=6314167051&pf_rd_m=A3P5ROKL5A1OLE&pf_rd_s=slot8&pf_rd_r=H3154VJB5ZHYTM2RJBXT&pf_rd_t=0&pf_rd_p=416ea281-ca08-4f9b-bf38-0597a44fbf87&pf_rd_i=ftu_home )で管理できます。

Fire HD 10 Plusのみに追加される特長:
・プレミアムな仕上がり: 表面をソフトな触り心地かつ、高品質さを感じさせるスレートカラー(濃い灰色)で仕上げました。
・手間のかからないワイヤレス充電スタンド: 別売りのMade for Amazon認定 Anker社製のワイヤレス充電スタンドを利用すれば、手間をかけずに充電を行うことが可能です。また、本スタンドに設置すると、タブレットのShowモードが起動し、Alexaを搭載したスマートディスプレイとして使用することが可能です。

Fire HD 10またはFire HD 10 Plusと、Made for Amazonキーボード付きカバー、Microsoft 365 Personal 1年版をセットにした「エッセンシャルセット」:
Mader for Amazonキーボード付きカバー(日本語配列): Fintie社の設計により、取り外し可能なBluetoothキーボードで、タブレットをより便利に利用することが可能です。画面の表示角度が簡単に調整できるなど、快適な入力操作を実現できます。ご家族と一緒にリラックスして映画を見たい時には、キーボードを取り外す、また、メールを確認したり、メモを取ったり、インターネットを利用したりするときなどは、取り付けるなど、マグネット式なので簡単に着脱が可能です。
・Microsoft 365 Personal 1年版: 1年間のMicrosoft 365 Personal (Office、Outlook、OneNote、Powerpointなど)オンラインコード版です。

プライム会員ならではのエンターテイメント体験:
・Prime Videoではエミー賞やゴールデングローブ賞を受賞した「Fleabag フリーバッグ」や「マーベラス・ミセス・メイゼル」、Amazonオリジナルの「星の王子 ニューヨークへ行く2」、「ザ・ボーイズ」、「バチェロレッテ・ジャパン」をはじめ数千もの受賞歴のある映画やドラマを追加費用なしでご視聴いただけます。
・Amazon Musicでは、プライム会員は200万曲の楽曲と数千ものプレイリストやステーションに広告なしでアクセスすることができます。
・Prime Readingでは、人気電子書籍の中から随時入れ替わる数百冊をお楽しみいただけます。
・Amazon Photosを使えば、容量無制限で解像度を落とさず保存できる写真ストレージとビデオやファイルの保存に使用できる5GBのストレージをご利用いただけます。
・Prime Gamingでは、無料ゲーム、ゲーム内コンテンツ、Twitchチャンネルの毎月のサブスクリプションなどをお楽しみいただけます。
・Amazon Primeの詳細は、こちら( https://www.amazon.co.jp/amazonprime?_encoding=UTF8&%2AVersion%2A=1&%2Aentries%2A=0 )をご確認ください。

購入方法と出荷開始時期、アクセサリーについて
新世代のFire HD 10はブラック、デニム、オリーブの3色展開で、価格は32GBが15,980円(税込)、64GBが19,980円(税込)です。Amazon.co.jp( https://www.amazon.co.jp/firehd10 )で本日から予約受付が開始され、出荷開始は5月26日(水)を予定しています。

また、Fire HD 10は、エディオン、ケーズデンキ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ビックカメラ、ヤマダ電機でも5月下旬より順次発売開始を予定しています*6。

“スレート”(濃い灰色)で展開するFire HD 10 Plusの価格は32GBが18,980円(税込)、64GBが22,980円(税込)です。Amazon.co.jp( https://www.amazon.co.jp/firehd10plus )で本日から予約受付が開始され、出荷開始は5月26日(水)を予定しています。

Fire HD 10 Plusで利用可能な、Made for Amazon認定を取得したAnker社製のワイヤレス充電スタンドは、5,980円(税込)、Fire HD 10 PlusとAnker社製のワイヤレス充電スタンドのセットは22,980円(税込)からご用意しています。

Fire HD 10または、Fire HD 10 Plus、Made for Amazon認定を取得したFintieのキーボード付きカバーと、1年間のMicrosoft 365 Personalのオンラインコード版をセットにした、「エッセンシャルセット」( https://www.amazon.co.jp/firehd10essential )を提供しており、価格は24,980円(税込)から購入できます。

Fire HD 10ならびにFire HD 10 Plusの両方に使用できるAmazon純正カバーは、チャコールブラック、ラベンダー、デニム、オリーブを4,780円(税込)、さらに取り外し可能な、Made for Amazonキーボード付きカバー(日本語配列)は、5,980円(税込)でご用意しています。

*1 Alexaの利用には事前の登録が必要です。
*2 現在Alexaに対応している音楽配信サービスから再生可能です。また、サービスの利用には別途登録・契約や料金が必要な場合があります。
*3 製品によっては別途接続するためのハブ(別売)が必要となる場合があります。
*4 呼びかけ機能は初期設定で無効になっています。利用するには、Alexaアプリのデバイス設定で有効化する必要があります。
*5 各サービスの利用には別途登録・契約や料金が必要な場合があります。
*6 50音順。店舗により取り扱い商品・発売日が異なる場合があります。

Amazonについて
Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom ( http://amazon-press.jp ) およびAmazon ブログ( http://blog.aboutamazon.jp )から。

 
  1. プレスリリース >
  2. アマゾンジャパン合同会社 >
  3. Amazon、新世代「Fire HD 10」と「Fire HD 10 Plus」を発表 エンターテイメント性や、大切な人とつながること、作業の効率化を目的とした、新しい機能を追加