Amazon、新世代「Fire HD 10キッズモデル」を発表 子ども向けサブスクリプションサービス「Amazon Kids+」は子どもの成長に合わせて使える新しいユーザーインターフェースとコンテンツを拡充

~新世代Fire HD 10キッズモデルは、10.1インチフルHDディスプレイと、子どもが喜ぶコンテンツを揃えたサブスクリプションサービス「Amazon Kids+」1年分*1、新しく持ち手がついた保護カバーや、2年間の限定保証がセットになって、19,980円(税込)で提供~

~Amazon Kids+では、子どもっぽさを抑えより洗練されたユーザーインターフェース(UI)を追加
音楽アプリやコンテンツを拡充するなど、より長くお使いいただける子ども向けサービスに~

Amazonは4月27日(火)、同日に発表した10.1インチフルHDディスプレイを搭載した新世代のタブレットをベースとした、新世代「Fire HD 10キッズモデル」を発表しました。新しいFireキッズモデルには、お子様の好奇心や興味を広げる数千点ものキッズ向けコンテンツが1年間使い放題で楽しめる「Amazon Kids+( https://www.amazon.co.jp/ftu/home )」と、新しく持ち手がついた保護カバー、2年間の限定保証がセットになっています。さらに、「Amazon Kids+」には、子どもの成長に伴うニーズの変化に合わせてお使いいただけるよう、新しいUIやコンテンツ、アプリなどを追加し、サービスの充実を図りました。

Fire HD 10キッズモデル
Fire HD 10キッズモデルは、10.1インチのフルHDディスプレイを搭載する新世代Fire HD 10シリーズで、32GBの内部ストレージと3GBのRAMや、5メガピクセルのリアカメラを採用しています。また、3歳~12歳のお子様を対象に、新しいカラーバリエーション(スカイブルー、アクアマリン、ラベンダー)で、持ち手がついて便利になったスタンド付きキッズカバーや、1年間使い放題で楽しめる「Amazon Kids+」、2年間の限定保証がセットになって、成長に合わせて長くお使いいただけるタブレットです。

Amazon Kids+におけるアップデート
「Amazon Kids+」は、お子様向けにAmazonのキッズ向けコンテンツチームが選んだ数千点以上もの書籍やビデオ、学習アプリ、ゲームを提供している子ども向けサブスクリプションサービスで、2019年に日本で提供を開始して以来、多くのお客様にご好評いただいております。この度、新世代のFireキッズモデルの発表に合わせ、新たにコンテンツを拡充したり、さらには年齢が上のお子様(6才~12才)を対象に、子どもっぽさを抑えより洗練されたデザインのUIをご用意するなど、長期に渡って楽しんでいただけるようサービス強化を図りました。主なサービス拡充は以下の通りです。

・コンテンツ拡充:Amazon Kids+は、良質なエンターテイメントと教育コンテンツにさらに選択肢の幅を広げ、より上の年齢のお子様にもご利用いただけるよう、コンテンツを拡充しました。お子様は、「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」、「こども六法」、「名探偵テスとミナ 消えたかんむりのなぞ」、「なぜ僕らは働くのか 君が幸せになるために考えてほしい大切なこと」、「織田信長 ―炎の生涯― 戦国武将物語 (講談社青い鳥文庫)」、「ポケモン サン&ムーン ぜんこく全キャラ大図鑑 上 (ポケットモンスターシリーズ) 」、「キャラクター超ひゃっか すみっコぐらしひみつじてん」などの本、「ことわざマスター」や「四字熟語マスター」などの学習コンテンツなど、数千点ものコンテンツの中から選択することができます。
・音楽:今回、USEN-NEXT GROUPの(株)USENにご協力頂き、オリジナル音楽アプリ「USEN Kids」をご提供頂きます。「USEN Kids」は「こどもの成長を見守り、一年中楽しめる音楽アプリ!」をコンセプトにAmazon Kids+向けに開発した、こども向けコンテンツを提供する音楽アプリです。今回のリリースにあわせて作曲家の中村由利子さん(代表作:「ノナの星」三鷹の森ジブリ美術館短編アニメーション映画『星をかった日』主題曲)、作詞家のもりちよこさん(代表作:「ケロッ!とマーチ」『ケロロ軍曹』主題歌)、歌手の井上あずみさん(代表作:君をのせて『天空の城ラピュタ』主題歌)の3名にご協力いただき、本アプリのために制作された新曲もリリースしました。音楽のほかにも、NHKの小学生のための英語講座や声優による童話の読み聞かせなど、知育コンテンツも豊富に取り揃えています。
・子どもっぽさを抑え、より洗練されたUIと使い勝手*2:見た目も使い心地も“大人っぽい”タブレットをテーマにした新しいUIが登場。さらに、新しく追加されたタブ、「おすすめ」では、新しいおすすめコンテンツを見つけやすいようにパーソナライズされた画面表示となり、「ホーム」では利用時間設定、ベットタイム設定の一覧や各コンテンツへの簡単なアクセスができるようになっています。尚、FireキッズモデルやFireタブレットをお持ちのお客様は、新UIへのアップデートをAmazonペアレントダッシュボード上から行うことが可能です。

「Amazon Kids」は、利用時間やデジタルコンテンツの管理をお子様の成長に合わせて簡単に設定することができるペアレンタルコントロールアプリです。毎日の目標や、年齢フィルタ、利用時間の制限を平日と週末ごとに、それぞれ設定することも可能です。さらに、「学習タイム」の機能を使用すると、学習目標が達成されるまでエンターテイメント系コンテンツへのアクセスをブロックすることも可能です。また、保護者が許可するアプリをAmazon Kidsへ追加することで、お子様が楽しむコンテンツの選択肢をさらに増やすことも可能です。たとえば、すでにHuluに加入しているご家庭は、保護者がHuluアプリをAmazon Kidsへ追加することで、Amazon Kidsでもお楽しみいただくことができます。これらの設定は、デバイス上またはAmazon ペアレントダッシュボード( https://www.amazon.co.jp/b/ref=s9_acss_bw_cg_FTUONB_2f1_w?node=6314167051&pf_rd_m=A3P5ROKL5A1OLE&pf_rd_s=merchandised-search-4&pf_rd_r=KWFDK2YZX00VQ677WRV5&pf_rd_t=101&pf_rd_p=d983a395-9ba6-40f6-8d18-c21f1c07f3c2&pf_rd_i=6314167051 )で管理することができます。

Amazon.com Kids & Kids+担当ジェネラル・マネージャーのカート・バイドラー(Kurt Beidler)は、次のように述べています。
「新しいFireキッズモデルを多くのお子様、そして保護者の皆様に気に入っていただけると期待しています。お子様たちは、好奇心が広がってくるとより挑戦してみたいことが多くなるので、タブレットもそれに合わせて成長する必要があると考えました。この度のAmazon Kids+のアップデートにより、お子様たちはさらに幅広いコンテンツにアクセスすることが可能になり、自由かつ、安全にコンテンツをお楽しみいただけるようになっています。そして、Amazon Kidsのペアレンタルコントロールは、お子様が成長しても安心してご利用いただけるよう、柔軟性も備え、それぞれのご家庭のスタイルに合わせたサービスをご提供します。」

購入方法と出荷開始時期
新世代のFire HD 10キッズモデルは、19,980円(税込)です。Amazon.co.jp ( https://www.amazon.co.jp/firehd10kidsmodel )で、本日から予約受付が開始され、出荷開始は5月26日(水)を予定しています。

また、Fire HD 10キッズモデルは、エディオン、ケーズデンキ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ビックカメラ、ヤマダ電機でも5月下旬より順次発売開始を予定しています*3。

FireタブレットシリーズやKindleシリーズでは、Amazonが提供するペアレンタルコントロール「Amazon Kids」を無料でご利用いただけます。数千点以上のコンテンツを提供するお子様向けサブスクリプションサービス、「Amazon Kids+」は、プライム会員のお客様は月額480円、プライム会員以外のお客様は月額980円のお支払いでお楽しみいただけます。また、Androidデバイスでは、「Amazon Kids+」のアプリをご利用いただけます。

*1 Amazon Kids+はお子様向けのオールインワンの定額サービスです。最初の1年間は追加利用料なしでお楽しみいただけます(その後有料期間へ自動更新)。Fireキッズモデルの設定時及び1年間満了後にAmazon Kids+を継続してご利用いただくにはクレジットカードの登録が必要となります。
*2 新しいUIや、タブ「おすすめ」「ホーム」などは、FireキッズモデルおよびFireタブレット向けにのみ提供されます。
*3 50音順。店舗により取り扱い商品・発売日が異なる場合があります。

Amazonについて
Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom ( http://amazon-press.jp ) およびAmazon ブログ( http://blog.aboutamazon.jp )から。

 

 
  1. プレスリリース >
  2. アマゾンジャパン合同会社 >
  3. Amazon、新世代「Fire HD 10キッズモデル」を発表 子ども向けサブスクリプションサービス「Amazon Kids+」は子どもの成長に合わせて使える新しいユーザーインターフェースとコンテンツを拡充