ご自宅のテレビとリモコンで脳のトレーニング「テレビいきいき脳体操」アプリをJ:COM LINKに搭載

JCOM株式会社(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石川 雄三)は、映像やエンターテインメントだけでなく、お客さまの生活をサポートする“次世代のテレビ体験”を提案するため、放送通信をシームレスに視聴できる4Kチューナー「J:COM LINK」に「運転技能向上トレーニング・アプリ」を搭載した「テレビいきいき脳体操」アプリを2021年11月25日より搭載いたします。これにより、「J:COM LINK」を設置しているお客さまはご家庭のテレビとリモコンで簡単に、かつテレビの大画面で効果的に、脳のトレーニングができます。昨今、高齢ドライバーによる自動車事故が社会問題化する中、本アプリを継続利用していただくことで「安全運転寿命」を延ばすことが期待できます。本取り組みを、お客さまの健康や生活サポートに資する次世代のテレビ体験の一歩として、今後も「J:COM LINK」の拡張性を生かして、サービスを深化させてまいります。

「テレビいきいき脳体操」アプリとは
脳科学研究の第一人者で、認知機能の向上や運転寿命の延命に取り組んできた国立大学法人東北大学加齢医学研究所(所在:仙台市青葉区 所長:川島 隆太教授)の川島 隆太教授の研究を元に、東北大学加齢医学研究所・仙台放送(所在:仙台市青葉区、代表取締役社長:稲木 甲二)が共同で発明・開発した「運転技能向上トレーニング」用のアプリです。これまでの効果として、1日20 分・6週間という短期間で自動車運転技能と認知力と活力が向上することを実証しています。(東北大学加齢医学研究所2019 年 5月発表研究成果より)
・搭載ゲームは6種類(運転技能ゲーム3種類、脳トレゲーム3種類)
・特許取得済み(特許 6284171 号)

 地域密着メディアとしてJ:COMでは、2020年よりMaaSの実証実験、2021年よりテレビを用いたオンライン診療サービスに取り組んでおり、人生100年時代においてお客さまが必要とする新サービスの開発を進めております。住みなれた町で、健康にいきいきと暮らす生活を実現するために、今回の「テレビいきいき脳体操」アプリを皮切りに、今後も脳体操をはじめとする多様なコンテンツの展開を加速させていきます。

デジタル時代がもたらす先進的でワクワクするあたらしいサービスが、全世代のどのお客さまにとっても難しくなく、あたりまえのようにご利用いただける未来の実現に向け、J:COMはこれからも安心、快適を支えるライフサービスを創造し、提供してまいります。

※参考資料  J:COM LINK 「テレビいきいき脳体操」アプリ搭載ゲーム

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. J:COM >
  3. ご自宅のテレビとリモコンで脳のトレーニング「テレビいきいき脳体操」アプリをJ:COM LINKに搭載