大丸松坂屋百貨店のショールーミングスペース「明日見世(asumise)」、ドコモとAI顔認証ソフトウェアによるデータ分析の実証実験を2022年1月12日(水)から開始

https://dmdepart.jp/asumise/

2021年10月に大丸東京店4階にオープンした大丸松坂屋百貨店初のショールーミングスペース「明日見世(asumise)」は、株式会社NTTドコモ(本社・東京都/以下、ドコモ)と共同でAI顔認証ソフトウェアによるデータ分析の実証実験を開始します。この実証実験により、店舗レイアウトや店舗運営の改善による顧客満足度の向上を図るとともに、出店ブランドへのフィードバック情報のさらなる向上を目指してまいります。また、同日よりキュレーションテーマと展開ブランドを変更いたします。

■AI顔認証ソフトウェアによるデータ分析の実証実験を開始

ドコモと共同でAI顔認証ソフトウェアによるデータ分析の実証実験を2022年1月12日(水)より開始いたします。今回の実証実験を通じて、「明日見世(asumise)」をご利用されるお客様の動向を理解することで、店舗レイアウトや店舗運営の改善による顧客満足度の向上を図るとともに、出店ブランドへのフィードバック情報のさらなる向上を目指してまいります。
 


本サービスは、画像認識ソリューションの開発を支援するクラウドサービス「ドコモ画像認識プラットフォーム」にRealNetworks,Inc.のAI顔認証ソフトウェア「SAFR®」を搭載しています。※「SAFR」は、RealNetworks,Inc.の登録商標です。

本サービスの特徴は、下記の通りです。
①   業界最高水準の顔認証技術
本サービスは、業界最高水準の認識精度(99.87%※1)
スピードを提供するだけでなく、複数人いる場面やメガネ・サングラス着用時、マスク着用時、表情をつくっている時、明るさが不十分といった環境下でも正しく認識することが可能です。
※1 マサチューセッツ大学が公開しているベンチマークテスト“ Labeled Faces in the Wild Wild”( LFW )より。
② 属性推定
顔認証のほか、映像から個人を特定せずに性別・年齢を推定することが可能です。
<参考>RealNetworks,Inc.について
RealNetworks,Inc.は、米国シアトルに本社を置くAIベースのテクノロジーを提供する企業です。長年培ってきた動画再生技術を元に、ディープラーニングを用いたAI顔認証ソフトウェア「SAFR」を2017年に開発し、非接触需要の増加により顔認証市場が急速に拡大する中、SAFRをコア技術とし、世界中のパートナー企業と共に社会のDX推進を加速させています。

■第2弾のテーマは「個性との出会い」

第1弾のテーマ「社会を良くするめぐりと出会う」に続き、第2弾となる2022年1月12日(水)〜4月5日(火)の期間は「私とあなたの個性と出会う」をテーマに、環境に配慮し、サステナブルな考えをもとにしたライフスタイル雑貨やファッションアイテムにくわえて、パーソナライズ・カスタムビューティーアイテムやフェムケアアイテムなど注目の19 ブランドを品揃えいたします。

 

<Laborica > 企業力を活かした髪診断によるパーソナライズヘアケアブランド<Laborica > 企業力を活かした髪診断によるパーソナライズヘアケアブランド

<KIPPU> 商業施設初 神輿のかざり金具から生まれた、古くて新しいジュエリー<KIPPU> 商業施設初 神輿のかざり金具から生まれた、古くて新しいジュエリー

<明日 わたしは柿の木にのぼる> デリケートゾーンケアが導く心地よい毎日を提案するフェムケアブランド<明日 わたしは柿の木にのぼる> デリケートゾーンケアが導く心地よい毎日を提案するフェムケアブランド

「明日見世(asumise)」では、<Social good/サステナブル、地域貢献など><Essential beauty/プロダクトのストーリーや美しさ・機能美など><Breaking stereotypes/固定観念から脱却できるような商品背景など>の 3つの選定ポイントを 満たすブランドを今後も展開してまいります。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 大丸松坂屋百貨店 >
  3. 大丸松坂屋百貨店のショールーミングスペース「明日見世(asumise)」、ドコモとAI顔認証ソフトウェアによるデータ分析の実証実験を2022年1月12日(水)から開始