2018年12月6日(木) 能楽師 松木千俊氏をお迎えして「能をあじわう会」を開催

カフェ機能をもちながらビューティーセミナーやイベントと連動するコミュニティスペース「SHISEIDO THE TABLES」(シセイドウ ザ テーブルズ)は、12月6日(木)に観世流能楽師 重要無形文化財総合指定保持者の松木千俊氏をお迎えし、2019年1月27日(日)観世能楽堂にて開催される第32回壇の会「山姥」の事前講座として「能をあじわう会」を開催いたします。


日本のみならず「能」を世界に広めるために、親しみやすいガイド役として様々なワークショップなどを開催しながら「能」の魅力を伝える活動をされている松木氏。「能楽」は約650年にわたり伝承されている古典芸能でありながら、普段中々敷居が高く、興味を感じながらも訪れる機会のなかった人も多いはずです。本会はそのようなこれまで「能」に縁のなかった方、あるいは定期的に通う楽しみをすでに知っている方も含めて、改めて松木氏の軽妙な親しみやすい語り口の解説により、その魅力を紐解くイベントです。


《「能をあじわう会」 イベント概要》
■開催日時 12月6日(木) 18:30 受付 /19:00 開始 20:30 終了  
■場所 SHISEIDO THE TABLES
    東京都中央区銀座7-8-10 SHISEIDO THE STORE 4F
■参加費
【イベント参加・チケット込み】10,000円(税抜・1月27日(日)「山姥」 於・観世能楽堂 S席チケット及びTHE TABLESオリジナルドリンク含)
又は
【イベント参加のみ】3,000円(税抜・THE TABLESオリジナルドリンク含)
※イベント代金は、SHISEIDO THE STOREメンバープログラムのカフェメニュー10%OFF優待の対象外です。  

■定員 28名  (先着順)

■語り手 観世流能楽師 重要文化財総合指定保持者 松木千俊氏

■応募受付
※11月15日(木)より受付開始 https://www.thetables.jp/events/?rt_pr=trc41


《松木千俊(まつき ちとし)氏プロフィール》

観世流能楽師 重要無形文化財総合指定保持者

1962年 観世流準職分松木福蔵の孫、同松木千冬の長男として生まれる
1966年 福蔵三回忌追善能 仕舞「老松」にて初舞台
1982年 武田志房師の元へ内弟子入門
1989年 独立を許される
2016年 一般社団法人「松の会」 設立

学習院 中等科・高等科 卒業
東京藝術大学 邦楽科 卒業

一般社団法人「松の会」 代表理事
公益社団法人「能楽協会」所属
一般社団法人「日本能楽会」所属
一般社団法人「観世会」理事
公益財団法人「武田太加志記念能楽振興財団」専務理事
坂城町特命大使(長野県埴科郡坂城町)

【松の会主催の会】
檀の会・松能会・千俊の会・松謳会・能を鑑賞する会
【松の会活動】
ワンコイン講座(毎月開催)
千葉県船橋市・印西市・東京都港区・練馬区
各種能楽講座・教室
松の会稽古場講座/千葉塾(謡曲講座)/
長野県諏訪/東京都港区/各文化センター
各学校・諸外国対象のワークショップ 他
【松の会稽古場】
東京都練馬区(松の会本部)、港区新橋、/
千葉県千葉市、習志野市、佐倉市/
長野県長野市、坂城町、諏訪市/栃木県日光市 他

《SHISEIDO THE TABLES》
2018年2月1日(木)資生堂の総合美容施設「SHISEIDO THE STORE」 (シセイドウ ザ ストア)4階にオープンしたコミュニティスペース「SHISEIDO THE TABLES」。
訪れる人が「姿・身体・心」を整えられるアーバンビューティーテンプルとして、SHISEIDO THE TABLESが独自に考えた5つの季節ごとに、本来の美しさを取り戻すためのご提案をします。 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社資生堂 >
  3. 2018年12月6日(木) 能楽師 松木千俊氏をお迎えして「能をあじわう会」を開催