コロナ禍でも子どもたちに対面で将棋を楽しむ場を!「第10回 J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会」開催!J:COM杯優勝者が決定

~全国大会の模様を「囲碁・将棋チャンネル」と「J:COM テレビ」で放送~

JCOM株式会社(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石川 雄三)、株式会社囲碁将棋チャンネル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:倉元 健児)、公益社団法人日本将棋連盟(東京都渋谷区、会長:佐藤 康光九段)は、人気漫画『3月のライオン』(白泉社刊)とコラボレーションし、小・中学生を対象とした将棋大会「第10回J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会」の全国大会を開催しました。
2021年8月から11月にかけて全国7都市で地区大会を開催し、473名の子ども棋士が参加した今大会において、各大会を勝ち抜いた16名が2021年11月27日(土) に公益社団法人日本将棋連盟の本拠である東京将棋会館で行われる全国大会に出場しました。決勝戦では、中国大会代表で広島市出身の山本和遼さん(13歳)が勝利を収め、全国大会の優勝を飾りました。

決勝戦の模様は2022年1月15日(土)20時より「囲碁・将棋チャンネル(J:COM TV 700ch)」、2022年1月23日(日)7時より、J:COMのコミュニティチャンネル「J:COMテレビ」でお楽しみいただけます。

決勝戦の対局の様子決勝戦の対局の様子

        <左から渡辺明名人、優勝者の山本和遼さん、上田初美女流四段>

「J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会」は、小中学生に将棋の楽しさを知ってもらうとともに、将来の棋士を目指す小中学生の登竜門となることを願って2012年から開催しております。広く将棋に親しんでもらう交流クラスのほか、全国大会(決勝大会)への出場をかけた全国クラスがあり、全国クラス地区大会の上位入賞者が全国大会に挑みます。(2020年、2021年は新型コロナウイルス対策の都合から、交流クラスは開催を見送っております。)
コロナ禍により、複数の子ども向け将棋イベントが中止、またはオンラインとなり、リアルでの対局の機会が減少する中、本大会は将棋を楽しむ子どもたちが緊張感を持ちつつ対局できる場を提供したいとの思いから、感染防止対策を徹底の上、全大会対面にて開催しました。

また、10回目を迎える本年は、企業理念にチャレンジを掲げるJ:COMが、同じ気持ちを持つ子供たちを応援したいとの思いから、棋士を目標とする子供たちが研鑽に励む奨励会に対し、企業としては初となる支援を開始しました。さらに奨励会から四段に昇段し棋士となった方々には、これまでの研鑽への敬意と今後の活躍を祈念し「J:COM賞」として記念品を贈呈することとしました。本大会の地方大会において贈賞式を行い、今後の大一番で着用していただくことを願って仕立券付スーツ服地を贈呈しました。

J:COMと囲碁・将棋チャンネルでは、これからも「J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会」を通じて子どもたちの夢の実現のため、楽しく学び、友情を育む機会を創出するとともに、大会を通じて将棋の普及に貢献してまいります。


<優勝者 山本和遼(かずはる)さん(13歳)のコメント>
第7回から出場してきましたが、地方大会で負け続けていたので、今回初めて全国大会に出場ができ、そして優勝することができてすごく嬉しいです。コロナ禍を経験したからこそ、対面で指せるということがありがたいことなのだなと実感しました。どの将棋も難しい局面がたくさんあって緊張をずっとしていましたが、相手と盤上で会話するような感じで対局ができて楽しかったです。渡辺名人からいただいた“自分に合った勉強法を見つけて続けることが大事”というアドバイスを実践して、将来は大人の大会に出て活躍したいです。


 

<審判長・解説 渡辺明名人からのメッセージ>
全国大会に集まった16名は強い子ばかりで、非常にレベルの高い熱戦が繰り広げられていました。最近は将棋大会の対面での開催も難しくなっていて、子どもたちにとってもオンラインではない対局の機会というのは貴重ですし、今回の出場者は対面で対局することの楽しさを感じることができたのではないかと思います。

<子どもたちへのメッセージ>
何かにチャレンジして、結果が出て、改善したり修正したりしながら夢に向かっていくという過程は将棋に限らず、どんなことにおいても大事だと思っています。何事においてもそういった過程は踏んでいくものなので、その過程を将棋に触れることで今後も培っていってほしいです。
この大会が子どもたちの健やかな成長の一助になればと思います。

決勝戦の大盤解説の模様決勝戦の大盤解説の模様

              <左から上田初美女流四段と渡辺明名人>



<大会概要>
大会名  「第10回J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会」
クラス 全国クラス:地区大会の成績上位者が全国大会に進出
地区大会 東北大会(仙台)、中国大会(広島)、九州大会(福岡)、関東大会(東京)、
東海大会(名古屋)、北海道大会(札幌)、関西大会(高槻)
全国大会 2021年11月27日(土)
会場:東京将棋会館 (決勝戦下記日時に放送)
特設サイト https://www2.myjcom.jp/special/user/event/kids-shogi/2021.shtml
アーカイブページ 第10回大会を記念し、過去の大会記録や、全国大会決勝戦の棋譜、全国大会特番映像などが確認できるアーカイブページを新設しています。是非ご覧ください。
https://www.jcom.co.jp/corporate/csr/shogi

 


<放送概要>
番組名 『第10回~J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会~』
放送予定① 2022年1月15日(土) 20:00~21:30(予定)
「囲碁・将棋チャンネル」 (J:COM TV 700ch)
放送予定② 2022年1月23日(日) 7:00~8:00(予定)
「J:COMテレビ」

「J:COM」の有料サービスの加入・未加入を問わず、
「J:COM」のネットワークが接続されている建物にお住まいであれば、
 無料でご視聴いただけます。
《チャンネル番号》 
札幌・仙台・関東エリア:10ch、関西・福岡・北九州エリア:12ch、
下関エリア:111ch、熊本エリア:11ch
※大分ケーブルテレコムのエリアでは、ご視聴いただけません
※視聴可能エリアの確認 https://www.jcom.co.jp/area_search/
詳細ページ https://www2.myjcom.jp/special/user/event/kids-shogi/2021.shtml

 


<J:COM賞贈賞式>
日程 10/10(日)   髙田明浩四段 (東海大会内)
11/23(火祝) 井田明宏四段、横山友紀四段 (関西大会内)
12/2(木)    狩山幹生四段 (関西将棋会館)

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. J:COM >
  3. コロナ禍でも子どもたちに対面で将棋を楽しむ場を!「第10回 J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会」開催!J:COM杯優勝者が決定