「CDP気候変動」で最高評価「気候変動Aリスト」に2年連続で認定(ニュースレター)

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、「CDP気候変動」において、最高評価の「気候変動Aリスト企業」に2年連続で認定されました。

【ロゴ】【ロゴ】

 CDPは、2000年に英国で発足した国際的な非営利団体です。企業や政府の温室効果ガスの排出削減や、水資源、森林保全を促進しています。運用資産総額96兆米ドルを有する525の機関投資家等と協働し、企業に環境情報を開示し管理することを促しています。
 「CDP気候変動2019」では、CDPが世界約8,400社以上の企業を対象に調査し、気候変動への対応と戦略において活動実績を8段階(A、A-、B、B-、C、C-、D、D-)で評価しています。特に優れた取り組みを行っている企業を「気候変動Aリスト」に認定しており、2019年度は179社(うち日本企業38社)が選定されました。

 今後も当社は、幅広い環境活動を通じてお客さまと共に新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指します。

■環境に関する取り組み:https://www.daiwahouse.com/sustainable/eco/
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大和ハウス工業株式会社 >
  3. 「CDP気候変動」で最高評価「気候変動Aリスト」に2年連続で認定(ニュースレター)