日本留学試験の本試験と同レベルの模擬試験を繰り返し解ける『日本留学試験模擬テスト3回分 文系編』、4月27日発売

日本留学試験本番で通用する実戦力が身につく

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:田中 伸明、以下アルク)より、新刊『日本留学試験模擬テスト3回分 文系編』のご案内を申し上げます。

日本留学試験は外国人が日本の大学に入学する際に受験する試験です。本書は、その「文系」の得点力を向上させるために、本試験と同レベルの模擬試験を3回分と、読者が無料でダウンロードできる230ページに及ぶ詳細な解説によって構成されています。

得点力向上につながる
日本留学試験の得点力を向上させるためには何が必要でしょうか。それは、「解説を熟読し、納得いくまで繰り返し解くこと」です。正解・不正解のみならず、「なぜこの選択肢なのか」「なぜその解法を用いるのか」を、解説を見ながら一つひとつ確認してください。問題を解き終えたあとこそ勉強の始まりといえるでしょう。これを実践することで、どんな問題にも対応できる力が身につくはずです。

試験対策講師陣が問題作成
これまで東京国際ビジネスカレッジ神戸校と時事日本語学院(韓国)にて、毎年共同で日本留学試験模擬試験  を実施してきました。本書はその成果を模擬試験問題集としてまとめたものです。本書の問題、解説は日本留学試験を徹底的に分析し、自ら日本留学試験対策の授業を行っている両校の講師陣が作成しました。

<商品情報>
【タイトル】日本留学試験模擬テスト3回分 文系編
【URL】https://ec.alc.co.jp/book/7020034/
【価格】3,850円(税込)
【サイズ】B5判、本冊284ページ、別冊(解答・解説・音声問題のスクリプト)68ページ  、合計352ページ
【付属商品1】本冊・別冊以外に無料でダウンロードできる解説 A5判230ページ
【付属商品2】MP3 179分(3回分の「聴解」「聴読解」試験の音声)
【ISBNコード】978-4-7574-3624-4
【著者】東京国際ビジネスカレッジ神戸校、時事日本語学院
【著者プロフィール】
東京国際ビジネスカレッジ神戸校
創志学園グループの専門学校。資格を取得し、社会で通用する人材の育成を目指す。留学生部門では、漢字圏・非漢字圏を問わず日本語能力試験(JLPT)N1合格者を多数輩出。日本留学試験(EJU)についても、日本国内の主要都市にて、時事日本語社と共同作成のオリジナル模擬試験を年2回、実施している。

時事日本語学院
1985年に創立し、2009年以降、「大韓民国代表ブランド」を7回受賞した韓国最大の日本語専門学院である。EJUの合格者数第1位、JLPTなど各種試験課程はもちろん、文法、会話、ビジネスなど、日本語学習全般のプログラムを体系的に運営、優秀な人材を輩出している。

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。創刊から45年を超える『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルク >
  3. 日本留学試験の本試験と同レベルの模擬試験を繰り返し解ける『日本留学試験模擬テスト3回分 文系編』、4月27日発売