プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社TBSラジオ
会社概要

ラジオと街歩きを掛け合わせた体験型音声サービス「Radiho(ラジホ)」プロジェクト始動

最新の音声AR技術を活用し、まるでラジオパーソナリティと一緒に街歩きをしているような特別な体験を提供

株式会社TBSラジオ

株式会社TBSラジオ(代表取締役社長:林 慎太郎、以下「TBSラジオ」という)、株式会社バスキュール(代表取締役:朴 正義、以下「バスキュール」という)は、街歩きとラジオを掛け合わせた体験型音声サービス「Radiho(ラジホ)」の共同開発プロジェクトを始動することをお知らせいたします。


Radihoは、スマートフォンのGPS機能を活用して、ユーザーが歩いている場所に応じたトークを提供する、体験型音声サービスです。ラジオパーソナリティが街を歩きながら収録した音声を、同じ場所を歩きながら聞くことで、まるでパーソナリティと一緒に街歩きをしているような特別な体験を提供します。


2024年中の一般公開を目指し、まずはTBSラジオの本社がある東京・赤坂から実証実験をスタート。TBSラジオの人気番組との連携をはじめ、将来的には、日本全国の地域の魅力を発信するサービスとなることを目指します。


昨今、ワイヤレスイヤホンの普及によって、なにかの行為を行いながら音声コンテンツを同時に楽しむ「ながら聴き」が一般化しています。この新しい聴取スタイルに注目し、「人々の日常の行為に寄り添った、新たなラジオ体験を開発できないだろうか?」という発想からスタートしたのが本プロジェクトです。Radihoは、特に日常生活で欠かせない「歩く」という行為に焦点を当て、街歩きがより楽しく、豊かになるような体験づくりに取り組んでいきます。


ラジオはこれまで、リスナーとの強い結びつきを持つパーソナルなメディアとして、人々の生活に寄り添ってきました。Radihoを通じて、音声コンテンツがますます人々の日常に溶け込み、生活に寄り添える存在となることを目指しています。


■Radihoの特徴

・いつもの景色の見え方が変わる音声体験

TBSラジオはこれまで 、音声コンテンツを通じて、リスナーのみなさまに新たな気づきや発見を提供してきました。Radihoでは、「歩く」というフィジカルな体験を組み込むことで、見えてくるものや感じられるものを更に多彩にしていきます。

位置情報に合わせたトークが自動再生されることで、歩きながら見ている景色に情報が加わり、普段何気なく歩いている街の見え方がちょっと変わる。そんな「歩いて聞けば見えてくる。」体験を生み出していきます。


・共感を生み出す、ラジオらしい”距離の近さ”のある会話

Radihoでは、通常の「街の音声ガイド」とは異なり、パーソナリティの主観的な視点に基づく知識や体験が、会話形式で紹介されます。このようなラジオらしい音声コンテンツは、パーソナリティとの距離の近さが感じられ、体験者はまるで友達からその街を紹介されているような感覚を得ることができます。これによって、体験者の街への共感を高め、つい誰かに話したくなるような体験を生み出していきます。


・リスナー参加型のコンテンツ制作

ラジオにおけるハガキやメール、SNSのように、Radihoの展開においても、リスナーが様々な形でコンテンツに参加できるような仕掛けを盛り込んでいきます。リスナーから街に関する情報を集め、リスナーと一緒に新しい生活文化を作り出し、コミュニティを盛り上げていく。そんなラジオらしいチャレンジを行っていきたいと考えています。

■最新の音声AR技術によって、シームレスで臨場感のある体験を提供

「音声AR」は、スマホで動作する専用アプリとバックエンドシステムを通じて、ユーザーの位置情報や状況に応じて音声コンテンツを提供するシステムです。バスキュールはこれまで、ドバイ国際万博の日本館での展開をはじめ、音声AR技術を用いた様々な体験開発に取り組んできました。Radihoでは、GPSの位置測位の精度を補完する独自のプログラムを開発することで、より高精度な音声AR体験を実現しています。


これまで美術館や観光地などで提供されていた音声ガイドアプリでは、特定のスポットの前で停止して音声を聞くという形式が一般的でした。一方Radihoは、最新の音声AR技術を用いることで、特定の場所だけでなく、歩いている間も周囲の景色に合わせたトークが自動的に再生されることが特徴です。これにより、ユーザーはまるでパーソナリティと一緒に歩いているような、シームレスかつ臨場感のある体験を楽しむことができます。


今後、音声ARをベースに、様々なデータやAIとの連携に取り組むことで、Radihoの体験をより豊かで革新的なものへとアップデートしていく予定です。


<今後実装を検討している機能の一例>

・曜日や時間帯、天候などの体験時の状況に応じてトークの内容を出し分けることで、より現実世界との連動性が感じられるような体験を提供

・道路の混雑状況を踏まえたルートを提供することで、人流の分散や地域の回遊性を向上

・自動翻訳AIを用いて、増加するインバウンド観光客にもRadihoの体験を提供

・対話型AIを用いて、ユーザーの音声入力に対して自然な会話やリアクションを生成


■Radihoが目指すこと

・地域の多様な魅力の発信、地域経済の活性化

Radihoを通して、地域の多様な魅力を発信することはもちろん、ラジオが有するファンコミュニティを活用した新たな人の流れを生み出し、地域経済の活性化・地方創生に繋げていきます。観光ガイドに載っているような「王道の観光ルート」だけではない、多様な道やルートを案内することで、地域の回遊性を高めると共に、オーバーツーリズムや渋滞といった社会課題の解決にも貢献したいと考えています。


・豊かな生活文化とウェルビーイングの実現

Radihoが街の多様な魅力やエピソードが発信・共有される場として盛り上がることで、地域の方のシビックプライドの醸成につながる事を期待しています。また、そうして出来上がった音声コンテンツを「歩く」という身体的な行為と合わせて体験することで、健康増進、地域の人々の出会い・交流といった現象も生み出し、心身のウェルビーイングに貢献していくと考えています。


・新たな社会価値を生み出す共創プロジェクトに

Radihoは、地域創生やウェルビーイングといった社会課題の解決や、テクノロジーを活用した新たな価値創造に取り組まれている企業・団体・クリエイターの皆様が参画できる共創プロジェクトとしての展開を見据えています。共通のビジョンを持つ多様なプレイヤーの皆様と共にRadihoを日本中に広げていくことで、社会的インパクトの創出を目指します。なお、企業のプロモーション活動やサービス・イベント開発、地域の観光PRやコミュニティ形成などを目的にRadihoをご活用いただくことも可能です。ぜひお問い合わせください。



■TBSラジオとバスキュールの共創プロジェクト

音声コンテンツの制作能力と強力なファンコミュニティを有し、新たなデジタルサービス開発に力を入れるTBSラジオと、ドバイ万博の日本館や東京の虎ノ門エリアをはじめ、XR技術を活用した新しい都市体験の開発に取り組むプロジェクトデザインスタジオバスキュール。この2社の共創プロジェクトとしてRadihoはスタートします。




■プロジェクトメンバーコメント


<TBSラジオ 代表取締役社長 林慎太郎>

Radihoプロジェクトは、日本各地の街の魅力を伝えることで観光や地域経済に活気をもたらすだけでなく、人々の生活に寄り添い新たな気づきを提供するサービスです。従来のラジオの枠を超え、新たなユーザー体験を提供できることに大きな可能性を感じています。この音声コンテンツの可能性を広げるプロジェクトに、広範な企業の方々と共に取り組むことができれば幸いです。



<バスキュール 代表取締役 朴正義>

バスキュールのXR技術へのアプローチは、人の目では見えなかったもの、聞こえなかったことを可視化&可聴化することで、新たな気づきを促し、現実世界を豊かに満喫してもらうことを目標にしています。

Radihoは、そのど真ん中にある企画です。TBSラジオさんの強力なコンテンツと掛け合わさることで、体験いただいたみなさんに「世の中は素晴らしい!生まれてよかった!」と、感度最高なチューナーを手に入れてもらえたら幸せです。




<TBSラジオ コンテンツ制作部 担当部長 橋本吉史>

ラジオは「時」を共有するメディアと言われることがあります。

生放送を通じて、みんなが同じ瞬間を生きている喜びを感じられます。

Radihoは、「場所」を共有する新しい音声メディア。

喋り手と同じ「場所」で、みんなが同じ街を歩き、生きている喜びを感じることができたらいいなと思います。

スタジオで喋って、街で聞くラジオが、「街で喋って、街で聞く」という新たなフェーズへ。音声コンテンツ新時代の到来です。



<バスキュール プロジェクトデザイナー/コミュニケーションプランナー 佐々木大輔>
現代の「ながら聞き」という聴取スタイルに注目し、「歩きながら聞くことを前提にした、ラジオ体験を開発できないだろうか?」という発想から、このプロジェクトはスタートしました。これまでも、街を歩きながら音声を楽しむという習慣はありましたが、Radihoでは、街歩きそのものが楽しくなったり、街の見え方が変わり、新たな気づきを得られるような音声コンテンツのあり方を探求していきます。この現実世界がもっと面白く、もっと愛おしく感じられるような体験を日本中に広げていけたら最高です。



■協業や取材に関するお問い合わせ

地域創生やウェルビーイングといった社会課題の解決、テクノロジーを活用した新たな価値創造、企業のプロモーション活動やサービス・イベント開発、地域の観光PRやコミュニティ形成などを目的に、Radihoプロジェクトとの協業を検討されている企業・団体さまを対象に、Radihoのデモをご案内させていただきます。ぜひお問い合わせください。


株式会社バスキュール https://bascule.co.jp/contact/


TBSラジオ tbsr-p@gr.tbs.co.jp


Radiho(ラジホ)公式サイト

https://radiho.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://www.tbsradio.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社TBSラジオ

148フォロワー

RSS
URL
http://www.tbsradio.jp
業種
サービス業
本社所在地
東京都港区赤坂5丁目3番6号 TBS放送センター内
電話番号
03-3746-1111
代表者名
林 慎太郎
上場
未上場
資本金
-
設立
2000年03月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード