仮定法の本質がわかる『キモチを伝える仮定法』(EJ新書シリーズ)、5月8日発売

著書は累計100万部を突破!大人気予備校講師の関 正生先生が教える、「仮定法」と仲良くなる方法

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:天野 智之、以下アルク)より、「EJ新書」シリーズの新刊『キモチを伝える仮定法』発売のご案内を申し上げます。

「EJ新書」シリーズは、「英語学習の、その先」を提示するWebメディア「ENGLISH JOURNAL ONLINE」(EJO)の人気連載や、学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』(EJ)の過去の特集を基にした、手軽でお得な電子書籍です。

『ENGLISH JOURNAL』から生まれた電子書籍「EJアーカイブス」に続くシリーズである「EJ新書」として今回発売されるのは、関 正生先生による『キモチを伝える仮定法』です。
https://amzn.to/2YvQZVx

これまで出講した予備校では250人教室満席、朝6時からの整理券配布、立ち見講座、1日6講座200名全講座で満席など数々の記録を残した、まさに「英語教育業界の革命児」と呼ばれる関 正生先生。

大学受験英語にとどまらず、英会話やTOEIC®など著書は累計100万部を突破した関先生に、英文法の中でも苦手に思う人も多い「仮定法」について、わかりやすく教えてもらいました。

「あの電車に乗ればよかった」「もっと背が高ければ、このスカートが似合うのに」「会議、早く終わらないかな」・・・・・・これらはすべて現実ではなく仮の話ですが、どのような英語で表現するかパッと頭に思い浮かびますか? 仮定法が苦手な人や、公式だけ覚えてはいるものの、仮定法の本質をつかめていない人は、英語の中上級者にもたくさんいるでしょう。

実は、仮定法は「話し手の気持ちを表す」ために、とても便利に使うことができます。本書では、仮定法の「基本ルール」のおさらいから、絶対に押さえておきたい基本例文まで、仮定法のすべてをご紹介。もう一度、仮定法と仲良くなる方法を一緒に考えてみませんか?

【目次】
PART 1 もう一度おさらい:仮定法の基本ルール
PART 2 実は結構見掛けている:EJ の中にある仮定法
PART 3 もしも仮定法がなかったら:仮定法の言い換え表現
PART 4 これだけは押さえたい:仮定法の基本例文25

【商品情報】
発売日:2020年5月8日(金)
価格:550円(税込)
購入可能場所:Amazon.co.jp

【著者プロフィール】
関 正生(せきまさお)
1975年、東京生まれ。埼玉県立浦和高校、慶應義塾大学文学部(英米文学専攻)卒業。TOEICテスト990点満点。リクルート運営のオンライン予備校「スタディサプリ」講師。スタディサプリでの有料受講者数は年間60万人以上。今までの予備校では、250人教室満席、朝6時からの整理券配布、立ち見講座、1日6講座200名全講座で満席など、数々の記録を残した英語教育業界の革命児。著書は『カラー改訂版世界一わかりやすい英文法の授業』(KADOKAWA)など累計100万部突破。

●EJ新書シリーズ
https://ej.alc.co.jp/ej-shinsho

●EJアーカイブスシリーズ
https://ej.alc.co.jp/ej-archives

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、半世紀にわたって、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。2021年に創刊50周年を迎える英語学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルク >
  3. 仮定法の本質がわかる『キモチを伝える仮定法』(EJ新書シリーズ)、5月8日発売