世界の遺伝毒性試験市場ー製品別(アッセイ、試薬および消耗品、サービス)、アプリケーション別(ヘルスケア産業、食品産業、化粧品産業、農業産業)、および地域別ー予測2022ー2030年

SDKI Inc.は、「世界の遺伝毒性試験市場ー予測2022ー2030年」新レポートを 2021年10月18日に発刊しました。この調査には、遺伝毒性試験市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-111553
遺伝毒性試験市場は、2022年に13.2億米ドルの市場価値から、2030年までに26.1億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に10.2%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/genetic-toxicology-testing-market/111553

遺伝子毒性学は、生物の遺伝に対する生物学的、物理的、化学的作用物質の影響を扱います。遺伝子毒性学は、デオキシリボ核酸(DNA)への損傷の毒性作用の研究です。研究開発部門では、薬剤を設計および開発するために多数の試験が実施されているため、遺伝子毒性学が極めて重要な役割を果たしています。これらのテストは、新しいワクチンや薬を発見するのに役立ちます。

創薬と開発の増加は、遺伝毒性試験市場の成長を促進します。また、医薬品の研究開発活動の増加、と医学研究への投資の増加により、遺伝毒性試験の需要が高まっています。さらに、ヘルスケア業界、化粧品業界、食品業界などのさまざまな最終用途業界での遺伝毒性試験のアプリケーションの増加は、遺伝毒性試験市場の成長を促進します。食品加工産業の成長と化粧品の需要は、遺伝毒性試験市場の成長を牽引すると予想されます。また、ヒト化動物モデルに対する世界的な需要の高まりは、遺伝毒性試験市場に有利な成長の機会を生み出します。しかし、複雑なエンドポイントを研究するための検証済みのin vitroモデルの欠如は、遺伝毒性試験市場の成長を抑制する可能性があります。

2018年のFEBEA(化粧品および香水会社のフランス貿易組織)によると、フランスには430の化粧品会社がありました。一方、国内の化粧品の国内総生産額は2016年に217.5億ドルでしたが、2017年には221.8億ドル、2018年には222.3億ドルに増加しました。イタリア化粧品産業協会のCosmeticaItaliaによると、この国には123,000の化粧品会社があり、2016年のイタリアの現地化粧品の総生産量は116億米ドルでしたが、2017年には123億米ドルに増加しました。

遺伝毒性試験市場セグメント

遺伝毒性試験市場は、製品別(アッセイ、試薬および消耗品、サービス)、アプリケーション別(ヘルスケア産業、食品産業、化粧品産業、農業産業)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

遺伝毒性試験市場の地域概要

遺伝毒性試験市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、構造ベースのドラッグデザインの開発の増加、およびゲノミクスとプロテオミクスの研究への学術および政府の投資の増加に起因しています。一方、アジア太平洋地域の遺伝毒性試験市場は、予測期間中(2022ー2030年)に最大のCAGRを登録すると予想されます。高いバイオ医薬品の研究開発費、および高度な技術の新たな採用などの要因は、アジア太平洋地域の遺伝毒性試験市場に有利な成長の機会を生み出します。

遺伝毒性試験市場の主要なキープレーヤー

遺伝毒性試験市場の主要なキープレーヤーには、Beyond Meat、Thermo Fisher Scientific, Inc.、Charles River Laboratories International, Inc.、Creative Bioarray、Laboratory Corp Of America Holdings、Jubilant Life Sciences Limited、Cyprotex PLC、Merck KGaA、Shanghai Medicilon Inc.、Eurofins Scientific、Creative Biolabsなどがあります。この調査には、遺伝毒性試験市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-111553

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 世界の遺伝毒性試験市場ー製品別(アッセイ、試薬および消耗品、サービス)、アプリケーション別(ヘルスケア産業、食品産業、化粧品産業、農業産業)、および地域別ー予測2022ー2030年