TPOで言葉も変わる、英語の距離感―『ENGLISH JOURNAL』2020年7月号、6月6日発売

「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:天野 智之、以下アルク)より、新刊『ENGLISH JOURNAL』2020年7月号のご案内を申し上げます。

■特集■
人間関係・ビジネスを円滑にする
心が伝わる英語の「距離感」

会社の上司・同僚・部下や仲のよい友達に対して「どのくらい丁寧な表現を使えばよいか」悩む人は多いのではないでしょうか。今回はその悩みを解決するために、丁寧な英語やコミュニケーションについて取り上げます。ビジネスやプライベートの場面におけるちょうどよい「距離感」の英語を身に付けることで、周りに好印象を与えられるようになりましょう。

■特別企画1■
佐久間宣行のオールナイトニッポン0(zero)タイアップ特別企画
最高のエンタメの楽しみ方

テレビの番組プロデューサーにして深夜ラジオのパーソナリティーという異色の経歴を持つ佐久間宣行さん。その多忙な生活をこなす一方で、なんと週に20時間ほども配信ドラマを見るという、かなりのエンタメ通でもあります。今回はそんな佐久間さん厳選のおすすめ配信ドラマや、時間の有効な使い方、海外と日本のエンタメに関するお話などを伺いました。

■特別企画2■
会話力を伸ばしたい人のための
英字新聞スーパー活用術

英語学習で最も取り組みやすいことの一つは、英語を「読む」こと。リーディングのコンテンツにはさまざまな種類がありますが、ここでは「英字新聞」に着目。英語学習者向けの英字新聞『The Japan Times Alpha』編集長の高橋敏之さんに、「会話力向上」に特化した学習法を教えていただきます。

■特別企画3■
スピーキング指導のプロに聞く―テストを活用した
スピーキング力アップ術

スピーキング力を伸ばすために必要な要素は多々ありますが、本企画は冨田三穂先生に、「テストの活用」にフォーカスしてアドバイスをいただきました。

■学習コーナー(インタビューのスクリプト&音声DL)
Interview 1 グレタ・トゥンベリ(環境活動家)&マイケル・ムーア(映画監督、ジャーナリスト)
Rise up, right now. 今すぐ行動を起こそう

スウェーデンのティーンエイジャー、グレタ・トゥンベリは、 地球温暖化対策を訴えて、世界中の若者や大人たちの環境意識に変革をもたらしています。Interview 1では、国連本部に招かれた彼女が無策だった大人たちを激しく叱責する演説をした数日後に、マイケル・ムーア監督と対談したときの様子をお送りします。

Interview 2 ニコライ・バーグマン(フラワーアーティスト)
人のためではなく自分のために行う「いい我慢」

彩り鮮やかな花を箱の中に直接敷き詰めた「フラワーボックス」で一躍有名となったフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマンさんのインタビューをお届けします。フラワーボックス誕生秘話や、最新著作『いい我慢』(あさ出版刊)のタイトルにある、いい我慢とは何なのかについて語ります。

<商品情報>
【タイトル】 ENGLISH JOURNAL 2020年7月号
【URL】 https://ec.alc.co.jp/book/0020071/
【価格】 1,540円(税込)
【サイズ】 B5判、164ページ
【付属商品】 音声DL約78分、ダウンロード提供あり
【雑誌コード】 01625-07

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、半世紀にわたって、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。2021年に創刊50周年を迎える英語学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/  
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルク >
  3. TPOで言葉も変わる、英語の距離感―『ENGLISH JOURNAL』2020年7月号、6月6日発売