セラミックファイバーの市場規模、2026年に33億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「セラミックファイバーの世界市場:種類別 (RCF、AESウール)・製品形態別 (ブランケット、モジュール、ボード、ペーパー)・エンドユース産業別 (石油精製・石油化学、金属、発電)・地域別 (アジア太平洋、欧州、北米、中東・アフリカ、南米) の将来予測 (2026年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を10月19日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1025619-ceramic-fiber-market-by-type-rcf-aes-wool-product.html


セラミックファイバーの市場規模は、2021年の21億米ドルからCAGR9.9%で成長し、2026年には33億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、主に精製・石油化学産業や発電産業での使用が増加していることが引き金となっています。また、人口の増加、生活水準の向上、環境に配慮した製品の使用に関する消費者の意識、技術主導型製品への高い支出力、軽量製品の需要の高まりなどの影響も受けています。セラミックファイバー市場は、地域別に、APAC(アジア太平洋)がリードしており、次いで欧州、北米となっています。

COVID-19のセラミックファイバー市場への影響

セラミックファイバー市場は、COVID-19パンデミックの影響を受けサプライチェーンが混乱し、石油精製や石油化学など消費の大半を占める業界の活動が妨げられたことにより、中程度の被害を被りました。セラミックファイバー市場は、金属加工、発電、化学、建設などの産業に大きく依存しています。

COVID-19の発生から市場は徐々に回復しているものの、化学・石油化学セクターが安定した成長軌道に戻るには、まだ時間がかかると思われます。一方、精製・石油化学製品の成長は、建設分野や発電分野よりも早く回復すると予想されます。発電部門は、公共投資に支えられ、成長の勢いは維持されると考えられます。

牽引要因:高温環境下でのセラミックファイバー断熱材の需要増加

セラミックファイバーは、熱伝導率が低く、高温に耐えることができます。また、密度が低く、熱慣性が小さいため、放熱量が少なく、省エネルギー性に優れています。また、高温下で化学的安定性に優れているため、二酸化炭素排出量の削減にも貢献します。セラミックファイバー製品は、高温用途の断熱材として、高熱の封じ込めや省エネのために使用されます。製品の形態は、ブランケット、ボード、バルクファイバー、モジュール、紙、繊維などがあります。軽量で、熱衝撃に強く、強度があるため、石油化学、鉄鋼、アルミニウム、セラミック、発電、自動車、航空宇宙、ガラスなど多くの最終用途産業で使用されています。

石油化学、鉄鋼、アルミニウム、セラミック、航空宇宙、自動車などの最終用途では、600~1,700℃の高温でプロセスが行われます。この温度域で動作可能な材料は他にはほとんど見当たりません。このような用途では、高温対策が製造コストの約40%を占めるため、最も重要なポイントとなります。このコストを削減するために、熱伝導率が低い特性を持つセラミックファイバーを使用した製品が採用されており、炉や窯の内張りなどにも使用されます。他には、キッチン用品の断熱材、火災時の延焼防止用断熱材、船舶・建造物の一般的な熱対策、ガスタービン・コンバインドサイクル発電所の排ガスボイラーの断熱材、自動車産業の触媒コンバーターや排ガス対策、セラミック産業の炉のドアライニング、煙突、キルンカーの断熱材などにも使用されています。セラミックファイバー製品は、密度、引っ張り強度、厚さ、熱伝導率などのパラメータに基づいてさまざまな寸法で製造されます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1025619-ceramic-fiber-market-by-type-rcf-aes-wool-product.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. セラミックファイバーの市場規模、2026年に33億米ドル到達予測