ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーションの市場規模、2026年に1,275億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「UCC (ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーション) の世界市場・COVID-19の影響 (~2026年):コンポーネント (タイプ (UCaaS・IPテレフォニー・ビデオ会議システム)・サービス)・産業・組織規模・展開区分・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を10月19日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1025579-unified-communication-collaboration-market-covid.html


ユニファイドコミュニケーション&コラボレーション(UCC)市場規模は、2021年の674億米ドルからCAGR13.6%で成長し、2026年には1,275億米ドルに達すると予測されています。UCC市場は、大企業と中小企業の両者からのUCaaSの需要の増加や、モビリティとBYOD(Bring Your Own Device)のトレンドの高まり、AIやMLなどの最先端技術の出現により、世界中の企業が利用するようになり、COVID-19発生以降成長を続けています。


COVID-19によるUCC市場への影響

COVID-19が発生した際、国や政府によるロックダウンが実施されたため、企業はWFH(ワークフロムホーム)モデルを採用せざるを得ませんでした。企業はワークモデルの見直しを迫られ、ビジネスを継続するためにデジタル化が優先されるようになりました。世界のUCC市場は、BYODの導入や、COVID-19の流行が続いていることによるWFH文化の高まりにより、成長が見込まれています。ICT、通信、医療、教育など、さまざまな業種の企業や中小企業が、パンデミックの間、クラウドベースのアプリケーションやサービスに関心を寄せています。COVID-19によるリモートワークの義務化は、サービスプロバイダーにとって、ソフトウェアベースのコミュニケーションを事業継続の重要な実現手段として推進し、場所を問わない容量調整やサービス提供の面でUCaaSやクラウドサービスの柔軟性を示すという、かつてない機会を生み出しました。この傾向が市場の成長を支えると予想されます。COVID-19は、企業がグループでの集まりや通勤時間などの脅威を減らす方法を模索する中で、クラウドコミュニケーションに対する需要の大幅な増加を押し上げました。このパンデミックの登場により、全従業員がリモートワークに移行し、ビデオ会議ソリューションやハードウェア製品への道が開かれました。

牽引要因:大企業中小企業からのUCaaSへの需要の増加

従業員数1人から999人までの中小企業は、UCaaSの導入に積極的です。このようなビジネスセットアップは、従来のオンプレミスのコミュニケーションソリューションから、ユーザー中心の最新のビジネスコミュニケーションアズアサービスの提供へと移行します。2019年に行われた調査によると、従業員数1,000人以上の大企業の68%、従業員数1~20人の小企業の46%が、今後2年間に何らかの形でUCを導入することを計画していました。中小企業は、専用の通信事業者やITサービス事業者への予算が非常に少ないため、可能な限り経費を合理化し、複雑な作業を減らしたいと考えています。UCaaSの成長を牽引しているのは、新興国や開拓者市場で事業を拡大している企業です。新興企業や中小企業であっても、グローバルなメガプレーヤーと競争するためには、発展途上市場でのプレゼンスを維持する必要があります。グローバルな事業展開を維持するためには、高度な社内通信システムがますます必要になっています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1025579-unified-communication-collaboration-market-covid.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーションの市場規模、2026年に1,275億米ドル到達予測