「環境コミュニケーション大賞」において殿堂入り企業に認定(ニュースレター)

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムが主催する「環境コミュニケーション大賞」において殿堂入り企業に認定されました。
 当社グループでは、ステークホルダー(お客さま、従業員、取引先、地域市民、株主等)との良好な関係構築に向け、ESG(※1)に関する網羅的な情報を掲載した報告書「サステナビリティレポート」(※2)等を発行しています。
 当社は2007年の初受賞以来、環境報告書部門等で延べ7回受賞。このうち、第21回に大賞を受賞したことから、今回初めて創設された殿堂入り企業に認定されました。
※1. 環境:Environment、社会:Social、ガバナンス:Governanceの略語のこと。
※2. CSRレポートと環境報告書を1冊にまとめた書籍として2017年度より発行。

■サステナビリティレポート2019
 https://www.daiwahouse.com/sustainable/csr/esg/csr_report/index.html

●「環境コミュニケーション大賞」
 優れた環境報告書(CSRレポートを含む)や環境経営レポートを表彰することにより、事業者等の環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、その質の向上を図ることを目的とする表彰制度です。環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムが主催で、1997年から実施され、今年で23回目となります。今回、過去に環境コミュニケーション大賞を受賞した企業8社を殿堂入り企業として初めて認定しました。

●「環境コミュニケーション大賞」受賞歴

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大和ハウス工業株式会社 >
  3. 「環境コミュニケーション大賞」において殿堂入り企業に認定(ニュースレター)