世界の心肺ストレス検査システム市場ー製品タイプ別(ストレス血圧モニター、運動テストシステム、ストレスECGなど)、エンドユーザー別および地域別ー予測2022ー2030年

SDKI Inc.が「世界の心肺ストレス検査システム市場ー予測2022ー2030年」の新調査レポートを2021年10月19日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106097
心肺ストレス検査システム市場は、2022年に534億米ドルの市場価値から、2030年までに799億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に5.90%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/global-cardiopulmonary-stress-testing-systems-market/106097

心肺ストレステストシステムにより、医師は運動中に人の肺と心臓が適切な作業状態にあることを測定できます。自転車に乗ったり、トレッドミルを歩いたりするときに消費される酸素の量は、心筋症、呼吸困難、肥大型心筋症、肺高血圧症などのさまざまな状態を評価するために使用されます。心臓弁の不均衡、不整脈などの心血管および肺疾患の有病率の上昇は、心肺ストレス検査システム市場の成長を推進する重要な要因です。また、主要なプレーヤーは、激しい競争の中で自らを維持するために、製品の発売、革新、M&Aなどの戦略に焦点を合わせています。さらに、高齢者人口の増加、狭心症や心筋梗塞などの冠状動脈疾患の有病率の増加も心肺ストレス検査システム市場の成長に貢献しています。

アメリカ心臓協会2017によると、1,265万人が虚血性心疾患を患っており、男性と女性(それぞれ6,850万人と5,790万人)でより多く見られました。また、2017年の虚血性心疾患による死亡率は、世界のほとんどの地域で一般に100,000人あたり150人でしたが、東ヨーロッパと中央アジアでは100,000人あたり280人でした。東ヨーロッパ、北アメリカおよび中東は、世界で最も高い虚血性心疾患の有病率を持っています。したがって、心肺ストレス検査システムの需要が増加しており、心肺ストレス検査システム市場の成長を支援します。しかし、厳格なFDA規制は、2022ー2030年の予測期間中に心肺ストレス検査システム市場の成長を妨げる可能性があります。

心肺ストレス検査システム市場セグメント

心肺ストレス検査システム市場は、製品タイプ別(ストレス血圧モニター、運動テストシステム、ストレスECGなど)、エンドユーザー別(病院、専門クリニック、外来手術センターなど)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

心肺ストレス検査システム市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域は、予測期間中に心肺ストレス検査システム市場で重要な地域です。これは、不整脈、心不全、虚血性心疾患、呼吸困難などの心血管障害および肺障害の有病率の上昇に起因しています。また、心肺ストレス検査システムの需要が高まる米国の心臓弁の不均衡も、心肺ストレス検査システム市場の成長を促進する主要な要因です。一方、アジア太平洋地域の心肺ストレス検査システム市場は、予測期間中に最大のCAGRを登録すると予想されます。この地域で心血管疾患と肺疾患に苦しむ患者の高い有病率は、この地域の心肺ストレス検査システム市場の成長を推進しています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
心肺ストレス検査システム市場の主要なキープレーヤー

心肺ストレス検査システム市場の主要なキープレーヤーには、MGC Diagnostics Corporation、General Electric Company、Koninklijke Philips N V、Hill-Rom Holdings Inc、OSI Systems Inc、Cosmed Srl、Cardinal Health、Care Medical Ltd、Cardiac Science Corp、Thermo Fisher Scientific Ltdなどがあります。この調査には、心肺ストレス検査システム市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106097

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 世界の心肺ストレス検査システム市場ー製品タイプ別(ストレス血圧モニター、運動テストシステム、ストレスECGなど)、エンドユーザー別および地域別ー予測2022ー2030年