基本表現の入れ替え練習で、どんどん英語が話せる『英会話日常表現活用ドリル2000+』6月29日発売

会話が弾む表現を体に染み込ませる英会話ドリルが登場

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:天野 智之、以下アルク)より、新刊『英会話日常表現活用ドリル2000+』のご案内を申し上げます。

■日常生活に絶対必要な233パターンを徹底練習
I'm just about to ~.(ちょうど~するところです)、Can I ask you to ~?(~していただけますか?)など、パターン別に日常英会話の基本表現を学びます。パターンの数は233。英語のネイティブスピーカーが、家族、友人、同僚、店員などとの会話で多用する、絶対必要、最小限のパターンです。それぞれの必須パターンのページでは、必須パターンの意味・用法を学ぶ(Step 1)⇒必須パターンを使った2往復の会話例を聞く(Step 2)⇒必須パターンを10通りに言い換えていくパターンプラクティス(Step 3)の順番に学び、定着を図ります。

■ダウンロード音声には、会話例&言い換え練習&Reviewを収録
収録時間4時間30分のダウンロード音声には、233パターンの会話例、言い換え練習とReviewを収録。付属の赤シートで書籍の言い換え練習用の英文を隠して、正解を考えた後に、音声を聞くこともできます。                                                           ■文例、基本動詞、疑問詞別に関連付けてマスター
233の必須パターンは、I'm ~.、Are you ~?などの文例、like、thinkなどの基本動詞、What ~?、Who ~?などの疑問詞別に分類されているので、その分類基準を基に、関連付けてマスターすることができます。

【目次】
Part 1. 中学レベルの実力で負担なく話すパターン
Part 2. 知ってはいるのに口から出てこないパターン
Part 3. 1日3回以上使う基本動詞を含むパターン
Part 4. 何でも尋ねることができる疑問詞のパターン
Part 5. ネイティブが駆使する高難度のパターン

<商品情報>
【タイトル】英会話日常表現活用ドリル2000+
【URL】https://ec.alc.co.jp/book/7020005/
【価格】2,200円(税込)
【サイズ】A5判、340ページ
【付属商品】音声ダウンロード付(MP3音源:約4時間30分)、赤シート
【ISBNコード】978-4-7574-3638-1
【著者】ペク・ソンヨプ
【著者プロフィール】前大学教授であり、ベストセラー作家にして実業家、教育者。
米国でジャーナリズム&コミュニケーション分野で博士の学位を取得した後、韓国へ戻り言論学の教授、ベストセ
ラー作家として20 年間をエネルギッシュに活動した。現在はインド・ニューデリーでカリ小学校(Kari Elementary School)の代表を務め、韓国ではインド料理専門店Kariを経営している。
著書:『英会話核心パターン233- 基礎編』(Gilbut Eztok)、『アメドラ英会話核心パターン233』(Gilbut Eztok)、『ビジネス英語Eメールパターン辞典』(サラムin)、『米国の20 代が最もよく使う英語BOX』(ネクサス)、『テッパンパターン500で英語をストーキングせよ』(ログイン)、「英語ライティングパターン辞典」(サラムin)他多数。

●姉妹書
『英会話日常表現大辞典10000+』
https://ec.alc.co.jp/book/7018088/

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、半世紀にわたって、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。2021年に創刊50周年を迎える英語学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルク >
  3. 基本表現の入れ替え練習で、どんどん英語が話せる『英会話日常表現活用ドリル2000+』6月29日発売