世界のナノテクノロジー市場ータイプ別(ナノデバイスおよびナノセンサー)、アプリケーション別(電子、化学製造、エネルギー、航空宇宙・防衛、ヘルスケアなど)および地域別ー予測2022ー2030年

SDKI Inc.は、「世界のナノテクノロジー市場ー予測2022ー2030年」新レポートを 2021年10月19日に発刊しました。この調査には、ナノテクノロジー市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106101
ナノテクノロジー市場は、2022年に1,423.5百万米ドルの市場価値から、2030年までに2,863.6百万米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に10.50%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/global-nanotechnology-market/106101

ナノサイエンスとナノテクノロジーは、生物医学、化学、力学、材料科学などのすべての科学分野に応用できるデバイスとナノ粒子の研究です。また、ナノテクノロジーは大きな影響を及ぼし、医療、エネルギー、輸送、材料と製造、消費者製品を含むさまざまな産業分野にわたって革新的で有益なテクノロジーとして機能しました。キープレーヤーは、激しい競争の中で自らを維持するために、製品の発売、革新、M&Aなどの戦略に焦点を合わせています。ナノテクノロジー市場の成長は、医療診断と画像処理におけるナノテクノロジーの採用の増加、およびナノテクノロジーデバイスの技術的進歩に起因しています。

また、政府の支援と研究開発資金の増加、およびセルフパワーのナノテクノロジーデバイスの出現は、市場の成長を促進すると予想されます。さらに、半導体製造会社は、高度な集積回路を製造するために高度な技術を採用する最前線にいます。小型化の絶え間ない必要性、およびさまざまな半導体および電子デバイスの性能と設計を改善するための需要は、市場の成長を推進するいくつかの主要な要因です。National Science and Technology Councilが発表したように、2017会計年度のNational Nanotechnology Initiativeの予算案は、ナノスケール現象に関する米国の理解、と国の優先事項に対応するナノスケールシステムおよびデバイスを設計するNationの能力を引き続き前進させます。

しかし、極端な気象条件でのナノテクデバイスの展開に関する問題、および技術の高コストは、2022ー2030年の予測期間中にナノテクノロジー市場の成長を妨げる可能性があります。

モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、5G(第5世代セルラーテクノロジー)、ロボット工学、仮想現実と拡張現実、クラウドコンピューティングなどの継続的な技術の進歩は、市場の成長の主要な貢献者です。また、これらの革新的なテクノロジーが世界中のビジネスとサービスのほぼすべての部分に与える顕著な影響も、市場の成長に貢献しています。国連貿易開発会議(UNCTAD)の分析によると、5G市場は2018年に608百万米ドルを占めており、さらに2770億米ドルを占めると推定されています。5Gの仕事の数が最も多いのは中国(950万人)で、米国(340万人)と日本(210万人)に続くと推定されています。UNCTADによる他の分析では、日本のICT財輸出(総財輸出の%)は2019年に8%を占めました。同様に、同じ年に米国が8.7%を占めており、ドイツが4.9%、英国が4%、フランスが3.8%と続きました。この成長は、予測期間中に市場の成長を後押しすると推定されます。

ナノテクノロジー市場セグメント

ナノテクノロジー市場は、タイプ別(ナノデバイスおよびナノセンサー)、アプリケーション別(電子、化学製造、エネルギー、航空宇宙・防衛、ヘルスケアなど)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

ナノテクノロジー市場の地域概要

ナノテクノロジー市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

ヨーロッパ地域は、ナノテクノロジーや再生医療などの分野の拡大による現代医学の革命により、主要な地域です。また、ヨーロッパ中のさまざまな国の政府がナノテクノロジーを開発するために企業とパートナーシップを結んでいることにより、この地域のナノテクノロジー市場の成長が牽引されます。一方、アジア太平洋地域のナノテクノロジー市場は、2022ー2030年の予測期間中に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されています。

ナノテクノロジー市場の主要なキープレーヤー

ナノテクノロジー市場の主要なキープレーヤーには、Altairnano、Applied Nanotechsa、Advanced Nano Products、Bruker Corporation、Biosensors International Inc、eSpin Technology、Imina Technology、Kleindiek Nanotechnik GmbH、Nanonics Imaging Ltd、Thermofisher Scientific Inc.などがあります。この調査には、ナノテクノロジー市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106101

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 世界のナノテクノロジー市場ータイプ別(ナノデバイスおよびナノセンサー)、アプリケーション別(電子、化学製造、エネルギー、航空宇宙・防衛、ヘルスケアなど)および地域別ー予測2022ー2030年