世界のスマートポール市場ーオファリング別(コンポーネント、ソフトウェアおよびサービス)、アプリケーション別(高速道路と道路、公共の場所と鉄道および港)、設置タイプ別、および地域別ー予測2030年

SDKI Inc.は、「世界のスマートポール市場ー予測2022ー2030年」新レポートを 2021年10月21日に発刊しました。この調査には、スマートポール市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-91707
スマートポール市場は、2022年に122.4億米ドルの市場価値から、2030年までに438.3億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に19.99%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/global-smart-pole-market/91707

スマートポールはインテリジェント街灯柱とも呼ばれ、Wi-Fi、Bluetooth、充電器ポイント、その他多くの機能を含む、照明以外の多くの機能で構成されています。スマートポールを実装する主な要因は、路上でWeb接続を提供することにより、外出中の人々により良い体験を提供することです。世界中のスマートシティに関する政府のイニシアチブの急速な成長により、世界中のスマートポールの需要が高まっています。2015年、インド政府は、全国のスマートシティを開発するための全国スマートシティミッションを立ち上げました。ミッションは、2019ー2023年の間に完了する期限で、インドの100のスマートシティの開発を目指しました。また、欧州委員会は、スマートシティとコミュニティのイニシアチブに関する欧州のイノベーションパートナーシップを取り入れました。

ポールの場所からオペレーターの場所への情報の収集と送信に役立つ電子機器、ソフトウェアコントロール、センサーを統合するスマートポールの機能は、スマートポールの需要を世界的に推進する主な要因です。スマートポールは、人々の繁栄を高めるために、省エネパラメータにも大きく採用されています。また、ビジネス自動化の要件の改善は、世界中でスマートポールの展開を増やすことに貢献しています。これらの要因は、予測期間中にスマートポール市場の成長を推進しています。しかし、従来のポールと比較して高い初期費用は、スマートポール市場の成長を妨げる可能性があります。

VR / AR(仮想現実/拡張現実)人工知能(AI)、5G、IoT、クラウドコンピューティングなどの技術的進歩の高まりは、市場の成長を推進している注目すべき要因です。国連貿易開発会議(UNCTAD)によると、世界で84億のIoTデバイスがあり、IoT市場は2018年に1,300億米ドルを占めており、2025年までに1.5兆米ドルを獲得すると推定されています。また、2019年の世界のICT輸出(総輸出に占める割合)は11.536であり、米国が8.7%を占めており、日本が8%の割合でそれに続きました。さらに、世界のアクティブなインターネットユーザーの増加は、世界人口の約60%に達しており、市場の成長をさらに促進しています。2020年12月末までに、世界中のアクティブなインターネットユーザーの総数は約43億人になりました。これらの要因は、さらに、市場のプレーヤーに有利なビジネス機会を生み出すと予測されており、今後数年間で市場の成長を後押しするとさらに予想されます。

スマートポール市場セグメント

スマートポール市場は、オファリング別(コンポーネント、ソフトウェアおよびサービス)、アプリケーション別(高速道路と道路、公共の場所と鉄道および港)、設置タイプ別(新規設置および改造設置)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

設置タイプに基づいて、市場は新規設置および改造設置に分割されます。改造設置セグメントは最大の市場シェアを保持しており、予測期間中に最大のCAGRを目撃すると推定されます。この成長は、デジタルサイネージ、Wi-Fiホットスポット、セキュリティカメラ、および環境監視システムを既存の電柱に設置するためにさまざまな政府が追求しているスマートシティイニシアチブに起因しています。

スマートポール市場の地域概要

スマートポール市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、高度なテクノロジーとスマートインフラストラクチャの急速な成長に起因しています。一方、アジア太平洋地域のスマートポール市場は、2022ー2030年の予測期間中に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されます。スマートシティに関する政府のイニシアチブなどの要因は、アジア太平洋地域のスマートポール市場に有利な成長の機会を生み出します。

スマートポール市場の主要なキープレーヤー

スマートポール市場の主要なキープレーヤーには、Philips Lighting Holding B.V.、General Electric Company、Hubbell Incorporated、Cree, Inc.、Eaton Corporation PLC、Acuity Brands, Inc.、Zumtobel Group AG、Syska LED Lights Private Limited、Virtual Extension Ltd.、Mobile Pro Systemsなどがあります。この調査には、スマートポール市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-91707

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 世界のスマートポール市場ーオファリング別(コンポーネント、ソフトウェアおよびサービス)、アプリケーション別(高速道路と道路、公共の場所と鉄道および港)、設置タイプ別、および地域別ー予測2030年