「谷口ジローコレクション」第1期全10巻、10月29日より発刊決定! 日本が世界に誇る『孤独のグルメ』著者初の本格選集!!

小学館・双葉社共同企画 第1回配本『父の暦』、『「坊っちゃん」の時代』

谷口ジローの世界を堪能でき、新発見できる「究極の決定版」が登場!


このたび小学館と双葉社は、共同企画として、漫画家・谷口ジロー氏の国内初となる本格選集を出版することとなりました。「谷口ジローコレクション」と題し、2021年10月から2022年2月までの5か月間にわたり、毎月2冊ずつ、合計10巻を第1期として刊行して参ります。

谷口氏の作品は欧米を中心に、1990年代以降高い評価を得ており、2021年6月にも、代表作『父の暦』が米アイズナー賞の最優秀アジア作品賞にノミネートされるなど、2017年2月の没後もその作品は高く評価される状況が続いています。

一方で、近年は国内でもその作品群に対し、再評価の機運が高まりつつあります。2012年から放送がスタートしたテレビドラマ『孤独のグルメ』(テレビ東京系)は、2021年までに合計8シリーズが放送されるなど、ゆるぎない人気を獲得しています。また、昨年は代表作の一つ『歩くひと』がNHKでドラマ化され(主演:井浦新)、大好評を博しました。現在も再放送が続いているほか、放送に合わせて刊行された『歩くひと 完全版』はたびたび重版をしています。そして、来る10月16日(土)より世田谷区の世田谷文学館で過去最大規模の原画展「描くひと 谷口ジロー展」が開幕いたします(~2022年2月27日)。展覧会はその後、地方巡回も予定しております。

これらの盛り上がりを受け、谷口ジロー氏の代表作を原稿から新たにスキャンし、雑誌掲載時と同じ、B5サイズの大判で刊行するのが「谷口ジローコレクション」(第Ⅰ期全10巻)です。

 
  • 【刊行ラインナップについて】
第Ⅰ期全10巻は、小学館と双葉社から毎月各1冊の計2冊を、2021年10月~2022年2月の5か月にわたって刊行して参ります。刊行ラインナップは以下の通りです。

2021年10月29日頃発売
・『父の暦』(小学館)
・『「坊ちゃん」の時代』(双葉社)


2021年11月30日頃発売
・『遥かな町へ』(小学館)
・『秋の舞姫』「坊っちゃん」の時代 第二部(双葉社)

2021年12月28日頃発売
・『冬の動物園』(小学館)
・『かの蒼空に』「坊ちゃん」の時代 第三部(双葉社)

2022年1月28日頃発売
・『欅の木』(原作:内海隆一郎、小学館)
・『明治流星雨』「坊ちゃん」の時代 第四部(双葉社)

2022年2月28日頃発売
・『青の戦士』(原作:狩撫麻礼、小学館)
・『不機嫌亭漱石』「坊ちゃん」の時代 第五部(双葉社)*『「坊ちゃん」の時代』はすべて関川夏央氏との共作

 
  • 【本書の5大特長】
本書は「谷口ジローの決定版選集」という位置づけの下、以下を5大特長として刊行いたします。

その1
雑誌掲載時と同じB5サイズの大判で刊行

今回、「ビッグコミック」や「漫画アクション」等の雑誌掲載時と同じ、B5サイズの大判で刊行いたします。2020年に同じくB5サイズで刊行した『歩くひと 完全版』(小学館)では「作品が迫ってくるような圧倒的なインパクトがあった」「これまでの小さなサイズの単行本では気づけなかった細部の工夫を堪能できた」といったご好評の声をいただきました。谷口氏は原稿を執筆する際、B5サイズになることを想定して描いていたこともあり、本シリーズでは著者の意図に近い形で、作品をお楽しみいただけます。

その2
原稿はすべて最新のスキャナーで取り込み、新規製版

今回、現存する原稿をすべてスキャンし直し、セリフなどの文字も打ち直しました。これまでの単行本よりも、描線一本一本がくっきりと、スクリーントーンの重ね技もより克明に見えるようになりました。また、薄墨やホワイトなどを用いたページについては、より高精度にスキャンし、原画上での表現を極力再現する工夫を行っています。

▲『父の暦』カラー画稿

その3
カラーページを完全収録。初収録となる画稿も。

雑誌掲載時に4色カラー、2色カラーで掲載されたページについては、すべて4色印刷で収録いたします。第1回配本の『父の暦』では、2色カラーページを単行本で初再現するほか、単行本ではトリミング掲載された鳥取大火の画稿の全貌を、改めて口絵として掲載いたします。

その4
限定特典として毎巻、別冊小冊子付き。豪華執筆陣による書き下ろし原稿と、未発表ラフなどを掲載。

毎巻、別冊小冊子『「紙」が語ること―谷口ジローの世界』を封入。谷口ジローの世界をより楽しむための評論、エッセイを掲載していきます。
第1回配本、『父の暦』には関川夏央氏の連載評論「谷口ジローとの歳月」第1回と、柴崎友香氏(小説家)のエッセイ「故郷と記憶、過去との距離」を掲載。『「坊ちゃん」の時代』には、ブノワ・ペータース氏の連載評論「谷口ジロー 普遍的な漫画家」第1回と、中島かずき氏(脚本家)「谷口ジローと出会った頃」を掲載します。以降も毎巻、豪華執筆陣による書き下ろしを準備していますので、ご期待ください。
また、谷口氏が新作の構想を練る上で描いた未発表のラフスケッチ等も、毎回数点掲載予定です。

その5
ハードカバーの豪華美麗装幀ながら開きやすい製本、読みやすい用紙を採用。

本書は愛蔵版でありながらも、読みやすさにこだわっています。喉元までしっかりと開く製本に、しなやかな用紙を採用することで、作品世界に没頭できる造本を目指しました。

谷口ジローの世界を堪能でき、新発見できる「究極の決定版」が登場します。ご期待ください。

 
  • 「谷口ジローコレクション」第1回配本2点・書誌情報】

谷口ジロー『父の暦』
定価:3,000円(税込)
2021年10月29日頃発売
発行:小学館
判型:B5判ハードカバー 全280P/シュリンク出荷
ISBN: 978-4-09-179365-2
 

関川夏央 谷口ジロー『「坊ちゃん」の時代』
予価:3,000円(税込)
2021年10月29日頃発売
発行:双葉社
判型:B5判ハードカバー 全256P/シュリンク出荷
ISBN: 978-4-575-31666-7

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小学館 >
  3. 「谷口ジローコレクション」第1期全10巻、10月29日より発刊決定! 日本が世界に誇る『孤独のグルメ』著者初の本格選集!!