子どもの権利条約採択30周年、みんなで子どもの権利条約のアイコンを選ぼう!【プレスリリース】

ユニセフ オンラインアンケート 6月14日まで 

2019年、子どもの権利条約は採択から30周年を迎えます。ユニセフ(国連児童基金)は、この機会に、さらに多くの子どもたちに条約について知って、考えてもらえるよう、世界中で、それぞれの条文に適したアイコンを選ぶための、オンラインアンケートを実施しています。

©日本ユニセフ協会©日本ユニセフ協会

【2019年5月24 日 東京発】
子どもの権利条約(児童の権利に関する条約)は、1989年11月20日に国連で採択され、本年30周年を迎えます。現在では、この条約の締約国・地域は196に上り、世界でもっとも広く受け入れられている条約の一つです。この30年の間に、多くの国が子どもに関する法律や政策を改め予算を増やし、多くの子どもが学校に通えるようになり、5歳未満で命を落とす子どもの数は半減。性的搾取等の課題に国際社会が一丸となって取り組む原動力となるなど、条約は世界の子どもの状況の改善に、大きな役割を果たして来ました。しかし、多くの子どもがいまだに貧困や差別の中に生き、暴力や紛争に苦しみ、また、インターネットがもたらすリスクや移民難民の問題など、新たな課題も生まれています。

ユニセフは、子どもの権利条約の中で、条約の実施に関する役割を与えられている機関です。世界中ですべての子どもが、同条約で保障された権利を享受できるよう活動しています。条約採択30周年の今年、ユニセフはあらためて、子どもの権利の実現のための取り組みを加速させるよう呼びかけています。

 「みんなで子どもの権利条約のアイコンを選ぼう!」アンケートは、日本語を含む11の言語に翻訳され、世界各国で同時に行われています。本アンケートで選ばれたアイコンは、今後ユニセフが子どもの権利条約について発信する様々な場面で使われます。報道機関の皆さまにおかれては、子どもの権利条約についてあらためて考えていただく機会として、是非、本アンケートの告知、参加の呼びかけにご協力いただけますようお願いいたします。アンケートは、子どもだけではなく、どなたでもご参加いただけます。

 「みんなで子どもの権利条約のアイコンを選ぼう!」
ユニセフ・オンラインアンケート
 
  • アンケート(日本語)URL : https://jp.surveymonkey.com/r/CRCiconsJP
  •  回答締め切り : 6月14日(金)
  • アンケート概要 : 「子どもの権利条約」の条文それぞれに3つの候補アイコンが提示されています。その中から、条文の内容を最もよく表していると思うものを1つ選んでクリックします。すべてに回答いただかなくてもかまいません。


■   ご参考: 子どもの権利条約(児童の権利に関する条約)について
* * *

■ ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子どもたちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動しています。(www.unicef.org)
※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する34の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの任意拠出金で支えられています

■ 日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国34の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 (www.unicef.or.jp)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人日本ユニセフ協会 >
  3. 子どもの権利条約採択30周年、みんなで子どもの権利条約のアイコンを選ぼう!【プレスリリース】