世界のスマートファクトリー市場ーソリューション別(DCS、PLC、MES、ERP、SCADA、PAM、HMI、PLM)、コンポーネント別、産業別、および地域別ー予測2022ー2030年

SDKI Inc.が「世界のスマートファクトリー市場ー予測2022ー2030年」の新調査レポートを2021年10月27日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-91644
スマートファクトリー市場は、2022年に1,851.7億米ドルの市場価値から、2030年までに3,553.7億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に9.76%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-smart-factory-market/42

スマートファクトリーは、サイバーフィジカル構造を備えた自動化されたプラントであり、工場のフロア内で商品をすばやく移動できます。この高度なデバイスには、自動化のソリューションを提供するコンピューティングコードが組み込まれています。この自動化は60日以内に実装でき、生産施設を通る材料の流れを合理化および監視します。スマートファクトリーは、高速使用データモデル、と工場固有のMES(製造実行システム)テンプレートを提供します。

スマートファクトリー市場の成長は、産業用IoT(IIoT)、ビジネス革命、エネルギー管理の重要性、リソースの利用、およびコスト削減によって推進されています。また、産業用ロボットの需要の高まり、リアルタイムのデータ分析の増加、可視性の向上、および予知保全も、予測期間中にスマートファクトリー市場の成長を促進するいくつかの要因です。世界のスマートファクトリー市場の主要なプレーヤーは、製品の発売、合併と買収、パートナーシップと合意、投資、資金調達などを含む競争上の優位性を獲得するためにさまざまな戦略を採用しています。2018年5月に、シュナイダーエレクトリックはTemasekと共同で、Larsen&Toubroの電気およびオートメーション事業を買収し、インドの低電圧および産業オートメーション製品事業と統合することに合意しました。しかし、多額の設備投資の必要性、およびサイバーフィジカルデバイスのセキュリティに関連するリスクは、2022ー2030年の予測期間中にスマートファクトリー市場の成長を妨げる可能性があります。

スマートファクトリー市場セグメント

スマートファクトリー市場は、ソリューション別(DCS、PLC、MES、ERP、SCADA、PAM、HMI、PLM)、コンポーネント別(センサー、産業用ロボット、マシンビジョンシステム、産業用3D印刷)、産業別(プロセス産業、ディスクリート産業)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

スマートファクトリー市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域は、市場規模の点で世界をリードする地域です。リアルタイムデータ分析の増加、可視性の向上、および予知保全は、この地域のスマートファクトリー市場の成長を推進する主要な要因です。一方、アジア太平洋地域のスマートファクトリー市場は、2022ー2030年の予測期間中に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されます。インダストリアルIoT(IIoT)、ビジネス革命、エネルギー管理の重要性、リソース使用率、コスト削減などの要因がスマートファクトリー市場の成長を推進しています。また、産業用ロボットの需要の高まりは、アジア太平洋地域のスマートファクトリー市場に有利な成長の機会を生み出します。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
スマートファクトリー市場の主要なキープレーヤー

スマートファクトリー市場の主要なキープレーヤーには、Siemens AG、General Electric、ABB、Rockwell Automation、Schneider Electric、Honeywell International、FANUC、Mitsubishi Electric、Emerson Electric、Yokogawa Electricなどがあります。この調査には、スマートファクトリー市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-91644

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 世界のスマートファクトリー市場ーソリューション別(DCS、PLC、MES、ERP、SCADA、PAM、HMI、PLM)、コンポーネント別、産業別、および地域別ー予測2022ー2030年