「容量市場、需給調整市場の議論を踏まえた電力ビジネス」と題して、エナジープールジャパン(株) 代表取締役社長 市村 健氏によるセミナーを7月12日(月)SSKセミナールームにて開催!!

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏 以下SSK)は、2021年7月12日(月)にSSKセミナールーム(港区)にて下記セミナーを開催します。

───────────────────────────────
■会場受講
■ライブ配信
■アーカイブ配信(2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴可)
───────────────────────────────
[テーマ]
容量市場、需給調整市場の議論を踏まえた電力ビジネス
-今冬の電力需給逼迫とテキサス電力危機・計画停電の比較で見えるものとは?
-エネ庁及び広域機関の審議会委員が事例を踏まえわかりやすく解説
[セミナー詳細]
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21267

[講 師]
エナジープールジャパン株式会社 代表取締役社長
資源エネルギー庁ERAB検討会 委員
電力広域的運営推進機関・調整力及び需給バランス評価等に関する委員会 委員
電力広域的運営推進機関・需給調整市場検討小委員会 委員
市村 健 氏

[日 時]
2021年7月12日(月) 午後2時~4時

[会 場]
SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

[重点講義内容]
今冬の電力需給逼迫は、今後のエネルギー政策、特にエネルギー
安全保障の観点で警鐘を鳴らしました。同時期に発生した米国
テキサス州での電力危機・計画停電との比較において検証を行うと
共に、先の資源エネルギー庁審議会の論議で見えてきた今後の
エネルギー政策の方向性を紐解きます。
更に、昨年度に第一回目のオークションを実施した容量市場の
最新動向、特に安定供給の遵守と約定価格の適正なバランスを見据えた
容量市場抜本見直しの方向性を解説すると共に、4月より
三次調整力(2)の取引が開始された需給調整市場の現状と課題、
及び将来性を、両市場での役割が期待されるアグリゲーターの
在り方を踏まえ、資源エネルギー庁及び電力広域的運営推進機関で
審議会委員を務める講師により、実務事例を踏まえて解説します。

1. そもそも論:電気事業とはどうあるべきなのか
2. 今冬の需給逼迫とテキサス大停電について
3. なぜ容量市場・需給調整市場が必要なのか
4. 容量市場・需給調整市場後の電気事業における3つの価値
5. 日本における容量市場の本質的意義
6. 初回オークション(2020年度開催)の分析
7. 2025年度向け制度見直しの最新動向
8. 需給調整市場の重要ポイント
9. 取引が始まった三次調整力(2)の現状と課題
10.両市場で重要な役割を果たし得る
アグリゲーターと再エネ主力電源化の将来像
11.質疑応答/名刺交換
 


【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@ssk21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: https://www.ssk21.co.jp/

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、
創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する
情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 新社会システム総合研究所 >
  3. 「容量市場、需給調整市場の議論を踏まえた電力ビジネス」と題して、エナジープールジャパン(株) 代表取締役社長 市村 健氏によるセミナーを7月12日(月)SSKセミナールームにて開催!!