配送用ドローン、コスト効率の高い持続可能な輸送手段として注目

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「配送用ドローンの世界市場 - 市場・技術の予測 (2029年まで):地域別・種類別・重量別・エンドユーザー別の市場予測、市場/技術の概要、国別分析、シナリオ予測、主要企業」(Market Forecast)の販売を10月21日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mfor1024518-global-package-drones-market-technology-forecast.html


大幅なコスト削減の可能性を秘める配送用ドローン
配送用ドローンは、書籍、医薬品、食品などの小型商品を手間なく配送するために使用されます。道路輸送に代わるコスト効率の高い輸送手段であり、内燃機関の自動車やバンの場合には二酸化炭素排出量も少なくなります。この技術の利用は、既存の輸送手段に代わる持続可能な手段として注目されています。FedEx、Zipline、Amazonなどの企業がすでにこの技術の利用を開始しています。

Amazonは2013年に、宅配用ドローンの研究開発プロジェクトを発表しました。重さ5ポンドまでの荷物を、注文から30分以内に配達するというものです。Amazonは、米国、英国、オーストリア、フランス、イスラエルなどにあるPrime Air Development Centerで、このプラットフォームの開発とテストを行ってきました。

AmazonのUAVには、全自動の障害物認識技術を備えたナビゲーションシステムが搭載されています。この技術は、UAVがたどる経路上の潜在的な危険を検知するのに役立ちます。また、この技術によって得られた環境景観は、ドローンの軌跡を描くために使用されます。UAVは、安全な配達区域と危険な区域を区別するために、小型のヘリポートを利用します。

ドローンによる配送に初めて成功したのは、2016年、イギリスのケンブリッジシャー州でした。Amazonの地上型モバイルドローンのフルフィルメントとメンテナンスキャリアは、2017年に特許を取得しました。2019年には、MARSカンファレンスでPrime Air Drone Designが発表されました。2020年には、AmazonはPrime Air Delivery Dronesを運用して顧客への配達を行うためのFAAの承認を得ました。

FedExも配送用ドローンを配送に活用している企業です。FedExによると、米国の電子商取引市場は、2026年までに1億米ドルの規模に成長すると予想されています。同社は、荷物の配達が着実に居住地に近づいていると述べています。2021年、FedExは、ドローンによるFMCG(Fast-moving consumer goods)の消費者への配送を開始しました。FedEx Expressは、カリフォルニア州のテクノロジー企業であるWingと提携しました。Wingは、米国、フィンランド、オーストラリアなどでドローンを運用しています。今回の提携は、米国運輸省が開始した統合パイロットプログラムの一環として行われました。これまでに、歯磨き粉や消耗品、キャンドルなどの商品が、8万回の試験運用を経て消費者に届けられました。これらの商品は約22の小売店から購入されました。Wingは、Walgreensなどの他のフランチャイズと積極的に提携しています。同社はこの提携により、ドア・ツー・ドアで薬の配達も行っています。

オーストラリアも配送用ドローンの潜在的な市場です。この技術を利用することで、この地域の小売売上高は4億米ドル増加する可能性があります。消費者は、従来の輸送手段の代わりにドローンを利用することで、配送コストを約6,000万米ドル削減することができます。さらに、商用ドローンは、世界中の二酸化炭素排出量をわずかに削減することができます。Wingによると、ドローン技術によって、2030年までにオーストラリア国内で約10万トンのCO2を削減できるとのことです。

小売市場の経済成長は、この分野の重要な推進力のひとつです。さらに、小売業者の間では、売上向上のためにパートナーシップや実験が行われており、これが市場の拡大を支えていると考えられます。また、配送用ドローンのリアルタイムなトレーサビリティーなどの要因も、小売業の売上を増加させる要因として期待されています。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mfor1024518-global-package-drones-market-technology-forecast.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. 配送用ドローン、コスト効率の高い持続可能な輸送手段として注目