デジタルハリウッド大学大学院 クリエイターの作業を革新する最新型入力デバイス『O2』を開発する修了生ベンチャー「BRAIN MAGIC」と資本業務提携 

10月25日よりクラウドファンディングにて『O2』のテスト販売を開始

デジタルハリウッド株式会社は、デジタルハリウッド大学大学院発ハード系ベンチャーの株式会社BRAIN MAGICと資本業務提携を行い、ブレインマジックが開発したクリエイター向け最新型入力デバイス「O2」を共同で販売していくこととなりました。
「O2」は、従来クリエイターがキーボードのショートカットキーやUIで行なっていた煩わしい操作を最適化し、作業を加速してくれる未来の左手デバイスです。
10月25日午前10時より、「Makuake」にてクラウドファンディングを開始します。
 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社は、本大学院発ハード系ベンチャーの株式会社BRAIN MAGICと資本業務提携を行い、ブレインマジックが開発したクリエイター向け最新型入力デバイス「O2」を共同で販売していくこととなりました。
 


■クリエイターの作業を革新する入力デバイス「O2」とは?

「O2」は、従来クリエイターがキーボードのショートカットキーやUIで行なっていた煩わしい操作を最適化し、作業を加速してくれる未来の左手デバイスです。

これまでイラストレーターや動画クリエイターがキーボードのショートカットキーやUIで行なっていた操作を、一つで実現し、よりスピーディーで、よりスマートな作業環境を提供します。

また、高い柔軟性により従来イラストレーターや動画クリエイターが使用していたソフトウェアにほぼ対応。「O2」を提供することで、「キーボード」のいらない世界がより近くなります。
 



「Creating Re-Creation」

創造性の再構築をミッションに掲げ、2年にも及ぶ試作とフィールドテストを重ね、7世代20種以上のプロトタイプの制作を行いました。

更に最高のクリエイター向け製品として完成度を高めるべく、今回クラウドファンディング「Makuake」を通じ、10月25日より、数百人規模のテスト販売を行う計画となっております。


■デジタルハリウッドが学発ベンチャー「ブレインマジック」と資本提携する理由

ブレインマジックは、デジタルハリウッド大学院の学発ベンチャーで、「デジタルハリウッド株式会社」およびベンチャーファンドの「株式会社ABBALab」、「ウィルグループ」の3社を引受先とする第三者割当増資を受けた、注目のハード系ベンチャーとなります。

デジタルハリウッド株式会社は、国内でも稀有な株式会社立のデジタルハリウッド大学において、学発ベンチャー輩出で国内総合10位(私学2位)を誇り、事業家が集まり技術とビジネスを学びながらネットワークを作るデジタルハリウッド大学院の運営や、エンジニア起業家を短期間で多数輩出するG‘s ACADEMY TOKYO(ジーズアカデミートウキョウ)を運営する一方で、2015年にはインキュベート機関「D ROCKETS」を設立し、卒業生や修了生起業家の人的支援や資金面での支援を行って参りました。

大学院で構想したビジネスを、このたびの発売まで漕ぎ着けたブレインマジックは、その結実の一つでもあります。今後も様々な形で販売を支援してまいります。


■製品および販売概要

感動を与えるクリエイターに、 魔法のような体験を。

クリエイターの作業を革新するデバイス[Creative pod O2]

10月25日午前10時より、「Makuake」にてクラウドファンディングを開始します!

https://www.makuake.com/project/brainmagic_o2project/

【価格】

パック①: O2製品最速お渡しコース  27,800円コース(税込)円
         ※動画制作向け講座付き/イラストレーター向け講座付き/フォトグラファー向け講座付き/
      計3タイプをご用意
     【各タイプ先着50名様】
     ※デベロッパープログラム加入権、ステッカー付き

パック②:【先着25名様】O2製品フルパッケージセット  48,000円 (税込)円
     ※最速お渡しコース、デベロッパープログラム加入権、ステッカー付き

パック③:【先着20名様】O2製品 2台セット   49,800円コース(税込)円
     ※最速お渡しコース、デベロッパープログラム加入権、ステッカー付き

 
【販売サイトURL】

https://www.makuake.com/project/brainmagic_o2project/


■株式会社ブレインマジック 会社概要

BRAIN MAGICは「Creating Re-Creation」、創造性の再構築をミッションに掲げ、テクノロジーの力で世界のクリエイティブを加速させる事を目指すHard Tech Startupです。現在はファーストプロダクトとなる、クリエイターの作業環境を革新する最新型入力デバイスの開発を行っている他 、AIを活用したクリエイターの作業分析を行うソリューションも準備中です。

※株式会社BRAIN MAGICは、平成28年2月16日に創業したデジタルハリウッド大学院の学発ベンチャーです。

社名 :株式会社BRAIN MAGIC
所在地:東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフトビル12F
代表 :神成大樹
事業内容:クリエイター向けハードウェア、ソフトウェアの研究及び開発。


■デジタルハリウッドのインキュベート機関「D ROCKETS」(ディーロケッツ)について
 

http://www.dhw.co.jp/d_rockets/

デジタルハリウッドは、大学発ベンチャー創出数国内10位(私学では早稲田大学に続き2位/2017年経済産業省調べ)と、これまでに多くのスタートアップ企業を輩出してきました。
それに加え、2015年4月にデジタルハリウッドが新規開学をしたエンジニア養成学校『G's ACADEMY TOKYO』には、起業志望者が多く集まり、プログラミングスキルを習得した卒業生から続々とTech系スタートアップ企業が生まれるようになりました。
そのような卒業生の起業ニーズが高まりに応える形で、卒業生専用のインキュベート機関「D ROCKETS」を2016年6月、表参道に設立いたしました。
最大500万円までの出資のほか、シェアオフィス環境を活かして起業時のオフィスと登記場所を無償で提供する他、投資家の紹介、弁護士・弁理士・税理士をはじめとした様々な専門家の紹介、販売戦略の協力など、卒業生ベンチャー企業の初期の悩みを共に解決をしていきます。

デジタルハリウッドは、受講生の卒業後の選択肢の提案に「就職」「フリーランス」にさらに「起業」も加え、より個人個人がデジタルの力を使って自由なキャリアプランが描ける未来を創るべく、今後も卒業生の起業を支援してまいります。

 

 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デジタルハリウッド株式会社 >
  3. デジタルハリウッド大学大学院 クリエイターの作業を革新する最新型入力デバイス『O2』を開発する修了生ベンチャー「BRAIN MAGIC」と資本業務提携