スマホARを使った地域の活性化!“ARタウン”スタート! 

小学館とプレティア・テクノロジーズが、“まち”を対象としたARイベント企画を展開します!

株式会社小学館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相賀昌宏、以下、「小学館」)とプレティア・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:牛尾湧、以下「プレティア」)は業務提携の一環として、最先端のAR(Augmented Reality=拡張現実)技術を使った地域活性化の取り組み「ARタウン」を開始いたします。

その地域に合わせた情報やエンターテインメント、あるいはコミュニケーションツールを提供することで「まち」を盛り上げ、そこで暮らす、あるいは訪れる人々に役立ち、よろこんでいただけるような様々な企画を提供してまいります。


 ■AR技術で「街のメディア化」に挑戦
昨今、AR技術の発達により、現実世界に様々なデジタルコンテンツを重ねて表示し、スマートフォンによってそれらの「拡張された現実」を体験することが容易になってきています。

このAR技術を使えば、街そのものをメディアとして活性化させることができるのではないか? という仮説から、今回の「ARタウン」構想がスタートしました。

小学館は紙の本の出版に始まり、映像化、イベント、そしてWEBサイトまで、時代に合わせた様々な方法でメディアを展開してきました。ここに今、街そのものをメディア化するという新たな試みに取り組んでいきます。

プレティアは、手軽かつ低コストで「その場所」に紐付いたARを開発できる、ARクラウドプラットフォーム「Pretia」の研究開発を進めています。この技術が、今回の取り組みを実現させる鍵となります。

2020年12月に資本業務提携を締結した両社が、それぞれの強みを活かし、「街のメディア化」に挑戦する「ARタウン」プロジェクトを開始いたします。


■「ARタウン」で予定されているサービス
「ARタウン」は各地域に合わせ、その街の特徴に沿ったサービスを展開していく予定です。「街の歴史」「観光情報」「お店のナビゲーション」から「街のクイズ」や「ARゲーム」まで、街のあちこちにコンテンツを配置し、スマートフォンを通して体験していくことになります。キャラクターと一緒に写真が撮れたり、ユーザー同士でコミュニケーションがとれたりなど、可能性は無限大。お楽しみにしていてください。

AR技術を使った「街のメディア化」で、「その街ならではの魅力」を伝え、「その街のファン」を増やし、ひいては地域の活性化につながること。これが「ARタウン」プロジェクトが目指す未来です。

■パートナーを募集しています!
「ARタウン」プロジェクトを一緒に取り組む自治体、観光協会、企業を募集しています。AR技術を使った地域の活性化にご興味がおありの方は、ぜひご連絡ください!


■会社概要
商号       :株式会社小学館
所在地    :東京都千代田区一ツ橋2-3-1
事業内容:紙の本からデジタルコンテンツまで幅広く展開する総合出版社
URL       :https://www.shogakukan.co.jp/company

商号       :プレティア・テクノロジーズ株式会社
所在地    : 東京都品川区西品川1丁目1−1 住友不動産大崎ガーデンタワー9階 TUNNEL TOKYO
事業内容: インターネットサービスの企画・開発・運営事業
URL       :https://corporate.pretiaar.com/

「ARタウン」
公式ウェブサイト:https://ar-town.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小学館 >
  3. スマホARを使った地域の活性化!“ARタウン”スタート!