HAREがRakuten Fashion Week TOKYOで2022年春夏コレクションを発表

【視覚娯楽】をテーマにJAPONISMを表現

 「Play fashion!」をミッションに掲げる株式会社アダストリア(本部:東京都渋谷区渋谷2-21-1、代表取締役会長:福田三千男)が展開するHARE(ハレ)は、9月3日(金)にWEB上で2022年春夏コレクションを発表いたしました。
日本古来の文化や遊びに着目し、現代的な新たな視点で再解釈した今コレクションでは、漆芸家とのコラボレーションアイテムや花札をアートに落とし込んだグラフィックも披露。Rakuten Fashion Week TOKYOの中で動画とLOOK画像を発表し、公式WEBストア .st(ドットエスティ)でも公開中です。

 カルチャーやアートが融和した新感覚をシャープに表現するモードブランドであるHAREは、Rakuten Fashion Week TOKYOにて、2022年春夏コレクションを発表しました。
 2022年春夏のシーズンテーマは【視覚娯楽】。
日本古来の文化や遊びに着目し、現代的に新たな視点で再解釈し視覚的に表現していきます。漆芸家とのコラボレーションや花札をアートに落とし込んだグラフィックも披露しています。

 今回のコレクションアイテムは、12月より公式WEBストア .st(ドットエスティ)にて先行予約販売を予定しています。
〈特設コンテンツ〉 https://www.dot-st.com/m/cp/hare/2022_spring_summer


2022年春夏コレクションLOOK



■コラボレーションについて
漆芸家
高橋悠眞 Takahashi Yuma

1988年 東京都 生まれ
2015年 東北芸術工科大学 芸術学部美術科工芸コ―ス 卒業
2018年 金沢卯辰工芸工房 終了
現在   金沢市にて制作


■HAREについて
 日常を華やかに晴れやかに。精彩でクールなモノトーンをベースに、日常における衣を雅やかにアップデートする。カルチャーやアートが融和した新感覚をシャープに表現するモードブランド。20~30代の男女に向け、全国31店舗(2021年2月末時点、WEBストア含む)を展開。

 
■アダストリアについて
 株式会社アダストリア(代表取締役会長:福田三千男)は、「グローバルワーク」「ニコアンド」「ローリーズファーム」など、グループで30を超えるブランドを国内外で約1,400店舗展開するカジュアルファッション専門店チェーンです。「Play fashion!」をミッションに掲げ、ファッションを通じてお客さま一人ひとりの毎日に「もっと楽しい」選択肢をご提案しています。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アダストリア >
  3. HAREがRakuten Fashion Week TOKYOで2022年春夏コレクションを発表