【ホテルオークラ神戸】客室の窓の明かりで創る 『HOPE』『KOBE』 ライトアップ  ~ 神戸の街に希望の灯りを ~

2020年5月7日 (木)~5月9日 (土) 19:00~21:00

ホテルオークラ神戸(所在地:神戸市中央区波止場町、代表取締役社長総支配人:石垣 聡)では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、困難な状況が長期化している現在、“神戸の街に希望を届けたい”という想いから、 5月7日(木)~5月9日(土)の3日間、客室の明かりでタワー北側に『HOPE』、東側に『KOBE』の文字を縦に浮かび上がらせるライトアップを実施いたします。
ホテルオークラ神戸では、1995年1月17日の阪神淡路大震災の際、建物内外に被害を受け、一時休業を余儀なくされました。その後、営業再開を目前にした同年2月21日~28日の間、ホテルの窓に「ファイト」の文字をライトアップ。また2011年東日本大震災の際には地震発生から1カ月後、「ファイト」「日本」の文字を映し出し、勇気と希望を少しでも感じていただけるようライトアップを実施いたしました。

この度、コロナウイルス感染症拡大の影響により、外出や営業の自粛、学校の休校など、さまざまな環境の変化により、不安定な日々が長期化する中で、上を向いて前向きな気持ちになり、希望を少しでも感じていただければと願いを込めて、このライトアップを実施いたします。点灯の様子は、ホテル公式ホームページやSNSに投稿いたします。またホテルのトップライトでは、医療関係者の方々への感謝の気持ちを表す青色のライトアップを5月31日(日)まで実施しております。
 
一刻も早くこの事態が収束し、一日も早く平穏な日常を取り戻し、皆さまを笑顔でお迎えできるよう、スタッフ一同心より願っております。

□ホテルオークラ神戸 「HOPE」 「KOBE」 ライトアップ概要
日時/2020年5月7日 (木) ~ 5月9日 (土)  19:00 ~ 21:00
内容/ホテル北側壁面に「HOPE」、東側壁面に「KOBE」の文字を縦に。
点灯室数/北側 53室 東側 47室 計 100室 ※総室数 北側 122室 東側 103室
     ※ホテル総客室数 475室

 

  ※2011年に実施したライトアップ

【ホテルオークラ神戸について】
神戸のウォーターフロント、メリケンパークに立つランドマークホテル。北側の客室からは六甲の山並みと神戸の街並みを、南側からは神戸港や神戸空港、そして関西国際空港の景色を、東側からは大阪・和歌山へと続く光あふれる街並みを、西側からは神戸のシンボルである神戸ポートタワーとハーバーランドの眺めをお愉しみいただけます。

<お客様のお問合せ先>
ホテルオークラ神戸 TEL.078-333-0111 (代表)
HP:https://www.kobe.hotelokura.co.jp/        Facebook:https://www.facebook.com/HotelOkuraKobe
Twitter:https://twitter.com/HotelOkuraKobe  Instagram:https://www.instagram.com/hotelokurakobe/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オークラ ホテルズ & リゾーツ >
  3. 【ホテルオークラ神戸】客室の窓の明かりで創る 『HOPE』『KOBE』 ライトアップ  ~ 神戸の街に希望の灯りを ~