楽天、「楽天ブックス」、「楽天Kobo」、「Rakuten Music」、「Rakuten TV」を対象に「2020年 エンタメ年間ランキング」を発表

- コミック・電子書籍・音楽配信の各ジャンルで『鬼滅の刃』関連作品が大ヒット。動画配信ではアジア発の「BL」ドラマが最注目ジャンルに -

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)は、運営するオンライン書店「楽天ブックス」、電子書籍ストア「楽天Kobo電子書籍ストア」、定額制の音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」、動画配信サービス「Rakuten TV」を対象に集計した「2020年 エンタメ年間ランキング」を本日発表しました。

・「楽天ブックス」2020年 年間総合ランキング/年間小説・エッセイランキング

総合1位は大人気ゲーム『あつまれ どうぶつの森』!大ヒット『鬼滅の刃』も2冊がランクイン。小説・エッセイのトップ10にも『鬼滅の刃』小説版3作品やコロナ禍で注目を集めた小説『ペスト』、話題の『半沢直樹』も登場

・「楽天Kobo」2020年 年間総合ランキング
『鬼滅の刃』が電子書籍で1位に!2位以下も『キングダム』、『進撃の巨人』、『ONE PIECE』など人気の名作コミックが続々ランクイン

・「Rakuten Music」2020年 年間総合ランキング/サブスクで楽しめる!2020トレンドランキング
Official髭男dismが年間総合ランキングに4曲ランクイン!『鬼滅の刃』人気でアニメ版テーマ曲、LiSAの『紅蓮華』も大躍進。トレンドランキングではサブスク解禁の米津 玄師や嵐、今年ブレイクのNiziU、瑛人の『香水』も

・「Rakuten TV」2020年 年間総合ランキング
タイドラマ『2gether』を筆頭にアジア発のドラマが10作品中9作品を占拠。2020年の最注目ジャンルは「BL(ボーイズ・ラブ)」

各ランキングの詳細は以下の通りです。

______________________________________________

「楽天ブックス」2020年 年間総合ランキング/年間小説・エッセイランキング
- 総合1位は大人気ゲーム『あつまれ どうぶつの森』!大ヒット『鬼滅の刃』も2冊がランクイン。小説・エッセイのトップ10にも『鬼滅の刃』小説版3作品やコロナ禍で注目を集めた小説『ペスト』、話題の『半沢直樹』も登場 -

______________________________________________
■「楽天ブックス」2020年 年間総合ランキング

・集計期間: 2020年1月1日(水) ~ 2020年10月31日(土)

・集計方法: 「楽天ブックス」での販売数をもとに集計(予約販売を含む)
・「楽天ブックス」2020年 年間総合ランキングURL:https://books.rakuten.co.jp/event/best-ranking/

 「楽天ブックス」の年間総合ランキング1位にランクインしたのは、3月の発売直後より話題を集めたゲームソフト『あつまれ どうぶつの森』でした。コロナ禍で「おうち時間」が増えたことも後押しとなり、自宅で気軽に遊べるゲームソフトとして大ヒットとなりました。また、3位にランクインしたのは『鬼滅の刃』22巻で、最終話を収録した23巻も発売前ながら予約販売のみで5位にランクインするなど、人気の高さがうかがえます。同作品は、5月に原作の連載が終了したことや、10月には劇場版が公開されたことなど、年間を通じて話題となりました。なお、同作品が「楽天ブックス」の年間ランキングでトップ10にランクインしたのは、1巻が発売された2016年以来初めてです。

■「楽天ブックス」2020年 年間小説・エッセイランキング

・集計期間: 2020年1月1日(水) ~ 2020年10月31日(土)
・集計方法: 「楽天ブックス」の「小説・エッセイ関連部門」の販売数をもとに集計
・「楽天ブックス」2020年 年間小説・エッセイランキングURL:https://books.rakuten.co.jp/event/best-ranking/?junle_id=9

 年間小説・エッセイランキングの1位となったノンフィクション作品『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』は、著者であるブレイディ みかこ氏がイギリスでともに過ごす息子の中学校生活を描いた作品です。2019年の発売後、数々の賞を受賞し、売り上げを大きく伸ばしました。また、『鬼滅の刃』の小説版3作品がそれぞれ2位・3位・4位にランクインし、コミック版だけでなく年間小説・エッセイランキングでも強さを発揮しています。ほかにも、1947年に出版されたアルベール・カミュの小説『ペスト』が5位に、大人気ドラマの原作シリーズ最新作『半沢直樹 アルルカンと道化師』が6位にランクインしました。特に『ペスト』は、伝染病で封鎖された街を舞台にした内容がコロナ禍で注目を集め、「楽天ブックス」でも3月から4月にかけて売り上げが急増しました。


______________________________________________

「楽天Kobo」2020年 年間総合ランキング

- 『鬼滅の刃』が電子書籍で1位に!2位以下も『キングダム』、『進撃の巨人』、『ONE PIECE』など人気の名作コミックが続々ランクイン -

______________________________________________
■「楽天Kobo」2020年 年間総合ランキング

 

・集計期間: 2020年1月1日(水) ~ 2020年10月31日(土)
・集計方法: 「楽天Kobo電子書籍ストア」での販売数をもとにシリーズごとに集計(雑誌を除く)

 「楽天Kobo電子書籍ストア」で年間総合ランキング1位となったのは『鬼滅の刃』。電子書籍ならではの試し読み施策などもあり、電子書籍版でも同作品が年間トップを獲得し、爆発的なヒットとなりました。また、2位以下にも『キングダム』、3位に『進撃の巨人』、4位に『ONE PIECE』がランクインするなど人気の名作コミック作品が続きました。10位までをコミックが独占し、電子書籍におけるコミック需要の高さがうかがえます。


______________________________________________

「Rakuten Music」2020年 年間総合ランキング/サブスクで楽しめる!2020トレンドランキング
- Official髭男dismが年間総合トップ10に4曲ランクイン!『鬼滅の刃』人気でアニメ版テーマ曲、LiSAの『紅蓮華』も大躍進。トレンドランキングにはサブスク解禁の米津 玄師や嵐、今年ブレイクのNiziUや瑛人『香水』も -

______________________________________________
■「Rakuten Music」2020年 年間総合ランキング

 

・集計期間: 2020年1月1日(水) ~ 2020年10月31日(土)

・集計方法: 「Rakuten Music」での楽曲ごとの再生ユニークユーザー数を集計
・「Rakuten Music」2020年 年間総合ランキング:https://music.rakuten.co.jp/news/award/seasonal/2020/year/

 

 「Rakuten Music」年間総合ランキングで1位に輝いたのは、Official髭男dism『Pretender』。Official髭男dismはトップ10に4曲がランクインし、圧倒的な人気を示す結果となりました。同一アーティストの曲が10曲中4曲を占めるのは、2016年に「Rakuten Music」がサービスを開始して以来、初の快挙となります。また、社会現象にもなった『鬼滅の刃』TVアニメ版のオープニングテーマ、LiSAの『紅蓮華』は4位に。同じくLiSAが歌う『炎』が主題歌となっている劇場版の公開など『鬼滅の刃』熱を受け、引き続き楽曲再生数を伸ばしています。ほかにも、King Gnuの『白日』(日本テレビ系土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」主題歌)や、あいみょんの『裸の心』(TBS火曜ドラマ「私の家政婦ナギサさん」主題歌)などがランクイン。「おうち時間」に自宅でコンテンツを楽しむ機会が増えたことも影響しているのか、ドラマやアニメ、映画のタイアップ曲が順位を上げました。

■「Rakuten Music」サブスクで楽しめる!2020トレンドランキング

 

※1 「DAOKO×米津 玄師」名義では『打上花火』が2019年にランクイン済。米津 玄師個人は8月にサブスク (サブスクリプションサービス)での配信を解禁したため初登場
※2 2019年11月に「Rakuten Music」で配信開始。昨年の年間ランキングは10月末までの集計だったため対象外

・集計期間: 2020年1月1日(水) ~ 2020年10月31日(土)
・集計方法: 「Rakuten Music」での再生ユニークユーザー数をもとに、初めてランクインしたアーティストを抽出し、集計

 今年初めてランクインしたアーティストにフィーチャーした「サブスクで楽しめる!2020トレンドランキング」では、LiSAの『紅蓮華』が堂々の1位となりました。2位にはYOASOBIの『夜に駆ける』がランクイン。2019年12月に発表された同楽曲は、YouTubeでの公開を皮切りに多数のSNSで話題となり、発表から約1年経った今でも支持を集めています。また、人気アーティストがサブスク配信を続々解禁。米津 玄師の『感電』、『Lemon』や、嵐の配信限定シングル『Turning Up』もランク入りしました。そのほか、今年の顔ともいえるNiziUの『Make you happy』や、瑛人の『香水』もトップ10入り。特にNiziUは、日韓合同オーディションプロジェクト「Nizi Project」が注目を集めるなど、アジア発の新たなガールズグループとして人気となりました。
 

______________________________________________

「Rakuten TV」2020年 年間総合ランキング
- タイドラマ『2gether』を筆頭にアジア発のドラマが10作品中9作品を占拠。2020年の最注目ジャンルは「BL(ボーイズ・ラブ)」 -

______________________________________________
■「Rakuten TV」2020年 年間総合ランキング

・集計期間: 2020年1月1日(水) ~ 2020年10月31日(土)
・集計方法: 「Rakuten TV」での売り上げ金額をもとに集計

 「Rakuten TV」年間総合ランキングでは、10作品中9作品をアジア発のドラマが占める結果となり、タイ、中国、台湾、韓国など様々な地域のドラマがランキングを彩りました。中でも、タイの放送局で2月に放送が開始されて以来、世界中に熱狂的なファンを抱える「BL(ボーイズ・ラブ)」ドラマ『2gether』が1位を獲得。7月に独占先行配信を開始した直後から圧倒的な人気を集め、公開からわずか3カ月間での年間首位獲得となりました。『2gether』をはじめとする「BL」作品の人気は顕著で、2位の『TharnType/ターン×タイプ』や3位の『陳情令』、4位の『Until We Meet Again〜運命の赤い糸〜』などが続々ランクイン。10作品中6作品を占め、2020年の最注目ジャンルとなりました。
 
『2gether』 ©GMMTV COMPANY LIMITED, All rights reserved

 ※本お知らせに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

以 上

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天株式会社 >
  3. 楽天、「楽天ブックス」、「楽天Kobo」、「Rakuten Music」、「Rakuten TV」を対象に「2020年 エンタメ年間ランキング」を発表