楽天、「新型コロナウイルス唾液PCR検査キット」を東急株式会社に提供

- 東急病院の協力のもと、グループ従業員へのPCR検査提供を通じてクラスター発生を防止 -

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、医療機関と提携し、企業や、自治体、病院、介護施設、学校などの団体を対象に提供する唾液PCR検査「新型コロナウイルス唾液PCR検査キット」(以下「本PCR検査用キット」)を、東急株式会社(本社:東京都渋谷区、取締役社長:髙橋 和夫)に提供することとなりましたので、お知らせします(注)。
 本PCR検査用キットの検査では、キットの配送から自宅や職場での安全な検体採取、指定配送事業者を通じた検体輸送、検査結果の通知までに関わる運用を一気通貫に整備しており、医療機関の検査提供負担を低減するとともに、導入法人における社員の健康の一括管理を支援します(お申し込みサイトURL: https://health.incubation.rakuten.co.jp/ )。

 東急株式会社は、本PCR検査用キットを、職場における感染の早期検知、クラスター発生防止を目的とした検査として、同社が運営する東急病院の協力を得て導入します。これにより、対面業務の多い従業員に対して、自身の感染モニタリング、お客様への感染リスクの効果的な抑止が可能となります。万が一の感染の場合でも適切に対処することが可能です。また、自宅や職場等でも検体採取をすることができることから、検査の効率化を図れます。

 楽天は今後も、企業・団体の職場の衛生管理や労働環境維持を、医療機関の支援を得て支援してまいります。

注) 本PCR検査用キットの詳細は以下のプレスリリースをご覧ください。
   https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2020/1125_01.html


■「新型コロナウイルス唾液PCR検査キット」について
 本PCR検査用キットは、楽天と、現在新型コロナウイルスのPCR検査で広く使用されている試薬のひとつとなっている「SARS-CoV-2 Direct Detection RT-qPCR Kit」を製造しているタカラバイオ株式会社(本社:滋賀県草津市、代表取締役社長:仲尾功一、以下「タカラバイオ」)が、同試薬仕様に合わせて「新型コロナウイルス不活化のための溶液」(以下、「不活性化溶液」)および「唾液採取容器および付属品」を共同開発し、楽天が提供するPCR検査です。
 「不活化溶液」は、外部研究機関の協力のもと、新型コロナウイルス検体で感染力を失わせる働きをもつことの確認に成功しました。このことにより、輸送および検査開始時の2次感染の危険性を下げることができます。また、本PCR検査用キットを用いた迅速検査法(※)を開発し、100例以上の唾液臨床検体を用いた検証を行いました。具体的には、一般的な検査法とされているPCR法(感染研法)と、「不活化溶液」に入れた検体のダイレクトPCR法の検査性能を比較し、感度90%以上、特異度100%に到達することによって、新型コロナウイルス検査に十分な検出感度を有していることを確認しています。

※迅速検査法は、「不活化溶液」に入れた検体のダイレクトPCR法であり、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針 第2版」に沿った検査方法です。

■PCR検査試薬「SARS-CoV-2 Direct Detection RT-qPCR Kit」について
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を検出するためのリアルタイム RT-PCR キットで研究用試薬です。
【主な特性】
①RNA精製は不要。唾液からの検出も対応
②ウイルスの2領域同時検出でより高感度かつ特異的に検出
③鋳型持込量が多く高感度に検出
④前処理から検出まで1時間以内、迅速に判定可能

※記載されている会社名・製品名・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

以 上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天株式会社 >
  3. 楽天、「新型コロナウイルス唾液PCR検査キット」を東急株式会社に提供