雑誌『フローリスト』2023年2月号は、同誌初となる”NFTデジタル特典”つき!

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2023年1月7日(土)に、NFTデジタル特典つきの『フローリスト』2023年2月号を発売いたします。

お花屋さんやフラワーデザイナーをはじめ、フラワーレッスンに通う人など、花を愛する人たちのために、花にまつわる情報をお届けする雑誌『フローリスト』

同誌2023年2月号(2023年1月7日発売)では、新たな試みとしてNFT*デジタル特典をつけ、通常価格で販売します。

※画像はイメージです。※画像はイメージです。

特典の内容は人気フラワーデザイナー、ローラン・ボーニッシュ氏がブーケを束ねる様子を収めた40秒ほどのスペシャルムービー

2023年2月中旬に刊行予定の新刊書籍『ローラン・ボーニッシュの季節の花合わせ』のために制作された美しい花束も登場します。

ローラン氏のアトリエで撮影された映像を、NFTとして保有できるという貴重な機会となっています。

※画像はイメージです。※画像はイメージです。

誌面とともにぜひお楽しみください。

*NFT(Non Fungible Token)とはブロックチェーン上に記録された「非代替性トークン」のことで、代替することができない、唯一無二である証明書付きのデジタルデータです。本NFTデジタル特典の取得には(株)メディアドゥの運営するNFTマーケットプレイス「FanTop」への会員登録(無料)が必要になります。

【目次抜粋】
第1特集:お花屋さんのブランディング
第2特集:インスタ活用術
特別企画:ローラン・ボーニッシュの春の花合わせ
NFTデジタル特典:ローラン・ボーニッシュ ショートムービー

【プロフィール】
ローラン・ボーニッシュ
フランス・パリで100年近い歴史をもつ花店の4代目として生まれる。16歳よりフローリストの道を歩みはじめ、20歳で仏フローリスト国家資格BPを取得。パリの老舗花店で修行を積み、1998年EFP派遣講師として来日。独自の色彩感覚、感性、創造力により生み出されるフレンチスタイルのデザイン・花装飾で注目され、イベント企画、テレビ、雑誌などで活躍する。2014年フラワースクールとデザインアトリエ「Laurent.B Bouquetier(ローラン・ベー・ブーケティエ)」を設立。著書に『ローラン・ボーニッシュのフレンチスタイルの花贈り』『ローラン・ボーニッシュのブーケレッスン』(誠文堂新光社)がある。

【編集部プロフィール】
フローリスト編集部(ふろーりすとへんしゅうぶ)
1984年創刊。花にたずさわる人、花に関する仕事を目指す人、一般の花が好きな人に購読されている全国販売の雑誌。

【雑誌概要】
雑誌名:フローリスト 2023年2月号
仕 様:AB判、128ページ
定 価:1,100円(税込)
発売日:2023年1月7日(土)
雑誌コード:17737-02

【雑誌のご購入はこちら】
誠文堂新光社 雑誌紹介ページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/magazine/flower/76609/

【雑誌に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社誠文堂新光社 >
  3. 雑誌『フローリスト』2023年2月号は、同誌初となる”NFTデジタル特典”つき!