人気モデル・女優の菊池亜希子さんが桑名市「魅力みつけびと」に就任!「古くて新しいまち」桑名の魅力を紹介する記事も公開!

2022年7月28日、三重県桑名市の伊藤徳宇市長は、市のアンバサダー「魅力みつけびと」にモデルや女優として活躍する菊池亜希子さんが就任することを発表した。 「魅力みつけびと」は市の地域資源の魅力をテーマごとに発信する役割を担う。

桑名市は三重県北部、愛知県と岐阜県に接しており、木曽三川(揖斐川、長良川、木曽川)の河口に位置する。揖斐川の上流には菊池さんの出身地である岐阜県大野町があり、学生時代に桑名市に遊びに来る機会もあったという。

今回の就任にあたり、伊藤市長は「幅広い分野で活躍される菊池さんに、桑名の古くて新しい魅力を一年間発信していただければ大変嬉しいです。 」と期待を寄せ、菊池さんは「出身地と同じ川で繋がる桑名市にご縁を感じました。懐かしい日常生活の匂いがする場所や、地元の方に愛される場所に魅力を感じます。旅から戻ってきても匂いを思い出す様な素敵な場所をたくさんみつけて伝えられたらと思っています。」と意気込みを語った。

菊池さんはすでに桑名市の「レトロスポット」を再発見したいと同市を訪れており、その模様が旅行情報サイト「ことりっぷ」に本日掲載された。

<三重県桑名市の魅力を再発見!菊池亜希子さんと巡る桑名市レトロスポット>
https://co-trip.jp/article/579107/

菊池さんの出身地である岐阜県大野町と三重県桑名市をつなぐ揖斐川にて

また、菊池さんが訪れた桑名市のスポットを本人のイラストで紹介するガイドマップ「菊池亜希子のおさんぽ桑名」も現在制作中。8月中旬頃より桑名市で配布が始まる予定だ。

伊藤市長は「菊池亜希子のおさんぽ桑名」について、「菊池さんの斬新な視点で素敵なイラストが描かれていて大変嬉しい。市外のみならず市内にも魅力を伝えるツールになるのではないかと思う。多くの人たちに見てもらえるよう市としても頑張りたい。」と語った。

菊池さんは、「今回桑名を訪れて見て、穏やかな優しい時間がゆったり流れる居心地が良いまちだと感じました。1カ所ずつ時間をかけながら、のんびり旅してみたいと思えるようにイラストを描きました。是非たくさんの人に桑名を訪れてもらい、桑名の魅力を感じてもらいたいです。」と語った。


「本物力こそ、桑名力」をキャッチフレーズとして掲げる三重県桑名市。三重県桑名市東京PR事務局を運営する
㈱ポニーキャニオンは、「魅力みつけびと」やメディアを通し、桑名市のさまざまな魅力や旬の情報を発信しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ポニーキャニオン >
  3. 人気モデル・女優の菊池亜希子さんが桑名市「魅力みつけびと」に就任!「古くて新しいまち」桑名の魅力を紹介する記事も公開!