大好評で早くも第2弾! あの「世界ふしぎ発見!」が学研の学習マンガに!

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原 博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、『マンガ世界ふしぎ発見! 奪われたノーベル賞』(定価:本体1,200円+税)を発売しました。

 

▲マンガはオールカラー!▲マンガはオールカラー!

★国民的クイズ番組が「学習マンガ」に! 読めばカシコクなる!
『世界ふしぎ発見!』は、TBS系で毎週土曜日(夜9時~)に放送されている大人気クイズ番組です。
世界中の「ふしぎ(謎や秘密)」をテーマに、楽しいクイズとトークが展開されるこの番組は、実は子どもの“学習”にもピッタリでした! 冒険心や好奇心をくすぐられる展開で、ドンドン新しい知識が身についていくのです。
そんな番組の特性に注目して、子どもの“学習”にピッタリの「学習マンガ」を発刊しました。

▲カズオ・イシグロの受賞で話題の「ノーベル賞」がテーマ!▲カズオ・イシグロの受賞で話題の「ノーベル賞」がテーマ!

★マンガの舞台は未来の「ふしぎ発見」!
マンガのストーリーは、完全オリジナルです。
舞台は2086年の未来世界。放送開始から100周年を迎えた『世界ふしぎ発見!』は、今と変わらず大人気で放送中という設定です。ただ、未来の『ふしぎ発見』には、もう一つ重要な役割がありました。
それは、開発されたタイムリープ(時間跳躍)の技術を駆使して人類に貢献するプロフェッショナルチーム、その名も『ミステリーハンター』をスカウトすること…。

▲今から70年後の番組。なんと草野仁さんが?▲今から70年後の番組。なんと草野仁さんが?

★ノーベル、マザー・テレサ、…歴史上の偉人が登場!
番組でパーフェクトを達成し、小学生にして「ミステリーハンター候補生」となった主人公・「磨琴(まこと)ミライ」と「大樹(だいき)ショージ」は、最終試験として19世紀のヨーロッパへと向かいます。
2人に課されたミッションは、世界で最高権威の賞「ノーベル賞」の生みの親、アルフレッド・ノーベルを警護することでした。ところが、そこに待っていたのは…?

▲タイムリープで歴史上の偉人に会いに行く!▲タイムリープで歴史上の偉人に会いに行く!

★圧倒的面白さ! ミステリーハンター超時空バトル!
襲いかかる敵、閉ざされたノーベルの心…。候補生のミライとショージにさまざまなピンチが迫ります。ノーベル賞を守るため、ミライとショージは闘うことを決意しました。はたして、そのバトルの行方は…。
従来の学習マンガのレベルを超えた「圧倒的な」面白さ。
『世界ふしぎ発見!』とのコラボだからこそできるドキドキハラハラの展開に、ページをめくる手が止まらなくなります♪

▲ノーベル賞を守るため! 感動のラストへ▲ノーベル賞を守るため! 感動のラストへ

[商品概要]
◆『マンガ世界ふしぎ発見! 奪われたノーベル賞』
定価:本体1,200円+税
判型:B5変型判
電子版:なし
ISBN:978-4-05-204732-9
発行所:株式会社 学研プラス
【本書のご購入はコチラ】
■学研出版サイト https://hon.gakken.jp/book/1020473200
■Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/405204732X/
■楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15185666/
■セブンネット http://7net.omni7.jp/detail/1106819815

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. 大好評で早くも第2弾! あの「世界ふしぎ発見!」が学研の学習マンガに!