日本人ビジネスパーソンが共通してぶち当たった英語&コミュニケーションの悩みを解決―『英語で仕事をすることになったら読む本』、1月25日発売

慣れない英語環境でスムーズに仕事を始めるための必携書

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:天野 智之、以下アルク)より、新刊『英語で仕事をすることになったら読む本』のご案内を申し上げます。

グローバルビジネス初心者必携。実際に英語で仕事をする先輩達が抱いたリアルな英語の疑問・悩みを先取りし、解消させて、スムーズなスタートを―
 
  • はじめての現場で仕事を進め、スムーズな人間関係を築くために、本当に必要な英語とは何か?を追求
新しい環境、さらに英語で、なんとか結果を出さなければならない」という状況で、本当に必要になる英語や知識は何なのか。リアルな需要に応えられるよう、実際に一からの英語ビジネスを経験したビジネスパーソンに「どんなフレーズを多用したか?また、どんな失敗や悩みがあったか?」についてアンケートを実施しました。複数人に調査することで、個人の経験によらない「日本人がつまずきがちな点」の傾向が25問のQuestionに反映されています。例えば、仕事を始めたばかりの頃は「自分の理解が正しいか確認する」「同僚に頻繁に質問をする」ためのフレーズを多用したという回答は皆さんに共通しますし、「簡単な挨拶にどの程度返事すればいいのか」「会話に割って入れない」は多くの方が抱いた疑問・悩みです。
 
  • ビジネス英語の識者マヤ・バーダマンさんがQuestionに回答。英語ビジネスで大切にすべき根幹が理解できる
『英語のお手本』著者のマヤ・バーダマンさんが、単なるフレーズの紹介にとどまらず、「なぜその英語を使うのか」「英語圏のビジネス文化に適するマナーやマインドセット」についても解説しながら、Questionに回答しています。フレーズを丸暗記するだけでなく、丁寧な英語の作り方や、英語と共に実践すべきマナー・態度などを多角的に理解することではじめて、現場でフレーズを応用しながら、その場にふさわしい振る舞いができるようになります。

25問のQuestionの中に、ご自身に重なる疑問・悩みを解決させる糸口が見つかるはずです。また、意識していなかったトピックを扱うQuestionでも、必ずご自身の英語ビジネスに役立つヒントが得られるでしょう。

ビジネス現場で実際に話されているような、ナチュラルなスピードの英語音声付き。シャドーイングやリスニングにぜひご活用ください。

<商品情報>
【タイトル】英語で仕事をすることになったら読む本
【URL】https://amzn.to/3qccyF5
【価格】1,650円(税込)
【サイズ】B6、184ページ
【付属商品】ダウンロード提供あり
【ISBNコード】9784757436688
【著者】マヤ・バーダマン
【著者プロフィール】
仙台市生まれ。上智大学比較文化学部卒業。ハワイ大学へ留学し、帰国後は秘書業を経て、ゴールドマン・サックスに勤務。医学英語に携わったのち、別の外資系企業に勤務。

≪電子書籍版も Amazon kindle、楽天kobo、Google Play Booksなど主要電子書店で同日発売≫
[amazon] https://www.amazon.co.jp/dp/B08T8TGDTN


[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、半世紀にわたって、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。2021年に創刊50周年を迎える英語学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/ 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルク >
  3. 日本人ビジネスパーソンが共通してぶち当たった英語&コミュニケーションの悩みを解決―『英語で仕事をすることになったら読む本』、1月25日発売